日通、「プロテクトBOXビジネス」リニューアル販売開始

日通

2021/5/21 13:15

2021年5月21日

日本通運株式会社

日通、「プロテクトBOXビジネス」リニューアル販売開始

~陸も海も空も使える!マルチモードユニットサービス~

 日本通運株式会社(社長:齋藤充)は、当社の企業向け小口貨物輸送商品「プロテクトBOX」を陸・海・空の輸送モードに対応し、ビジネスで手軽に使いやすいサイズのマルチモードユニットサービス、「プロテクトBOXビジネス(商標登録申請中)」としてリニューアルし、販売を開始いたしました。

 「プロテクトBOX」は、2020年4月に販売開始し、企業間の商業貨物を自動車で配送する当社小口積合わせ商品のアロー便扱いで主に使用され、貨物事故防止など輸送品質改善の観点から高い評価を頂いておりました。この度、航空・海運・鉄道などの自動車以外の輸送モードでも使用したいというお客様のニーズに対応するため、「陸・海・空」国内全ての輸送モードに対応可能なサービス、「プロテクトBOXビジネス」としてサービスをリニューアルし、更に多くのお客様がご利用いただけることになりました。

【「プロテクトBOXビジネス」の特長】

・「陸・海・空」国内全ての輸送モードで使用可能

・汎用的なパレットサイズでお客様が様々なビジネスシーンで使いやすいBOXサイズ

・余分な梱包・養生資材が不要でかつ、環境にやさしい輸送でお客様のESG経営に貢献  

・施錠することが可能なため、輸送中のセキュリティーを確保

・全方向を強固で軽量なハニカムコア材で覆うことで貨物の汚破損をしっかりガード

・トラック、コンテナにきっちり積めるサイズで積載効率が大幅にアップ

【プロテクトBOXビジネス」のサービス概要】

A.「プロテクトBOXビジネス レギュラー」 

  →当社積合せ輸送商品のアロー便を使用したサービス

   ・わかりやすい都道府県間パッケージ料金設定

   ・小口貨物輸送に最適             

B.「プロテクトBOXビジネス ハイスピード」

  →航空便を利用した、ハイスピードサービス

   ・全国主要都市間翌日配送

   ・当社各営業所止め、空港止めにも対応

C.「プロテクトBOXビジネス エコ」

  →鉄道・内航海上輸送を利用し、環境に配慮したサービス

   ・CO2削減可能

【ご利用が多い貨物】

 ・精密機械など輸送において特段の注意を必要とする貨物

 ・混載輸送しにくい貨物(上積み厳禁、特殊形状のもの 等)

 ・輸送時に梱包が必要な貨物(ストレッチフィルム巻き、木枠による梱包 等)

 ・輸送中の汚破損事故が起きやすい貨物(強度が弱い紙袋 等)

 ・外装箱が化粧箱となっている貨物(送り状が直接貼れないもの 等)

      

【今後の展開】

当社は、今後も物流の効率化と環境負荷の低減を進めるとともに、様々な輸送モードを組み合わせた新しい商品を開発し、企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指します。

関連リリース

2019年8月23日ニュースリリース:https://www.nittsu.co.jp/press/2019/20190823-1.html

2020年4月1日ニュースリリース :https://www.nittsu.co.jp/press/2020/20200401-1.html

2020年7月15日ニュースリリース:https://www.nittsu.co.jp/press/2020/20200715-1.html

※プロテクトBOXビジネスに関する当社ウェブサイト

(URL:https://www.nittsu.co.jp/truck/services/mixed-cargo/protectbox/)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

プロテクトBOX

プロテクトBOXビジネス イメージ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中