スマート農業(株)farmo  栃木県知事賞 受賞 第5回めぶきビジネスアワード

ファーモ

2022/1/31 09:00

2022年 1月31日 発信

スマート農業(株)farmo  栃木県知事賞 受賞 

5回めぶきビジネスアワード

 

  2005年創業のスマート農業に特化したITベンチャー企業、株式会社farmo(住所:栃木県宇都宮、代表取締役社長:永井洋志)は、革新的・創造的なビジネスプランを募集・表彰する第5回めぶきビジネスアワードで、栃木県知事賞を受賞しました。2022年1月20日、茨城県つくば市で表彰式が開催され、farmo代表取締役 永井社長が表彰されました。きフィナンシャルグループが成長企業を応援し、地方を元気にすることを主目的としたビジネスプランコンテストで、応募したビジネスプランに対し、地域経済の活性化につなげていくことを目的としています。

 

 

 今回farmoからはIoTで地域課題に挑戦し続ける、スマート農業推進事業』を提案しました。

2005年、ウェブ開発会社として起業し、6年前に農業分野へ参入。始まりは、一軒の農家さんが直面している課題に対し取り組んだ結果、スマート農業分野に参入。farmoでは回路設計から通信、アプリ開発まで全て自社で開発。北関東という地の利を生かした「地方型開発」が強みとなり、ビジネスを全国に展開中です。このビジネスモデルで「世界のfarmoとなれるよう、世界中で愛される企業を目指しています。

 しかしながら、農業IoT(スマート農業)の課題は山積しています。『価格が高すぎる、導入まで(導入後)も難しすぎる。採算が合わない』といった様々な課題に対し、farmoがとった解決策は『通信費を無料。機能を絞り、シンプルで使いやすい商品にする、でした。さらに、長距離無線(LPWA)の通信機を地域のインフラとして無料提供する、など、農家さんにとって価値あるサービスを提供しています。様々な解決策が評価され、この度の受賞につながました。

 

 

これからもfarmoは地域・人々のために、常識にとらわれず考え抜く知恵と、能力を高め価値を創造する技術、困っている人たちを救おうとする強い心で、人を幸せにする企業を目指します。現在、下記の職種を募集中です。

◎WEB開発(UI/UXデザイナー・アプリ開発・バックエンド・フロントエンド)

◎製品開発(基盤回路設計・ソフトウェアエンジニア・筐体設計・プロダクトデザイナー)

 

本件に関するお問い合わせ

株式会社farmo(ファーモ) https://farmo.co.jp/ 広報 小平真李 kodaira@farmo.co.jp

〒320-0855 栃木県宇都宮市上欠町866-1 TEL:028-649-1740  携帯:070-4406-2777

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

めぶきビジネスアワード栃木県知事賞受賞

farmo社員

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社farmo
  • 所在地 栃木県
  • 業種 水産・農林業
  • URL https://farmo.info/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中