ツーリズム外国人インフルエンサーと連動した インバウンドサポートサービス「Our Japan」始動

共同ピーアール

2022/1/19 12:25

総合PR会社の共同ピーアール株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷 鉄也)は、この度、日本最大級のツーリズム外国人インフルエンサーコミュニティ(代表:Donny Kimball)と連携し、インバウンド事業をサポートするサービス「Our Japan」を1月12日より開始しております。

「Our Japan」とは、商品を日本在住の外国人や海外に向けて発信していきたい、海外の方に観光に来てもらいたい方々と、日本に在住の外国人や日本への観光を考えている、日本の文化や観光スポット・Made in Japanの製品に興味を持っている外国人消費者を繋げるサービスです。

 

日本には全国に着物や焼き物などの伝統工芸品、名産品や銘菓、日本酒・地酒といったお土産、温泉、旅館、神社、寺、パワースポット、動物園、水族館といった観光スポットなど外国人の方にとって魅力的な観光資源が沢山あります。しかしながら、新型コロナの拡大によって、日本の魅力的な観光地に海外の方が訪問できない状態が続いています。また日本に興味のある外国人に向けての情報発信まで手が回すことが出来ていないという事例も数多く見受けられます。

このような課題を解決するため、海外や日本在住の外国人に向けて観光資源を発信していきたい地方自治体や代理店、自社の製品や観光スポットを発信していきたい企業や販売代理店といった方々を、海外への強い発信力を持つ日本最大級のツーリズム外国人インフルエンサーコミュニティが情報発信をサポートするサービスを開始しました。

本サービスは、下記の3ステップになります。

 

①ツーリズム外国人インフルエンサーによる情報発信

②インフルエンサーの発信から購入までワンストップ

③ タイアップ型や成果報酬型など臨機応変な制度

 

ツーリズム外国人インフルエンサーによる情報発信

インフルエンサーらが観光モデルコースの体験、地元のお祭りやグルメフェス、商店街や漁港などの定期市、宿泊体験や農業体験などに参加して動画やフォト、ブログなどのコンテンツを制作し、自身のSNSでフォロワーに向けて発信を行います。

自治体の観光事業や旅行代理店のモデルツアーのPRなどの経験を持ったインフルエンサーらが、現地のショップや施設、観光スポットなどで実際に体験した上で紹介用コンテンツを制作する為、外国人ならではの視点から見た地域の魅力や、地域の人では見えにくいポイントなどを加えた「行ってみたい」「使ってみたい」「食べてみたい」といった行動につながるコンテンツを製作いたします。

 

インフルエンサーの発信から購入までワンストップ

本サービスはインフルエンサーによる情報の発信のみではなく、インフルエンサーの投稿と専用のECサイトを紐付けることによって、投稿を見た海外のユーザーがそのまま製品購入をすることが可能です。コロナ禍によって日本へ行くことのできない外国人の方々が、インフルエンサーの投稿を見てデジタル上で楽しむだけでなく、その先の商品購入まで可能になります。

それにより、SNS上で獲得した製品認知を途切らせることなく製品購入までワンストップで行うことが出来、従来のインフルエンサーマーケティングで課題となっていた「インフルエンサーの投稿による製品購入」といった明確な効果測定を実現します。

 

タイアップ型や成果報酬型など臨機応変な制度

本サービスは、従来のインフルエンサーPRのインフルエンサーの投稿に対して支払うタイアップ型だけでなく、ECサイトの商品・チケットの販売量に応じて収益配分を行う成果報酬型を選択することも可能です。そのため、インフルエンサーの使用に不安をお持ちの方や、海外の方へ販路を構築したいがコストを抑えたい方々にもご利用頂けます。

 

サービス詳細はこちらをご確認ください。

https://www.kyodo-pr.co.jp/services/inbound-influencer/

 

サービス紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=C_A2g5zpbzg&t=12s

 

 

 

【プロフィール】

ツーリズム外国人インフルエンサーコミュニティ 代表 Donny Kimball

ソーシャルメディアコンサルタント業務と並行して自身もソーシャルメディアインフルエンサーとして活動する日本在住のアメリカ人。コンサルタント業務では官民問わず様々な企画に外部コンサルタントとして参画しソーシャルメディアを使ったインバウンド事業をサポート。インフルエンサーとしては、趣味の旅を生かした日本の隠れた観光資源の発信と共に、自治体・企業・団体と協力して新たな観光資源を世界に向けて発信しています。

 



 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中