産業能率大学スポーツマネジメント研究所調査「2020東京五輪 注目の競技」

産業能率大学

2021/4/26 18:30

2021年4月26日

産業能率大学

 産業能率大学スポーツマネジメント研究所(所長:中川直樹 情報マネジメント学部教授)は、2020東京五輪の注目の競技等についての調査を2021年2月12日(金)~15日(月)に実施しました。

対象は、1月28日(木)から2月2日(火)にインターネット調査会社を通じて実施した「コロナ禍における東京五輪開催に関する意識を尋ねる調査」結果を受けて、「今夏の2020東京五輪開催肯定者」に追加で調査を実施し1000名から回答を得たものです。

 調査から、今回の東京五輪で注目されている競技について、コロナの影響で開催が危ぶまれる状況下ではあるものの、特定の競技への興味・関心、男女別・年代別の傾向が明らかになりました。

 

【調査結果】

Q:あなたが一番注目している競技をお答えください 

1位 野球・ソフトボール、2位 陸上競技、3位 サッカー、4位 水泳  

◎ 30代では「サッカー」、60代では「陸上競技」「水泳」、他の年代では「野球・ソフトボール」が1位である。

◎ 男性の1位は、30代のみが「サッカー」、それ以外は「野球・ソフトボール」となった。

◎ 女性では年代により1位も変動し、20代・40代では「水泳」、30代・50代では「野球・ソフトボール」、60代では「体操」となる。

 

総合

1位 野球・ソフトボール  17.3%

2位 陸上競技       11.1%

3位 サッカー         9.4%

4位 水泳           9.3%

5位 バドミントン       6.2%

 

年代別1位

20代  野球・ソフトボール  17.9%

30代 サッカー        19.0%

40代 野球・ソフトボール   19.1%

50代 野球・ソフトボール    21.1%

60代 陸上競技、水泳      12.6%

 

男性

1位 野球・ソフトボール  22.9%

2位 サッカー       13.3%

3位 陸上競技          10.6%

4位 柔道            7.2%

5位 水泳            7.0%

 

女性

1位 水泳         12.1%

2位 陸上競技       11.7%

3位 体操            10.6%

4位 野球・ソフトボール   10.3%

5位 バドミントン        9.0%

 

男性 年代別1位

20代 野球・ソフトボール   25.8%

30代 サッカー        25.7%

40代 野球・ソフトボール   26.9%

50代 野球・ソフトボール    24.5%

60代 野球・ソフトボール      18.5%

 

女性 年代別1位

20代 水泳          13.0%

30代 野球・ソフトボール   14.3%

40代 水泳             17.0%

50代 野球・ソフトボール    16.8%

60代 体操             19.4%

 

【調査概要】

調査時期:2021年2月12日(金)~15日(月)の4日間

調査方法:インターネットリサーチ

調査対象:1月28日(木)から2月2日(火)にインターネット調査会社を通じて実施した「コロナ禍における 東京五輪開催に関する意識を尋ねる調査」結果のうち、以下4種類の質問と回答に該当した方

 

問題は山積みだが、実際に開催されたら、競技中継を注目して視聴すると思う→ 「Yes」

努力を続けるアスリートのことを考えると、なんとか今年に開催してあげたい → 「Yes」 

東京五輪が再延期されることもなく完全に中止になったら、喪失感が大きい → 「Yes」 

全世界でコロナが終息するまで、冬季も含めて五輪の開催は見合わせるべきだ → 「No」

 

※サンプル割付は、総務省統計局の都道府県別・性別・年代別の最新推計構成比に基づく。(2020年4月14日公開、2019年10月1日現在人口推計)

 

【産業能率大学】

■ホームページ: https://www.sanno.ac.jp/

 

【産業能率大学スポーツマネジメント研究所】

■ホームページ: https://www.sanno.ac.jp/undergraduate/sportsmanagementlab/index.html

 

■プレスリリースはこちら: https://www.sanno.ac.jp/news/pressrelease/press20210426_01.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース