JIS T9001適合、そして環境にも優しい「正しいマスク®︎」をリリース

〜生分解素材を使用し環境にやさしいマスクが、マスクの日本産業規格を獲得〜

CROSSEED

2022/1/18 11:00

2022年1月18日

関連リンク:https://tadashii-mask.com/

 

マスクの開発・製造をおこなうCROSSEED(クロシード)株式会社(所在地:福岡県飯塚市、代表取締役:辻 政和)は、2022年1月より、JIS T9001 医療用マスク クラスⅡ適合、そして環境にやさしい生分解素材「テラマック®️」※を使用した「正しいマスク®︎」の販売を開始します。

※「テラマック®️」はユニチカ株式会社が提供するバイオマス素材です。

 

 

【スペック情報・キャンペーンの反響】

■ 商品名 :「正しいマスク®️」

■ サイズ :ふつうサイズ(17.5cm×9.5cm)

      すこし小さめサイズ(16cm×9cm)

■ 素材  :本体(ポリエステル・ポリエチレン・ポリプロピレン・コットン),ノーズフィッター(ポリエチレン)

      耳ひも部分(ナイロン・ポリウレタン)

■ 内容  : 5枚入(ドラッグストアなどの一般店頭専用商品)   希望小売価格        398円(税込)

      30枚入(大容量タイプ、公式サイトで販売)     希望小売価格  2,068円(税込)

      25枚入(個包装タイプ、公式サイトで販売)     希望小売価格     2,475円(税込)

 

 

当商品は「愛する人を、まもるマスク。」をコンセプトとして、長時間の着用でも快適に過ごせることを念頭に、3つの科学的視点から開発・発売されたマスクです。

※発売時のプレスリリース:https://kyodonewsprwire.jp/release/202108279297

 

2021年8月の発売よりこれまで3回にわたるプレゼントキャンペーンを実施。11月15日より先着3,000名を対象に行われた第三弾キャンペーンでは、開始からたった3日で定員以上の応募が集まるなど、多くの反響を受けました。

 

※図(インスタの投稿イメージ) 関連リンク:https://tadashii-mask.com/

 

 

【今回の仕様変更について】

“人を守る商品”を大切に考える企業であり続けたいという理念のもと、人の健康を想い商品開発を続けてきたクロシードは、今回の仕様変更において、環境にやさしい「テラマック®️」を使用した“生分解フィルター”を「正しいマスク®️」に搭載しました。

 

■植物性で環境にやさしいバイオマス素材の使用

新たに実装された生分解フィルターは、植物由来の糖から作られるポリ乳酸を原料としたバイオマス素材「テラマック®️」です。この素材はコンポスト・土中などの水分と温度が適度な環境下に置くことで分解され、植物の光合成に利用されることで“循環する素材”となっております。クロシードはこの素材をフィルターとして利用することで、より環境にやさしい不織布マスクを目指しました。

 

※「テラマック®️」とはユニチカ株式会社が提供するバイオマス素材です。

※参考 ユニチカ株式会社(ポリ乳酸の特徴について) https://www.unitika.co.jp/terramac/how/

 

 

【JIS T9001 医療用マスククラスⅡ 適合】

厚生労働省は2021年、人々がより安心してマスクを選択し、購入できるようマスクの日本産業規格JIS T9001(医療用及び一般用マスクの性能要件及び試験方法)を制定しました。

研究と改良を重ねた「正しいマスク®︎」はJIS T9001医療用マスククラスⅡに適合しました。

 

PFE:微小粒子捕集効率 BFE:バクテリア飛まつ捕集効率 VFE:ウイルス飛まつ捕集効率

 

■日本産業規格JIS T9001(医療用及び一般用マスクの性能要件及び試験方法)について

この規格は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、マスクの品質について関心が高まっているところ、医療従事者や一般の国民の皆様等が、安心してマスクを着用するに当たって、その選択に資するよう、マスクの性能及びその試験方法についての標準化を図ることを目的として制定された規格です。

※厚生労働省プレスリリースより抜粋 U R L:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19244.html

 

■医療用マスク

  主に医療関係者の着用を想定し,微小粒子,バクテリアを含む飛まつ(沫),ウイルスを含む飛まつ,

及び体液の体内への侵入を防御するとともに,バクテリアなどを含む飛まつの空気中への飛散を防止する

ことを目的としたマスクです。医療用マスクは、規格の適合性を審査した上でさらにクラスⅠ、クラスⅡ、クラスⅢまで区分されています。

※情報元「JIS T9001 に関する医療用マスク、一般用マスクの表示・広告ガイドライン」

 URL:https://www.jhpia.or.jp/about/jis/img/jis-t-9001_guideline.pdf

 

 

 

【仕様変更への思いと今後の展望】

 

「愛する人を、まもる。」ためにできることを、日々追求していきたい。

新型コロナウイルスは、昨年12月にオミクロン株へと変異し、未だに世界中で緊張が続いています。

大切な人を守る為にもマスクを着用するという気持ちは、今も大事なことではないでしょうか?

日々の暮らしの中で、「あなた」と「あなたの大切な人」を守るためのマスクでありたいという気持ちを込めて開発した「正しいマスク®️」。その道のりはこれからも続いていきます。

 

ずっと「あなた」と「あなたの大切な人」を守るために、環境にも寄り添いたい。

「正しいマスク®️」は一日中快適に着用いただけるこだわりの設計ですが、衛生面から1日1枚の使い捨てを推奨しております。メーカーとしては、使い捨てマスクであっても、少しでも環境に良くあるために長年検討を重ね、生分解フィルターを搭載したマスクを開発いたしました。限られた資源と大切な環境を守るためにこれからも努力を続けます。

 

 

<会社概要>

■ 社名:CROSSEED(クロシード)株式会社

■ 代表者:辻政和

■ 本社所在地:〒820-0066福岡県飯塚市幸袋172-18 飯塚リサーチパーク

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中