Tata Chemicals Europeが英国最大の二酸化炭素回収プラントを開設

Tata Chemicals Europe

2022/6/24 15:02

AsiaNet 96691 (1480)

 

【ノースウィッチ(英国)2022年6月24日PR Newswire=共同通信JBN】Tata Chemicals Europe (「TCE」)は24日、英国初の産業規模の二酸化炭素回収・利用プラントを開設した。これは英国のネットゼロ目標を達成するレースにおける重要な節目を意味する。

 

2000万ユーロに上る投資は、炭化ナトリウム、塩、重炭酸ナトリウムの欧州で有数の大手メーカーである英国拠点のTata Chemicals Europeによって完了した。このプラントは2万台の自動車を道路から排除するのに相当する年間4万トンの二酸化炭素を回収し、TCEの二酸化炭素排出量を10%以上削減する。このプロジェクトは発電所の排出物から二酸化炭素を取り除き、それをハイエンドの製造分野での応用に活用する技術の実現可能性を証明しており、二酸化炭素回収の将来を解き放つのを支援することになろう。

 

世界で初めてエネルギー生成での排出物から回収された二酸化炭素は、食品や医薬品級にまで浄化されており、Ecokarb(R)として知られることになる重炭酸ナトリウムの製造で原材料として利用される。この独自の革新的なプロセスは英国で特許を取得済みで、世界の主要地域で特許が出願されている。

 

Ecokarb(R)は世界の60カ国以上に輸出される予定である。輸出される重炭酸ナトリウムの大半は腎臓病の患者を治療する血液透析に用いられる見込みである。

 

英国の民間企業・エネルギー・産業戦略省(BEIS)のEnergy Innovation Programme(エネルギーイノベーション・プログラム)を通じて420万ユーロの助成金の支援を得たこの二酸化炭素回収プラントは、持続可能な製造への重要な1歩であり、これはTCEがネットゼロの炭酸水素ナトリウムと世界最小のカーボンフットプリントの炭化ナトリウム製品の1つを生産するのを確認することになる。これらはガラスや洗剤、医薬品、食品、飼料、浄水用材などの必需品の生産に用いられる。

 

Tata Chemicals EuropeのMartin Ashcroftマネジングディレクターは「二酸化炭素回収・利用プラントの完成により、われわれは不可欠な原材料である高純度二酸化炭素の供給を確保しながら、二酸化炭素排出を削減することが可能になり、われわれが世界で医薬品級製品の輸出を拡大する後押しとなる」と述べた。

 

さらに同氏は「親会社のTata Chemicals、それにBEISからの支援によって、われわれはきわめて革新的なこのプロジェクトを実現することができ、これにより英国での事業が二酸化炭素排出削減の過程で重要な一歩を進めることが可能となった。2000年以来われわれは、炭素強度を50%削減しており、2030年までにこれを80%削減するための明確な行程表を持っている」と述べた。

 

プラント開所についてクワジ・クワーテング(Kwasi Kwarteng)民間企業・エネルギー・産業戦略相は「政府からの420万ユーロの助成金に支援されたこの最先端のプラントは、二酸化炭素回収がいかに新たな民間資本を英国に呼び込んでいるか、またグリーン・テクノロジーで新たなイノベーションを促進しているかを示している」と語った。

 

さらに同氏は「われわれは英国を二酸化炭素回収における世界のリーダーとすることを決意している。これはわれわれが排出を削減し、将来の英国産業の重要な一部となることを支援するだろう」と述べた。

 

詳細はCarbon Capture & Utilisation | www.tatachemicalseurope.comhttps://www.tatachemicalseurope.com/about-us/carbon-capture-utilisation?utm_source=Global+Release&utm_medium=PR&utm_campaign=CCU )を参照。

 

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1846557/Tata_Chemicals_Europe.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1846556/Tata_Chemicals_Europe_Logo.jpg

 

ソース:Tata Chemicals Europe

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中