ALE SIP Deviceが顧客体験を向上させる新しいHaloデスクフォン3機種をリリース

ALE SIP Device

2021/10/29 17:06

AsiaNet 92657(2648)

 

【上海2021年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】

*コスト効率に優れたモデルは大型ディスプレーを装備し、向上したエネルギー効率によってロバスト性能を提供する

 

世界のデスクフォン市場におけるオーディオおよびビデオテクノロジー専門企業で、ALE SIP Device(http://www.aledevice.com/ )の商標名で事業展開するALE China Co., Ltd(ALE SIP Devices)は、Alcatel-Lucent Enterpriseによる新しいOpen SIPベースのデスクフォン3機種を発売した。

H3P(https://www.aledevice.com/site/halo_myriad_details/868

H3G(https://www.aledevice.com/site/halo_myriad_details/869

H6(https://www.aledevice.com/site/halo_myriad_details/871

 

これらの新モデルは2021年11月から世界中で購入可能になり、現在のHaloシリーズをレガシーのH2およびH2Pデスクフォンを含め5つのモデルに拡大する。新製品は、顧客にロバスト性能を提供するコスト効率に優れたオプションとなる。新製品は、大型ディスプレー、低電力消費、数秒以内の起動能力によって、傑出している。

 

機能およびメリットは以下の通り。

 

▽基本的なテレフォニーをロバスト性能によって対処する3つの新しいオプション

*広帯域オーディオ、OPUSコーデック

*全二重ハンズフリー

*6ウェイ・カンフェレンス

*1000の通話ログ、コンタクト、履歴

*最大4つのSIPアカウント

 

▽ユーザー体験を向上させる2.8インチのディスプレー

*H3P、H3G:ブラックとホワイトのバックライト付きスクリーン

*H6:解像度320x240のカラースクリーン

 

▽ロバスト性能をもたらす厳選されたコンポーネントおよび強力なCPU

*数秒以内の起動

*過酷な環境でも十分に機能

 

▽より多くのプログラム可能なラインキーおよびファストダイアルキー

*効率性および利便性を提供

 

▽最大クラスワンのPOE

*より低い

メインテナンスおよび運用コスト

*エコフレンドリー

 

▽さまざまな目的に応じたポート

*より高速な接続のために2ギガビットのポートがH3GおよびH6で利用可能

*H6は、ヘッドセットおよび、レコーディングデバイスやWi-Fiドングルなどの他のデバイス向けの追加のUSBポートを装備

 

▽容易な展開

*メインSIPプラットフォーム、ALEのeasy deployment server(EDS)、easy device management tools(EPS/EDM)との相互運用

*モデル形式を自動認識できる3モデル向けの同一ソフトウエア

 

これらのデスクフォンは向上したユーザー体験を提供し、コールセンターやホテルのゲストルームでオフィススタッフの間のビジネスコミュニケーションの効率性および生産性を向上させることができる。

 

▽ALE SIP Deviceについて

ALE SIP Deviceは、世界のデスクフォン市場におけるオーディオテクノロジーの専門企業であるALE China Co., Ltdによって設計、製造されており、ALE SIP Deviceの商標名で事業展開している。ALE SIP Deviceは革新的な技術に重点を置き、コスト効率に優れ、セキュアかつ柔軟な方法で容易にツールをプロビジョニングできるさまざまなソリューションに統合可能な幅広いSIPベース製品を開発している。

 

ALE SIP Deviceは、最高のオーディオ、信頼できるハードウエアおよびソフトウエアを市場で販売する前に広範なテストをすることによって、よりシンプルなビジネスコネクションがどこでも可能な製品を世界のビジネスパートナーとエンドユーザーに提供できる。

 

革新的な開発からグリーン製造まで、ALE SIP Deviceは、あらゆるコンポーネントと、それぞれの製造手順を厳格に管理し、製品が世界標準を満たすことを確保している。

 

詳細はウェブサイトwww.aledevice.com を参照。

 

ソース:ALE SIP Device

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中