2021年1四半期に日本の投資家の外国株式市場への関心が増加

ナスダック・インベストメント・インテリジェンスが公表

Nasdaq

2021/6/29 12:30

ナスダックは、イーベストメントの直近のデータに基づき、Nasdaq-100などの指数を中心とした外国株式市場への日本の投資家のエクスポージャーが拡大していることを公表しました。

 

ナスダックのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼インベストメント・インテリジェンス部門ヘッドのローレン・ディラード氏は、「我々のミッションは、確実なデータや洞察、テクノロジーのソリューションを投資家の皆様に提供していくことです。世界の機関投資家へ透明性や効率性をもたらすことで、我々はアセットマネージャー、投資家、コンサルタントにデータに基づく投資判断や更なる効率的なリソース配分、最終的なアセットオーナーに対する最良の結果を導いていくことを可能にさせます」とコメントしています。

 

ナスダック・グローバル・インデックス:前四半期に比べ、ナスダックのインデックスを用いた日本の23の投資信託やETFの預かり資産が10倍に拡大しました。世界でも名立たるテクノロジー企業も構成銘柄に含む代表的なインデックス、Nasdaq-100の預かり資産は、2021年第1四半期に2020年第4四半期比で+1.7%増加したのに対して、日本の投資家は+38%の増加になりました。

 

ナスダック・アセットオーナー・ソリューション:ナスダックのイーベストメントは、アセットマネージャー、投資コンサルタント、アセットオーナーが投資判断時に活用できるコンテンツや分析プラットフォームを提供しています。日本では、80社にわたる機関投資家が利用し、年金基金や保険会社などの運用を支援しています。現在このプラットフォームは、1,300にのぼる日本のファンド戦略の洞察を提供しています。

 

第1四半期には、日本の投資家が海外の国債へ70億ドル、海外のパッシブ運用の債券へ40億ドルと投資を増加させたように、外国株式のアセットクラスに対する選好が高まっています。一方、グローバルのマルチセクター債券から約140億ドル、米国社債から約60億ドルの投資資金が流出しました。

 

イーベストメント・プラットフォームでは、どの海外投資家が日本に対する投資を活性化させていて、どのアセットクラスに興味を持っているかなど、投資への実用的な洞察や、世界の各地域からの資金流入を捉えることができます。

 

イーベストメントのインサイト部門グローバル責任者ジョン・モレスフィーニ氏は、「日本の株式市場に対する中東やヨーロッパ諸国の投資家からの興味が高まっています。ナスダックとイーベストメントは、有用な洞察を提供できるだけの十分なデータを保有しており、世界の地域や顧客タイプを問わない最良の投資判断を可能にさせる投資フローや投資家の動向を掌握しています」とコメントしました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中