Tetracore, Inc.がブタの全血と脾臓の検体でアフリカ豚熱ウイルス検出の初のUSDA認可リアルタイムPCR検査を発表

Tetracore, Inc.

2021/11/5 13:31

AsiaNet 92848(2753)

 

【ロックビル(米メリーランド州)2021年11月4日PR Newswire=共同通信JBN】Tetracore, Inc. (Tetracore)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3346732-1&h=3174145122&u=https%3A%2F%2Ftetracore.com%2F&a=Tetracore )は4日、同社のVetAlert (TM)アフリカ豚熱ウイルス(ASFV)DNA診断検査キットが米農務省(USDA)Center for Veterinary Biologics(CVB、家畜用生物製剤センター)の認可を受けたと発表した。これは、ASFV用の初のUSDA認可診断商品であり、アフリカ豚熱(ASF)発生時の迅速な対応に不可欠な米国内生産となる。加えて、この診断キットは、ASFV感染急増による潜在的に壊滅的な経済的影響と動物福祉への影響を軽減する決定的な手段を動物の健康の初期対応者に提供する。

 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/371337/Tetracore_Logo.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1678328/Vet_Alert_DNA_Logo_ID_96109cd3f66b_Logo.jpg

 

VetAlert ASFV DNA高性能検査キットはTetracoreの研究陣が開発、Tetracoreが商品化し、販売する。

 

Tetracoreの事業開発マネジャーでUSDA CVB担当者のCallahan博士は「ウイルスが突然変異して進化することはよく知られている。このため、確立したPCR検査設計は目的に確実に適合するようたびたび再評価されるべきだ」と述べている。これを念頭に、Tetracoreは新たなプライマープローブ・セットを設計するため、現在のASFVウイルス配列と24の既知のASFV遺伝子型の配列を評価し、当初の検査と組み合わせて更新されたASFVリアルタイムPCRであるVetAlert ASFV DNA検査キットを生み出した。

 

最新の検査設計は多様な研究パートナーの研究で、有効性が確認された。(1)Instituto Nacional de Investigaciones Agrarias(国立農業研究所)のCentro de Investigacion en Sanidad Animal(動物保健研究センター)(CISA-INIA、スペイン)(2)National Veterinary Institute(国立獣医学研究所、スウェーデン)(3)Sciensano(国立公衆衛生研究所、ベルギー)、その他の各国と米国の研究所で、この検査はこれら研究パートナーが使用する基準検査手法と比べて同等の性能を実証した。

 

▽Tetracore, Inc.について

Tetracoreは感染症検出用の診断機器と検査法の開発、製造を専門とするバイオ技術企業である。米メリーランド州ロックビルのバイオテクノロジーコリドーにあるTetracoreは1998年、国連生物兵器特別委員会の元調査官らとメリーランド州ベセスダのNaval Medical Research Institute(海軍医学研究所)の研究者らが設立した。詳細はウェブサイトwww.tetracore.com を参照、または電子メールでjkelly@tetracore.com に連絡を。

 

(R) Tetracoreは登録商標、VetAlertはTetracore, Inc.の商標である。

 

ソース: Tetracore, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中