人類の夢を足元から支えるブリヂストンの新TVCM 「どこまでも行こう 月面タイヤ篇」の放映を開始

チームジャパンで、月の荒野へ挑む

ブリヂストン

2021/6/24 15:15

 

株式会社ブリヂストンは、新TVCM「どこまでも行こう 月面タイヤ篇」を6月24日より全国で順次放映します。また、放映開始に合わせて、当社のWEBサイト「CMライブラリ※1」および公式YouTubeチャンネル※2でも配信します。

 

新TVCMでは、人類の移動の歴史とともに歩んできたタイヤの進化を振り返り、その最先端技術として、ブリヂストンの「月面タイヤ研究」を紹介しています。映像では、タイヤのイノベーションが安心・安全な移動を支える姿を、そして、数多くの日本企業の技術を結集、共創しながら、人類の夢を背負って過酷な月面環境に挑戦する姿を表現しています。なお、本映像にはブリヂストンで実際に月面タイヤ研究に携わっているメンバーも出演しています。そして使用されている楽曲は、発表から50年以上に亘ってブリヂストンのCMソングとして親しまれている小林亜星さん作詞・作曲の「どこまでも行こう」です。

 

ブリヂストンは2019年4月に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と共に、「国際宇宙探査ミッション」に挑戦することを発表※3しました。このミッションは「人類の活動領域の拡大」と「知的財産の創出」を目的としたもので、ブリヂストンは、JAXAとトヨタを中心とした「チームジャパン」の一員として月面探査に向けた探査車「LUNAR CRUISER(ルナ・クルーザー)」用タイヤ※4の研究を推進しています。

ブリヂストンは「2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」をビジョンとして掲げ、中期事業計画(2021-2023)において、「接地を極める」などのコアコンピタンスの活きる領域において、あらゆるパートナーとの共創によるイノベーションを積極的に進めています。車体のうち唯一路面に接しているタイヤで、進化するモビリティを持続的に支えていくため、ブリヂストンの接地、タイヤに関する知見と様々なパートナーの知見を融合することでイノベーションを加速させ、社会価値・顧客価値を提供し続けるサステナブルなソリューションカンパニーへの進化へ挑戦していきます。

 

■新TVCM概要

タイトル

「どこまでも行こう 月面タイヤ篇」

放映開始日

2021年6月24日(木)

放送地域

全国

概要

時代やモビリティの変化とともに、技術イノベーションにより進化し続けるタイヤ。次は、空気もゴムも使えない、過酷な月面環境にチームジャパンの技術で挑みます。本TVCMでは、月面探査車用タイヤ研究を通じ、イノベーションにかけるブリヂストンの想いを表現しています。

 

■新TVCMストーリーボード

タイヤの歴史は

人類の

移動の歴史だ。

チームジャパンで挑む、

月面探査プロジェクト。

地球の常識が通用しない、

過酷な世界。

だが、安全は譲れない。

100%金属製。

空気のいらない常識破りのタイヤ。

ブリヂストンは、このタイヤで人類の夢を支える。

どこまでも行こう。

Solutions for your journey

 

※1 ブリヂストン企業サイト CMライブラリ https://www.bridgestone.co.jp/corporate/cm/

※2 ブリヂストン 公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/BridgestoneChannel

※3 JAXA、トヨタ自動車株式会社と共に国際宇宙探査ミッションへ挑戦 ~月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」のタイヤを研究~ https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2019041101.html

※4 月面探査ミッションを足元から支える月面探査車用タイヤ 

https://www.bridgestone.co.jp/technology_innovation/moon_tires/

こちらのタイヤは、Bridgestone Innovation Galleryにてプロトタイプを展示しております。是非ご来場ください。https://www.bridgestone.co.jp/corporate/innovation_gallery/

 

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中