『2022 AMAスーパークロス』の全階級で DUNLOPタイヤ装着車両のライダーがシリーズチャンピオンを獲得

住友ゴム工業

2022/5/13 14:00

発行:2022年5月13日


2022 AMAスーパークロス』の全階級で DUNLOPタイヤ装着車両のライダーがシリーズチャンピオンを獲得

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、5月7日に米国・ソルトレイクシティで最終戦を迎えた全米選手権のひとつ『2022 AMAスーパークロス』で、DUNLOP(ダンロップ)ブランドのタイヤを供給するライダーが、全ての階級(「450SX」「250SX EAST」「250SX WEST」)でシリーズチャンピオンを獲得し、13年連続で全階級を制覇しました。 

 

表彰式の様子

(左から450SXクラス:#3イーライ・トマック選手、250SX EASTクラス:#18ジェット・ローレンス選手、250SX WESTクラス:#28クリスチャン・クレイグ選手)

 

 450SXクラスでは、最終戦を待たずに第16戦でタイトル獲得を確定させ、全17戦中7戦を制した「Monster Energy Star Yamaha Racing 450 Team」のイーライ・トマック選手が2度目のシリーズチャンピオンを獲得。250SX EASTクラスでは4度の優勝に加えて全てのレース※で表彰台にのぼり、シーズンを通して他を圧倒する走りを見せた「Team Honda HRC」のジェット・ローレンス選手が、250SX WESTクラスでは、「Monster Energy Star Yamaha Racing 250 Team」のクリスチャン・クレイグ選手が第1戦での優勝を皮切りに、シーズン序盤からポイントをリードし初のシリーズチャンピオンを獲得しました。

※最終戦は負傷により欠場

 

イーライ・トマック選手

 

 「450SX」クラスレースの様子

 

ジェット・ローレンス選手

 

クリスチャン・クレイグ選手

 

 AMAスーパークロスは全米選手権のひとつで、野球場などのスタジアムに土砂を搬入し造成したテクニカルなコースで争う、世界中にファンを持つオフロードレースです。ジャンプ・フープス・鋭いコーナーが連続するタイトなコースでの戦いにおいて、タイヤにはトラクション・制動力・コーナリング力など、高い性能が求められます。13年連続全階級制覇に加えて、DUNLOPライダーがシーズンを通して全階級で表彰台を独占したことで、DUNLOPタイヤの高い総合性能が証明されました。

 当社は今後も高性能タイヤを世界中のライダーに提案し、さまざまなライディングシーンを足元から支えていきます。

 

クラス チーム 車両 ライダー
450SX Monster Energy Star Yamaha Racing 450 Team YAMAHA イーライ・トマック
250SX EAST Team Honda HRC HONDA ジェット・ローレンス
250SX WEST Monster Energy Star Yamaha Racing 250 Team YAMAHA クリスチャン・クレイグ

     

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

    タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

表彰式の様子

イーライ・トマック選手

「 450SX 」クラスレースの様子

ジェット・ローレンス選手

クリスチャン・クレイグ 選手

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中