LONGiは、フォーブス発表の世界の大企業ランキング「グローバル2000」で724位にランクアップ

LONGi

2022/7/22 10:24

AsiaNet 97107

 

【西安(中国)2022年7月21日PR Newswire】5月12日、米国経済誌「フォーブス」が2022年の「グローバル 2000」ランキングを発表し、LONGi(ロンジ、本社:中国西安市)は前年から115位アップした724位となり、着実な発展を遂げていることが明らかになりました。

「グローバル 2000」は12か月ごとに更新され、世界の公開企業を売上高、利益、資産、市場価値の4つの主要指標で評価し、ランキングしています。

 

LONGiは839位から724位にランクアップしただけでなく、4年連続でランクアップを続けており、 更にランキングの中において太陽光発電企業としては最上位となっています。

 

2021年もLONGiは先進技術、モジュール販売、ブランド力に注力し、太陽電池セルの変換効率の世界記録を1年間に7回も更新しました。そして、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東、アフリカや他地域でもLONGiはマーケットシェアにおいてリーダー的な存在になっています。
LONGiは、信頼性、顧客志向、高技術力のある組織になることを目指し、世界のグリーンエネルギー実現と「カーボンニュートラル」の目標達成に貢献し続けて参ります。

 

【ロンジ・グループ(LONGi Green Energy Technology Co., Ltd.)について】
LONGi(ロンジ)は2000年設立の世界最大級※1・2の太陽光発電用単結晶シリコン専門企業。上海証券取引所:601012。本社:中国陝西省西安市、総資産2022年3月末時点:約2兆2千億円超※3。太陽光発電事業は2006年から開始し、インゴット生産から行うウェハ事業は2019年推計シェア約39%の世界1位※2。太陽電池セル/パネル(モジュール)事業は2014年から開始し、パネル出荷量は2年連続世界1位(2020年・2021年)。Solar Media社「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」で最高格付けの「AAA」を10期連続獲得※4。RE100、EP100、EV100加盟。2021年3月には水素エネルギー事業も開始。WEBサイト: www.longi.com/en 

 

※1:太陽電池製造4大工程(原料ポリシリコン/ウェハ/セル/モジュール)各生産量の合計において

※2:PV InfoLink ” Supply and Demand Database ” (2021年7月版)より当社集計

※3:0.051人民元/円として換算 

※4:Solar Media Limited, ‘PV-Tech’ “PV ModuleTech Bankability Ratings Quarterly report” 2022年Q2より



この情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。



(日本語リリース:クライアント提供)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中