EY、ALM Intelligence社の人材マネジメントサービスに関するベンダー評価で業界リーダーに選出

EY Japan

2021/6/2 17:11

コロナ禍を乗り切るための企業の取り組みを支援するEYの包括的な人材マネジメントツールおよびサービスを評価

EYの「オフィス再開/働き方改革再考」フレームワークの導入が栄誉ある選出に寄与

 

EYは、ALM Intelligence社がこのほど発表した調査レポート「Pacesetter Research Report: Workforce Management Services 2021-2022」で人材マネジメントサービス分野の「業界リーダー」に選出されました。

 

同レポートでは、4つの市場セグメントのマーケットリーダー19社のサービスパフォーマンスをALM Intelligence社のアナリストが分析・評価し、4社を「ペースセッター」として認定しています。世界中の企業に人事・組織変革戦略の効果的な実践に向けたサポートを提供するEYのピープル・アドバイザリー・サービス(EY PAS)部門は、5つの主要評価軸(ビジネスモデル、バリュープロポジション、サービス提供力、クライアントインパクト、およびブランド優位性)すべてにおいて高いスコアを獲得し、「ペースセッター」に認定されました。

 

EY PASでは、「人事・組織変革」、「チェンジエクスペリエンスおよびラーニング」、「パーパス、カルチャー、およびリーダーシップ」、「HRトランスフォーメーション、システム、およびリワード」、「統合型ワークフォースモビリティ」などのコアサービスを提供しています。同レポートは、EYが従業員の健康、安全、およびグローバルモビリティ関連の課題対処に資するさまざまなケイパビリティを融合させてこれらのコアサービスを提供していることをEYの強みとして強調しています。

 

また、EYは、「人材マネジメント関連のさまざまな課題解決に必要な先端技術やインテリジェンス・オートメーションの適用において極めて高い能力を有する、『コンスタント・イノベーター』」として認定されました。同レポートは、EYプロフェッショナルが、雇用主と従業員双方のワークエクスペリエンスにとって重要な意味を持つ行動や期待の変化を特定するためにプライマリー調査とクライアントエクスペリエンスを活用している点についても高く評価しています。

 

EYグローバル ピープル・アドバイザリー・サービスのサブリーダー兼EY グローバル ワークフォース・アドバイザリー・リーダーであるLiz Fealyは次のように述べています。

「ALM Intelligence社にEYの人材マネジメントサービスを高く評価して頂き大変光栄です。変革の時代であるがゆえに、喜びもひとしおです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大は、ワークフォースや勤務場所の在り方に影響を及ぼしました。EY プロフェッショナルは、企業がこのような影響を乗り切ることができるよう全力でサポートしています。従業員の潜在能力を解き放ち、ワークフォース関連の変革を実現するためにはハイブリッドワーク戦略の策定をはじめ、柔軟性、テクノロジー、ラーニング、多様な働き方を享受できる環境を従業員に提供することが不可欠です。企業は今、断固とした姿勢でこれらに取り組むことが求められており、その重要性はかつてないほどに高まっています。ALM Intelligence社による今回の評価は、ワークフォース関連の直近の課題解決に不可欠なイノベーションとテクノロジーを融合したサービスを提供するEYプロフェッショナルの強みを示すものです」

 

上記に加え、同レポートは、3つのバリュードライバー(人を中心に据えたオペレーティングモデル、テクノロジーおよびイノベーション)を駆使して企業の人事関連の変革、ラーニングおよびコラボレーションをサポートするEY独自のプラットフォームを高く評価し、「EYは人材マネジメントサービスに欠かせないアセットとイネーブラー双方において豊富なポートフォリオを有している」と、述べています。EYでは、このようなポートフォリオを活用して、クライアントの要員計画のデジタル化や、ケイパビリティの定義付けおよびアセスメント、組織設計のための要員計画の迅速化、組織文化とリーダーシップの測定、ビジネスパフォーマンスのベンチマーキング、ワークフォース・セグメンテーションのためのデータ分析、変革プログラムの管理などをサポートしています。

 

EYアジアパシフィック ピープルアドバイザリーサービス日本地域代表の鵜澤 慎一郎は次のように述べています。

「EYは日本においても210名を超える人事プロフェッショナルを有し、人事戦略策定、オペレーション改革、システム導入、タレントマネジメント、チェンジマネジメント、グローバルモビリティサービスなど幅広い人事コンサルティングサービスを展開しております。日本市場における様々な組織・人材課題解決をグローバルやアジアパシフィック地域と連携しながら今後も積極的にクライアント様向けにご支援していく所存です」

 

ALM Intelligence社は、人材マネジメントサービスを、「企業戦略の実現に向け、人材の確保、育成、エンゲージメント、維持に必要なケイパビリティを向上できるようクライアントをサポートすることを目的としたプロフェッショナルサービス」と定義付けています。同社は、人材マネジメントサービスの分析・評価を法務、保険、テクノロジー、およびコンサルティングを対象とする4つのセグメントで実施しています。中でも、コンサルティング業界については、多様な経験と専門性など幅広く分析しています。

 

同社のレポートの詳細は、 こちらをご覧ください。

ALM Intelligence Pacesetter Research | ALM Intelligence

 

※本プレスリリースは、2021年5月6日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

 

英語版プレスリリース:

https://www.ey.com/en_lt/news/2021/05/ey-named-industry-leader-in-workforce-management-by-alm-intelligence

 

EY Japanのウェブサイトもぜひご覧ください。

EY、ALM Intelligence社の人材マネジメントサービスに関するベンダー評価で業界リーダーに選出 | EY Japan

 

〈EYについて〉

EY | Building a better working world

EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。

150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。

アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

 

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

本ニュースリリースは、EYのグローバルネットワークのメンバーファームであるEYGM Limitedが発行したものです。同社は、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。

 

〈EYのコンサルティングサービスについて〉 

EYのコンサルティングサービスは、人、テクノロジー、イノベーションの力でビジネスを変革し、より良い社会を構築していきます。私たちは、変革、すなわちトランスフォーメーションの領域で世界トップクラスのコンサルタントになることを目指しています。7万人を超えるEYのコンサルタントは、その多様性とスキルを生かして、人を中心に据え(humans@center)、迅速にテクノロジーを実用化し(technology@speed)、大規模にイノベーションを推進し(innovation@scale)、クライアントのトランスフォーメーションを支援します。これらの変革を推進することにより、人、クライアント、社会にとっての長期的価値を創造していきます。詳しくはey.com/ja_jp/consultingをご覧ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中