新規事業所(GMP工場 加須パッケージングセンター)を設立

医薬品の製造から納品まで迅速・的確なサービス提供のため中央運輸と協力

武州製薬

2021/4/19 16:15

2021年4月19日

                       

 

武州製薬株式会社(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長兼CEO岡田哲一 以下、武州製薬)は、中央運輸株式会社(以下、中央運輸)の加須医薬品共同物流センター内に医薬品の検査・表示・包装および保管業務を実施するエリア「武州製薬 加須パッケージングセンター(仮称)」を設置したことをお知らせします。

 

今般、武州製薬は中央運輸と2021年1月に同物流センターに保管エリアと冷蔵室を設置する契約を締結すると共に、埼玉県よりGMP区分許可(保管)を取得しました。

今後、治験薬包装・商用品包装の業務拡大のため、同センターに包装室を立上げ、検査・表示・包装業務を行います。当該センターの稼働は、2021年夏頃を予定しています。

 

中央運輸は、医薬品卸大手の株式会社スズケンの100%子会社で医薬品、医療機械及び機器等の輸送を主な業務としており、医薬品等の流通及び保管等について豊富なノウハウ、経験及び高い輸送技術を有していることから、中央運輸の物流センター内に武州製薬の検査・表示・包装エリアを設置し、武州製薬の技術力と中央運輸のノウハウ、経験を融合し、これまで以上に委託元である医薬品メーカーに対し、製造から納品まで迅速かつ的確なサービスの提供を致します。

 

所在地:              埼玉県加須市北辻37-3

能力等:              冷蔵倉庫(2~8℃) 634パレット

                          室温倉庫(1~30℃) 648パレット

                          室温包装エリア(グリーンゾーン)約1,500㎡

                          冷蔵包装エリア(グリーンゾーン)約334㎡ 

以 上

 

 

お問い合わせ先:

担当:マーケティング本部 

電話:049-273-6386

住所:埼玉県川越市竹野1番地

Website: https://www.bushu-pharma.com/contact-us/

 

 

武州製薬株式会社について:

武州製薬は、20年以上にわたって培ったCDMOの経験と知見を活かし、固形製剤・固形剤一次包装・注射剤製造・注射剤包装を国内向け医薬品製造だけでなくグローバル向けの医薬品製造をしております。治験薬から商用品の開発サポートから商用化までの製造対応が可能で、多くの製造設備と技術を保有しております。

プロジェクト開始から承認まで、日本における 技術移転、生産、包装、ロジスティックといった最適なソリューションを提供できる国内大手の受託製造専門会社です。

詳細はホームページをご参照ください。https://www.bushu-pharma.com/

 

 



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中