<コロナ禍の心理相談データ公開>前年比較で 「死にたい」など自傷他害をほのめかす相談の割合は減少傾向

感染を防止する取り組みに加えて自傷他害相談への対応、メンタルヘルスサポートの強化・見直しも依然急務

ティーペック

2022年3月10日

                                   

 

2022年3月10日

ティーペック株式会社

 

<ティーペック、コロナ禍の心理相談データを公開> 前年比較では「死にたい」など自傷他害をほのめかす相談の割合は減少傾向 感染を防止する取り組みに加えて自傷他害相談への対応、メンタルヘルスサポートの強化・見直しも依然急務―

 

メンタルヘルスカウンセリング、24時間健康相談等の健康支援サービスを提供するティーペック株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:鼠家 和彦)はコロナ禍前後(2019~2021年)の当社へのメンタルヘルスに関する相談のうち、自傷他害相談の割合の推移と傾向を健康経営情報サイト「わくわくT-PEC」で公開しました。

 

記事詳細はこちら≫【コロナ禍T-PEC心理相談データ公表】「死にたい」など自傷他害をほのめかす相談の割合は減少傾向

 

 

<概要>

「死にたい」など自傷他害相談の割合の年間の平均は、コロナ禍前の2019年は1.29%でしたが、コロナ禍中となる2020年には割合1.49%と増加傾向がみられました。2021年は引き続きコロナ禍中であるものの1.34%となり、2020年と比較し減少傾向、コロナ禍前と近い水準の割合になっています(図1)。

 

 

コロナ禍中(2020年~2021年)の推移をみると、最も数値が高かったのは2020年9月で1.83%でした。これは長引く自粛生活に加え、芸能人の自死に影響を受けていると思われるケースも多数みられた時期です。

 

この時期と比較すると、2021年の初めには自傷他害をほのめかす相談の割合は減少しましたが、2021年6月までは約1.40%以上で推移していました。夏期に一時的な改善が見られましたが、その後は増加傾向に転じています(図2)。

 

 

2021年の傾向としては、コロナ禍による不況での雇用の不安定化、長く続くコロナ禍で先の見通しが持てないことによる長期的な不安の蓄積、その中で心身共に疲弊し、元々抱えていた精神的な不調が悪化したことが自傷他害をほのめかす相談に繋がっていると考えられます。

 

相談者からは「ずっと我慢してきたが、気持ちが切れてしまった。もう疲れた」といった言葉が語られることも多くあり、引き続きメンタルヘルスサポートの強化・見直しが必要と考えられます。

 

詳細・記事全文はこちら≫

【コロナ禍T-PEC心理相談データ公表】「死にたい」など自傷他害をほのめかす相談の割合は減少傾向

 

 

 

 

 

ティーペックについて

https://www.t-pec.co.jp/

24時間健康相談事業のパイオニアとして1989年に設立。医師・保健師・看護師などの医療資格者を有する国内最大規模のメディカルコンタクトセンターを運営し、セカンドオピニオン手配サービスやメンタルヘルスカウンセリング、生活習慣病の重症化予防など、健康・医療分野における社会課題の解決を目的とした事業を多数展開。2017年から6年連続で健康経営優良法人『ホワイト500』に認定。

 

 

 

 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中