B Sキャンパスex特集『日本人にとってジャズとは何か』

放送大学(BS 231ch)にて4月10日(日)より放送!

放送大学

2022/4/4 10:00

1974年6月、ドイツ・メールスジャズ祭。その3人の演奏は、1時間を超えるスタンディング・オベーションで称えられ、連日の公演で警察が出動する騒ぎとなった。森山威男・坂田明を迎えた第2期山下洋輔トリオ。活動期間4年弱。その間、海外で最大級の成功を収めながら、当時の映像はほとんど残されていない。

 

 彼らの音楽は、なぜ世界の人々の心に響いたのか。ジャズの「掟」を忘れて自由にやろう、山下の提案から創り出された音楽の核心とは何か。海外文化の受容と変容を研究テーマに、これまでも山下洋輔トリオの音楽を取り上げてきた本学・松原隆一郎教授の呼びかけを受け、3人が再会。その音楽の本質について語っていく。結成から50年を経て、それぞれが現役のプレイヤーである3人による貴重な演奏をお届けする。



 

左上から 松原 隆一郎、山下 洋輔、森山 威男、坂田 明、永武 幹子

 

 

〇第1回 山下洋輔トリオが創造した『日本型スイング感』の謎

 放送日:4月10日(日) 20:15~、 5月1日(日) 7:30~(再) 

 出 演:松原 隆一郎(放送大学教授)

     山下 洋輔(ピアニスト)

     森山 威男(ジャズドラマー)

     坂田 明(サックス・クラリネットプレイヤー)

     永武 幹子(ジャズピアニスト)

 

 

〇第2回 初期山下洋輔トリオのフリージャズはいかに世界とシンクロしたか

 放送日:4月17日(日) 20:15~、 5月8日(日) 7:30~(再) 

 出 演:松原 隆一郎(放送大学教授)

     山下 洋輔(ピアニスト)

     森山 威男(ジャズドラマー)

     坂田 明(サックス・クラリネットプレイヤー)

 

 

担 当:大塚 秋人(制作部長)

 

BS放送の放送大学(BS231ch)よりどなたでも無料でご覧いただけます。

上記日程以降にも再放送を行います。

詳しくは放送大学ウェブサイト「番組表」(https://bangumi.ouj.ac.jp/bslife/)をご覧ください。

 

【内容に関するお問い合わせ】

放送部 企画編成課 糸、丹羽 TEL 043-298-4318(直通)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース