【国際高専2年生が高専紅はるかをブランド展開】 道の駅瀬女とキジトラコーヒー研究所でコラボ商品を発売

焼芋販売では、新開発の「高専紅はるか」キャラクターグッズがもらえるガチャも実施

2023年10月12日

学校法人金沢工業大学

【国際高専2年生が高専紅はるかをブランド展開】
10月23日(月)から11月末まで
「道の駅瀬女」と「キジトラコーヒー研究所」で「紅はるか祭り」を開催。
11月4日(土)・5日(日)に、道の駅瀬女で行われる焼芋販売では 新たに学生が開発した「高専紅はるか」キャラクターグッズがもらえるガチャも実施。

国際高等専門学校では2年生が「エンジニアリングデザイン」の一環で、白山麓校舎前の休耕田で栽培したサツマイモ「紅はるか」を使ったコラボイベントを開催します。

 

国際高専では「エンジニアリングデザイン」という課題解決型授業を教育の中核に据えています。2年生は「アグリビジネス班」と「獣害対策班」に分かれ、全寮制キャンパスが立地する白山麓地域の課題解決に取り組みます。

「アグリビジネス班」は紅はるかを学生自らが栽培し、「高専紅はるか」というブランド名で生芋や焼芋販売、コラボ商品開発などの事業を実施。収益性分析を行い、地元関係者をお迎えして決算報告会を開催するまでを行います。

2023年度は10月23日(月)から11月末まで、校舎前にある「道の駅瀬女」と「キジトラコーヒー研究所」と連携して「紅はるか祭り」を開催します。

期間中、国際高専生とのコラボ商品としてキジトラコーヒー研究所で「チップスべにゃソフト」が、そして道の駅瀬女で「紅はるかサンデー」が販売されるほか、道の駅瀬女では「高専紅はるか」の生芋販売が行われます。

 

また今年度、2年生は新たに4種類の「高専紅はるか」マスコットキャラクターを開発。キーホルダーやマグネットなどのグッズを製作しました。

当グッズは、11月4日(土)・5日(日)の2日間、道の駅瀬女で国際高専生が「高専紅はるか」の焼芋販売を行なう際に、一定額以上を購入された方にガチャを回していただくことで、無料でもらえるインセンティブとして使用されます。

 

 

「紅はるか祭り」の概要

 

【コラボ商品の発売】(「紅はるか祭り」期間中)

・キジトラコーヒー研究所 「チップスべにゃソフト」の販売

・道の駅 瀬女「紅はるかサンデー」

 

【高専紅はるか 生芋販売】(「紅はるか祭り」期間中)

・道の駅 瀬女の店舗内で販売されます。

 

【焼芋販売】 114日(土)、5日(日) 道の駅瀬女

11月4日(土)、5日(日)の2日間、アグリビジネス班9名が道の駅瀬女の店頭で焼芋販売を行います(両日 10時から16時までを予定)。

 

 今年度は、「高専紅はるか」ブランドの象徴として 妖精の「はるか」、芋人間の「ベニ吉」、猿妖怪の「ジャック」、芋妖怪の「スイートマエダ」という4種類のマスコットに擬人化。キーホルダーやマグネットをレーザーカッターやUVプリンターで製作しました。

 焼芋を一定額以上購入した方にはキーホルダーやマグネットが入ったガチャ一回分のインセンティブが与えられます。また焼芋購入者全員にはマスコットのシールがプレゼントされます。

 

アグリビジネス班が新たに開発した「高専紅はるか」マスコット

 

妖精「はるか」

 

 

芋人間「ベニ吉」

 

 

猿妖怪「ジャック」

 

 

芋妖怪「スイートマエダ」

 

妖精「はるか」は高専紅はるかの守護神。芋人間の「ベニ吉」は、 はるかの僕(しもべ)で、ジャックたちの攻撃から芋や農民を守ります。

猿妖怪の「ジャック」は紅はるかを狙う害獣妖怪で、妖精はるかの宿敵です。芋妖怪の「スイートマエダ」 「ジャック」の子分として芋略奪の手助けをしています。それぞれのキャタクター設定の詳細は以下のWEBページ「高専紅はるかマスコット図鑑」でご覧になれます。

 ↓↓

https://w3a.kanazawa-it.ac.jp/ictedbiz/

 

*Webページ「高専紅はるかマスコット図鑑」はスマートフォン用に作成されています。

ご覧になる際は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取ってご覧ください。


 

【製作されたキーホルダーとマグネット、シール】

 

キーホルダー

 

 

マグネット

 

 

 

ガチャのイメージ

 

 

 

ガチャのイメージ

 

 

マスコットのシールは焼芋購入者全員にプレゼントされる。

 

 

 

【コラボ商品】

 

キジトラコーヒー研究所で販売されるコラボ商品

「チップスべにゃソフト」

 

 

道の駅瀬女で販売されるコラボ商品

「紅はるかサンデー」

 

 

 

【店頭で掲示されるポスターや生芋のパッケージデザインも国際高専生が制作】

 

 

 

 

 

昨年、道の駅瀬女で行われた焼芋販売の模様。

今年は新たにマスコットも掲示される。

 

 

 

白山麓キャンパス校舎内にあるMaker Studioでのクッズ製作風景。

アクリルをレーザーカッターでキーホルダーの形状に加工し、UVプリンターでキャラクターをプリント。

UVプリンンターは、文部科学省「高等専門学校スタートアップ教育環境整備事業」選定により、ガーメントプリンターやTシャツプレス等とともに2023年度、新たに導入された。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

妖精「はるか」

芋人間「ベニ吉」

猿妖怪「ジャック」

芋妖怪「スイートマエダ」

WEBページ「高専紅はるかマスコット図鑑」QRコード

キーホルダー

マグネット

ガチャのイメージ

ガチャのイメージ

マスコットのシールは焼芋購入者全員にプレゼントされる。

コラボ商品「チップスべにゃソフト」

コラボ商品「紅はるかサンデー」

店頭で掲示されるポスター

店頭で掲示されるポスター

店頭で掲示されるポスター

店頭で掲示されるポスター

生芋のパッケージデザイン

昨年、道の駅瀬女で行われた焼芋販売の模様。今年は新たにマスコットも掲示される。

グッズ製作風景

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校
  • 所在地 石川県
  • 業種 初等教育・中等教育
  • URL https://www.ict-kanazawa.ac.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース