三井情報、テレワークを支援する「MEDACA」シリーズに認証ソリューションを追加

- 不正ログインによる「なりすまし被害」の防止を強化してゼロトラストの実現を支援 -

三井情報

2021/8/25 11:00

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:浅野 謙吾、以下 三井情報)は、コミュニケーションプラットフォーム「MEDACA(メダカ)」シリーズに不正ログイン防止を強化する「MEDACA認証ソリューション(以下 本ソリューション)」を追加し、2021年9月より提供を開始します。本ソリューションはOkta, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Todd McKinnon)のアイデンティティ管理サービス「Okta Identity Cloud」(*1)とDashlane, Inc.(本社:米国ニューヨーク州、CEO:JD Sherman)のパスワード管理サービス「Dashlane」を組み合わせて(*2)、クラウドやオンプレミス環境でアプリケーションを利用する際のユーザ認証を強化するもので、年間300万円/100ID(*3)から提供します。三井情報は本ソリューションを通じて、不正ログインによる機密情報の漏えいを防止することで、導入が加速しているテレワーク環境のセキュリティ面を支援します。

 

 働き方改革の推進やコロナ禍によりテレワークの導入が進み、官公庁、地方公共団体、企業ではクラウドサービスの利活用が加速しています。これに伴い、社外ネットワークから企業等が保有するデータへ直接アクセスする機会が急増し、従来の境界型防御では企業や組織が保有する重要データを適切に保護することが困難になり、全てを疑って検証し続ける「ゼロトラスト(*4)」の概念に基づいたセキュリティ対策の重要性が高まってきました。かかる状況を受け、三井情報ではテレワークに欠かせないゼロトラストを実現するために、本ソリューションをMEDACAシリーズに追加しました。本ソリューションはゼロトラストに対して個人を正しく判別する「アイデンティティ・セキュリティ」を提供し、クラウド、オンプレミス、SAML(*5)非対応のアプリケーション利用時のユーザ認証を強固にすることで、不正ログインによる機密情報等の漏洩防止が期待できます。

 

【本ソリューションのポイント】

・ 「Okta Identity Cloud」はSAMLに対応するクラウドへSSO(シングルサインオン)でログインします。MFA(多要素認証)により、なりすましを防止します。

・ 「Dashlane」はSAML非対応のクラウドや非自社管理サービスへのログインのためのパスワードを管理し、パスワードの使い回し防止や複雑なパスワードの自動生成、ダークウェブへの漏洩監視機能を提供します。

・ 「Okta Identity Cloud」と「Dashlane」を組み合わせることでログインを厳重に管理し、各種サイトへの不正ログインを防止します。

 

- 「Okta」と「Dashlane」を使ったログインの流れ -

 

 三井情報では「MEDACA」シリーズを通じて、ゼロトラストの実現によるセキュリティ強化で、加速するテレワーク導入を支援していきます。

 

 今回の本ソリューションのリリースに際し、Okta Japan株式会社およびDashlane, Inc.より以下のエンドースメントをいただいております。

 

「Oktaは日本におけるビジネスの成功の鍵のひとつとして、強固なパートナー・エコシステムの構築に取り組んでいます。幅広いクラウドソリューションの提供と手厚いサポート体制に実績を持つ三井情報様とのパートナーシップにより、Oktaの持つ強力かつ最新のアイデンティティ管理をより多くのお客様にご提供できることを大変嬉しく思います。」

Okta Japan 株式会社

代表取締役社長

渡邉 崇

 

「この度、日本市場でのDashlaneビジネス向けサービスの本格展開において、日本で最初の代理店として三井情報とパートナーシップを組めたことを大変嬉しく思います。日本の多くのビジネスパーソンに対し我々のシンプルで安全性の高いサービスを提供できることを大いに期待します。Dashlaneはグローバルで20,000社を超える企業、団体にすでにお使いいただいていますが、日本市場においてより多くの顧客のニーズを満たせるよう、引き続きビジネス向けサービスの拡充に努めていく所存です。」

Dashlane, Inc.

Chief Executive Officer

JD Sherman

 

(*1) Okta Identity Cloud提供開始時はシングルサインオン(SSO)とMFA(多要素認証)を提供し、順次他の機能も提供予定。

(*2) 「Okta Identity Cloud」「Dashlane」は個別での提供も可能です。

(*3) 両製品を同時に利用する場合の税抜参考価格です。価格はID数やご利用になる機能により異なります。

(*4) ネットワークの内外に関わらず何も信頼しないという考え方です。

(*5) 異なるインターネットドメイン間でユーザ認証を行うための規格です。(Security Assertion Markup Language)

 

【関連ページ】

MEDACA製品ページ: https://www.mki.co.jp/solution/medaca.html

 

【三井情報株式会社について】

三井情報株式会社(MKI)はキャッチコピー『ナレッジでつなぐ、未来をつくる』を掲げ、ICTを基軸とした事業戦略パートナーとしてお客様のIT戦略を共に創り、デジタルトランスフォーメーションを支援しています。半世紀にわたり培った技術や知見の結実である“KNOWLEDGE”を活かし、お客様と共に価値を創造する「価値創造企業」として絶え間ない挑戦を続けていきます。
ホームページ: https://www.mki.co.jp/

 

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。

※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】

三井情報株式会社

パートナー第二営業部第二営業室

TEL : 03-6376-1269 E-mail : medaca-sales-dg@mki.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

- 「Okta」と「Dashlane」を使ったログインの流れ -

MEDACAロゴ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 三井情報株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL https://www.mki.co.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中