S2CがVU19P FPGAベースのLogic Matrix LX2を販売開始 – 高性能かつ高密度プロトタイピングの新たな標準

S2C

2021/10/29 17:18

AsiaNet 92684

 

S2CVU19P FPGAベースのLogic Matrix LX2を販売開始
高性能かつ高密度プロトタイピングの新たな標準

 

【東京2021年10月28日PR Newswire】

 

ハイライト

・ 8個のVU19P FPGAにより、1システムあたり392M ASICゲートを、さらにサーバーラックにフル実装することで30億ASICゲートを超える規模を実現

 

・ MCIOを使用した強化されたTransLinkにより、最大28Gbpsの広帯域のGTY接続を実現し、スケーラブルなFPGAインターリンクと柔軟なトポロジを実現

 

・ HSTPM(High-Speed Transceiver Pin Multiplexing)IPのサポートにより、GTYトランシーバ上でのピン多重化が容易になり、FPGAインターリンクを最大限に活用可能

 

・ リダンダントな電源供給と最適化された冷却装置によりエンタープライズクラスの高信頼性を実現



FPGAベースのプロトタイピング・ソリューションの世界的リーダーであるS2Cは、本日、大容量と高性能の両方が求められるエンタープライズ・プロトタイピングのニーズを満たすよう設計された、Logic Matrix LX2のリリースを発表しました。

 

LX2は、Xilinxの最大かつ最速のUltraScale+ FPGAであるVirtex UltraScale+ VU19Pをベースに開発されており、数十億ASICゲートもの大規模設計におけるハードウェアおよびソフトウェア・コンポーネントの検証に最適です。LX2は、1つの筐体に最大8個のFPGAを搭載しており、スタンドアロンで使用することも、標準的なサーバーラックに最大8台のLX2を配置して合計64個のFPGAを搭載することもできます。さらに、LX2を複数のラックに接続することで、複雑なSoCやソフトウェア開発で求められるスピードの優位性を保ちながら、従来のプロトタイピング・システムの容量を超えるプラットフォームを構築することができます。

 

Logic Matrixは、高性能なプロトタイピングに対応するために、柔軟な接続アーキテクチャを構成する3つの階層要素を提供しています。それは隣接するFPGA間の相互接続モジュールを備えたShortBridge、広帯域ケーブルでFPGAを接続するSysLink、そしてMCIOケーブルでFPGAのSerDes間を長距離接続するTransLinkの3つです。LX2はTransLinkをさらに進化させ、より広帯域で高速なSerDes接続を実現しています。LX2に搭載されたVU19Pの各FPGAでは、20個のMCIOコネクター上に80個のGTY SerDesが用意されており、スケーラブルなインターリンクに対応しています。それだけでなく、MCIOコネクタは最大28GbpsのGTYに対応しており、レイテンシを引き下げることでシステムのパフォーマンスを向上させます。さらに、FPGA間のリンクを簡素化し、TransLinkの最大の価値を引き出すために、S2Cのパーティショニング・ツールであるPlayer Pro CompileTimeにおいて、Xilinxが新たに導入したHSTPM(High-Speed Transceiver Pin Multiplexing)IPのサポートをしています。FPGA間のサイクル精度の信号転送、ピン多重化、低レイテンシのSerDes接続が簡単に実現できるようになりました。

 

「Xilinxは、エミュレーションおよびプロトタイピング市場のニーズに応えるために、シリコンだけでなく、ツールやIPの革新を続けています」と、Xilinxのテスト・計測・エミュレーションマーケット担当シニアディレクターを務める、Chris Stinson氏は述べています。「Xilinx UltraScale+ VU19Pが、S2Cの最新Logic Matrix LX2に採用されたことを嬉しく思います。LX2の8個のVU19Pを搭載する高密度アーキテクチャとSerDesリッチな実装は、HSTPM IPと共に実装することで、LX2を高性能で拡張性の高いプロトタイピング・プラットフォームにしています。」

 

LX2では、高い信頼性と堅牢な動作を確保するために、リアルタイムのシステムモニタ、効率の良い冷却、ホットプラグ対応のリダンダント電源など、エンタープライズクラスの要件が考慮されています。Logic Matrixには、S2CのPlayer Pro RunTimeソフトウェアも付属しています。このソフトウェアは、高度なクロック管理、統合型セルフテスト、自動ボード検出、I/O電圧プログラミング、複数FPGAダウンロード、リモートシステム監視・管理といった便利な機能を提供する統合ツールです。また、AXEVisionも含まれています。AXI-over-Ethernetのデバッグ・ツールが内蔵されており、AXIを含むデザインのリモートでのデバッグを簡素化します。そしてS2CのMDM ProとPlayer Pro DebugTimeは、最大8つのFPGAに対して、ディープ・トレースやクロストリガの機能を提供し、先進のデバッグ手法を実現しています。

 

「今日のハイパースケールのデザインは、数十億ものASICゲート数に達しています」と、S2CのCEOである中間俊雄は述べています。「このような複雑な設計には、高い性能、拡張性、堅牢性を備えたFPGAプロトタイピング・プラットフォームが必須です。LX2は、Xilinxの最大級のFPGAと、インターコネクトの最適化のために設計されたアーキテクチャを組み合わせたものです。エンタープライズクラスの設計ツールや生産性ツールと組み合わせることで、パフォーマンスとスケーラビリティを両立させ、検証サイクルを短縮することができます。LX2に妥協はありません。」

 

供給時期

Logic Matrix LX2は発売を開始しました。詳細については、S2C販売代理店にお問い合わせいただくか、www.s2ceda.comをチェックしてください。

 

S2Cについて

S2Cは、今日の革新的なSoC/ASIC設計に求められるFPGAプロトタイピング・ソリューションのグローバルリーダーです。S2Cは2003年に設立以来、多くのラピッドSoCプロトタイピング・ソリューションの提供に成功しており、500社以上の顧客に3000台以上のシステムの導入実績を有しています。当社の優秀なエンジニア・チームと顧客重視を主義とする営業チームは、ユーザのSoC開発におけるニーズを十分に把握しており、継続的に対応しています。S2Cは米国、欧州、イスラエル、中国、韓国、日本、台湾に販売拠点と販売代理店を設けています。

 

S2C、S2Cロゴ、Prodigy、Logic Matrixは、S2Cの商標または登録商標です。XilinxおよびVirtex Ultrascale+の著作権は、Xilinx Inc.に属します。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

 

 

(日本語リリース:クライアント提供)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中