JA三井リース、マレーシア現地法人が営業開始

~新設の地域統括会社傘下で東南アジア事業を拡大~

JA三井リース

2021/10/5 12:26

2021年10月5日

 

各位

JA三井リース株式会社

 

マレーシア現地法人が営業開始 ~新設の地域統括会社傘下で東南アジア事業を拡大~

 

JA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 執行役員:新分敬人、以下「JA三井リース」)は、新規設立したマレーシア現地法人JAML Malaysia Sdn. Bhd.の営業を開始いたしますので、下記にお知らせします。今後、同社は、JA三井リースがシンガポールに設立したアジア・パシフィック地域統括会社JA Mitsui Leasing Asia Pacific Holding Pte. Ltd. の傘下に加わり、同地域統括会社のマレーシア拠点として営業基盤拡充を図ってまいります。

マレーシア現地法人設立の目的

JA三井リースグループでは、海外ビジネス強化の一環として、2019年10月にマレーシアの首都クアラルンプールに駐在員事務所を開設し、市場調査を進めてまいりました。調査の結果、マレーシアは、当社グループがグローバルに展開するアセットファイナンスとの親和性が高い、戦略的な重要地域であるとの結論に至り、同国に現地法人を設立。事業ライセンス取得等、必要手続を完了し、今般、営業開始いたします。

マレーシアでは、当社グループが培ってきた金融ノウハウを活かしながら、自動車製造設備、物流、半導体、情報通信、建設機械、再生可能エネルギーといった幅広い分野に、サービスを提供してまいります。なお、駐在員事務所は閉鎖する予定です。



マレーシア現地法人の概要

 

商号

JAML Malaysia Sdn. Bhd.

 

代表者

米田 真也

 

本店所在地

Suite 1, Lot 11 05, Level11, Menera Hap Seng 2, Letter Box No.2, Plaza Hap Seng, No.1, Jalan P. Ramlee, 50250, Kuala Lumpur, Malaysia

 

主な事業内容

リース・ファイナンス業

 

資本金

4,064千リンギット

 

出資比率

JA三井リース100%(JA Mitsui Leasing Asia Pacific Holding Pte. Ltd. 100%へ変更予定)

 

 

アジア・パシフィック地域統括会社設立の目的

当社グループは、JAML Malaysia Sdn. Bhd.の設立によって、アジア・パシフィックの国・地域に複数拠点を構えることとなり、地域全体の効率的なグループ経営、および事業の機動的且つ横断的な戦略決定を行うため、シンガポールに地域統括会社を設立しました。

今後、JAML Malaysia Sdn. Bhd.とJA Mitsui Leasing Singapore Pte. Ltd.の2社をアジア・パシフィック地域統括会社の傘下に資本再編いたします。また、当該地域の新規出店についても継続的に取り組んでいく予定です。



アジア・パシフィック地域統括会社の概要

 

商号

JA Mitsui Leasing Asia Pacific Holding Pte. Ltd.

 

代表者

大野 友丈 (兼 Managing Director, JA Mitsui Leasing Singapore Pte. Ltd.)

 

本店所在地

1 Raffles Place, #18-02 One Raffles Place, Singapore 048616

 

主な事業内容

地域統括業務

 

資本金

189千米ドル

 

出資比率

JA三井リース100%

以 上

 

【本件に関するお問い合わせ先】

経営管理部 広報IR室  電話:03-6775-3002

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中