栽培から販売・決算まで農業ビジネスを実践。国際高専2年生が「高専紅はるか」を焼き芋販売

10月30日(日)、11月3日(木・祝)の2日間「道の駅瀬女」(石川県白山市瀬戸)9時から15時まで

2022年10月26日

学校法人金沢工業大学

【栽培から広告・販売・決算まで農業ビジネスを実践】 国際高専2年生が自ら栽培した「高専紅はるか」を焼き芋にして販売。 1030日(日)、113日(木・祝)の2日間 「道の駅瀬女」(石川県白山市瀬戸)9時から15時まで

 国際高専では、休耕田を活用して地域活性化に取り組む「エンジニアリングデザイン」の一環で、2年生が「高専紅はるか」の焼き芋販売を10月30日(日)と11月3日(木・祝)に、白山麓キャンパス校舎前の「道の駅瀬女」の店頭で行います。

サツマイモの紅はるかは、学生自らが校舎前の休耕田で栽培したもので、「高専紅はるか」のブランド名で、パッケージデザインやPOP、ポスター等の制作も学生自身で行っています。

 

 

高専紅はるか

 

 

[焼き芋販売]

・10月30日(日)9時から15時まで

・11月3日(木・祝)9時から15時まで

[会場] 道の駅瀬女(石川県白山市瀬戸163-1)

 

*なお「高専紅はるか」の生芋販売は10月29日(土) 午後から道の駅瀬女で始まります。また金沢工業大学扇が丘キャンパス内のコンビニ「Yショップアクア店」でも11月下旬から販売予定です。

 

 

【本取り組みについて】

国際高専では 2 年生 9 名が課題解決型授業である「エンジニアリングデザイン」の一環で、校舎前の休耕田を活用して地域活性化を目指す「 Agriculture Innovation Project 」に取り組んでいます。プロジェクトでは、休耕田を使ってさつまいもの「紅はるか」を学生自らが栽培し、広告宣伝から販売、決算まで、さながら「農業法人」の経営ビジネスを実践していく「アグリビジネス班」と、獣害対策システムの開発に取り組む「アグリテック班」に分かれ、通年で活動しています。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

高専紅はるか

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校
  • 所在地 石川県
  • 業種 初等教育・中等教育
  • URL https://www.ict-kanazawa.ac.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース