SANY工場を重機産業における世界初の「ライトハウス工場」に認定

SANY Group

2021/11/11 15:45

 

SANYの掘削機械「ライトハウス工場」

 

AsiaNet 92968 (2813)

 

【北京2021年11月11日PR Newswire=共同通信JBN】ダボス世界経済フォーラム(WEF)はこのほど、世界の製造業における「ライトハウス工場」の最新のグループを発表した。北京にあるSANYの掘削機械工場がリストに載り、重機メーカーの中で初の「ライトハウス工場」と認定された。

 

「ライトハウス(灯台)」の愛称で呼ばれるこれらの生産ワークショップは、世界で最も先進的な工場としてよく知られている。2018年の最初のリスト以来、ダボス世界経済フォーラム(WEF)とマッキンゼー(McKinsey Consulting)の2つの組織が共同で未来への道を照らすために世界中の90の工場を選び出し、最高レベルのデジタル製造とグローバリゼーション4.0の例となった。

 

WEFによると、SANY Beijingは、先端自動化、ヒューマン・マシン・コラボレーション、AIおよびIoTテクノロジーなど最新テクノロジーの包括的アプリケーションで際立っており、生産性を185%向上させ、生産リードタイムを30日から7日に77%短縮している。

 

SANY Robot Technology Co., Ltd.

 

SANYのデジタルトランスフォーメーションにより、新しい子会社であるSANY Robot Technology Co., Ltd.が設立され、インテリジェント製造のパイオニアになるとの使命の達成に向けSANYグループを推進している。

 

2019年に、既存の掘削機械工場が業界初の世界クラスの「ライトハウス工場」にアップグレードされた際、そのような前例は存在しなかった-SANYが参考にする例も、既存の技術も依拠するサプライヤーもなかった。このように、SANY Robot Technologyは、SANYのデジタルトランスフォーメーションの脈絡で生まれた。SANY Robot Technologyは、概念設計、技術検証、建設の各段階に徹底的に参加することで、掘削機械の「ライトハウス工場」の再生とともに成長した。

 

その過程で、SANYの新しいロボット技術部門は、多くの技術躍進をもたらした。例としては、3次元鋼板倉庫、5G AGV(無人搬送車)を使用した重くて長い(27 m)材料の積み降ろし、狭いスペースでの材料の自動組み立て・溶接、レーザーセンサーを備えたマルチロボットによる大開先協調溶接などがある。

 

インテリジェントな作業は、物流、倉庫保管、材料準備、溶接、処理、組み立て、塗装など製造サイクル全体で実現される。

 

最新の技術アップデートは、ARおよび音声認識テクノロジーに基づく新しいIntelligent Storage Systemである。現在、選別と分配の業務は、ハンズフリーの音声コマンドを与えることで作業を効率的に処理できるARメガネを介して作業員に割り当てられている。

 

ソース:SANY Group

 

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407142

キャプション:SANYの掘削機械「ライトハウス工場」

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407145

キャプション:SANYの掘削機械「ライトハウス工場」

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

SANYの掘削機械「ライトハウス工場」

SANYの掘削機械「ライトハウス工場」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中