豊島区立トキワ荘マンガミュージアム 特別企画展 「鉄腕アトム ―国産初の30分テレビアニメシリーズ―」

豊島区

2021/12/17 16:31

2021/12/17

豊島区

明日12月18日(土曜日)より、トキワ荘マンガミュージアム(南長崎3-9-22)にて、特別企画展「鉄腕アトム ―国産初の30分テレビアニメシリーズ―」が開催されます。

本日、記者発表が行われ、高野之夫豊島区長、株式会社手塚プロダクション 松谷孝征代表取締役社長が出席しました。

1963年1月1日、アニメ「鉄腕アトム」の放送が開始されました。本作品は、未来世界を舞台に、七つの力を持つロボット少年・アトムが活躍する物語であり、日本のアニメーションの歴史を一変させた金字塔のひとつとして知られています。

手塚治虫は、当時一般的だったアニメの制作方法を見直し、徹底的な省力化を図った新たなシステムを考案します。さらに、すでに子どもたちの人気を得ていたマンガ「鉄腕アトム」を原作とすることで、それまで不可能と思われていた国産初の30分テレビアニメシリーズの制作に成功しました。アニメ「鉄腕アトム」は1963年から1966年までに193本が制作され、最高40.3%、平均25%の高視聴率で人気番組となりました。

本企画展では、当時の貴重な資料を展示するとともに、制作方法もあわせてご紹介していきます。

 

記者発表に出席した高野区長、松谷孝征代表取締役社長のコメントは以下の通りです。

 

高野区長「これまで鉄腕アトムの展覧会は数多く行われてきたが、1963年からはじまった30分テレビアニメシリーズに特化した展覧会は、今回初と聞いています。2021年から3年間は、アトムのアニバーサリーイヤーであり、本展が開催できることを光栄に思います。往年のファンの方々や、多くの子どもたちに見ていただいて、ぜひ、マンガ・アニメの文化を次世代に継承してほしいです。」

松谷孝征代表取締役社長「鉄腕アトムは見るたびに新しい発見・気づきがあり、素晴らしい作品です。マンガ連載当時から50年経った未来を描いた作品ですが、改めて凄い想像力だと感じました。是非子どもたちにも本企画展を見てもらい、原作も手に取っていただければと思います。」

 

■みどころなど

(1) 貴重な制作資料を展示

絵コンテや台本など、約60年前の貴重な資料を展示し、アニメ「鉄腕アトム」制作の様子やスタッフの思いをご紹介します。また、セル画が制作されなくなった現在ではあまり見ることのできない、当時と同じ手法で作られた“複製セル画”により一部のストーリーをご覧いただきます。

 

(2) 鉄腕アトム第一話の上映

1963年放送の「鉄腕アトム」第一話を館内にて上映します。

 

(3) アトムと写真が撮れるフォトスポット

・企画展示室入口…アトムと一緒に白黒テレビに入って撮影できるコーナー

・2階…デビューから70年を記念したアニバーサリーコスチュームのアトムのパネルと撮影できるコーナー

 

(4) 圧巻のマンガラウンジとオリジナルグッズの数々

ミュージアム1F、企画展示室の目の前にあるマンガラウンジでは、今回の企画展に合わせて、特別に連載当時のふろくなど、貴重な作品の数々を所狭しと配架します。この他、本企画展オリジナルグッズや記念メダルも販売しています。

 

■日程 令和3年 12月18日(土)~令和4年 4月 10日(日) ※ミュージアムHPからの予約優先制

■開館時間 10時~18時(入場は17時30分迄)

■休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日、ただし12月27日は開館)・年末年始(12月29日~1月3日)

■料金 特別観覧料大人500円、小中学生100円

未就学児・障がい者手帳をご提示の方及び介助者(1名まで)無料

■主催 豊島区

■後援 公益財団法人としま未来文化財団 

■協力 トキワ荘協働プロジェクト協議会

■企画制作:株式会社手塚プロダクション

■公式HP  https://tokiwasomm.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中