◎きれいなディーゼルが重要  ストックホルムで気候会議

ディーゼル・テクノロジー・フォーラム

2012/6/6 15:25

◎きれいなディーゼルが重要  ストックホルムで気候会議

AsiaNet 49591

共同JBN 0765 (2012.6.6)

◎きれいなディーゼルが重要  ストックホルムで気候会議

【ワシントン2012年6月6日PRN=共同JBN】ヒラリー・クリントン米国務長官は3日、スウェーデンのストックホルムで「気候と大気浄化連合(Climate and Clean Air Coalition)」が開催した特別イベントに出席、温室効果ガス排出削減の国際的重要性を強調した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120201/MM46474LOGO

クリントン長官は「われわれは能動的協力がなければこの危機を打開できないし、実際、石油・ガス企業、ディーゼルトラックのメーカー、環境保全技術企業など民間部門のリーダーシップは埋め立て地のメタンをクリーンエネルギーに転換するうえで役に立つ」と述べた(http://www.state.gov/secretary/rm/2012/06/191694.htm)。

ディーゼル・テクノロジー・フォーラム(Diesel Technology Forum、http://www.dieselforum.org/index.cfm)のアレン・シェーファー事務局長は、世界的物流の90%以上がディーゼルエンジンに依存、ディーゼル車は増え続けており、クリーンなディーゼルテクノロジーの進歩は国際的な関心を集めつつあると語った。

シェーファー事務局長はまた以下のように語った。

「米国のディーゼルエンジン・メーカーは数十年に及ぶ研究と革新的な技術進歩を受けて生産し続け、ほぼゼロエミッションの新型ディーゼルエンジンに結実した」(http://www.dieselforum.org/index.cfm?objectid=9190FC80-B401-11E0-861B000C296BA163)」

「馬力、エネルギー効率、信頼性、低排出の独特な結合により、ディーゼルエンジンは誰もが認める世界経済の“役馬”になっている」

シェーファー事務局長によると、米国におけるヘビーデューティー・ディーゼルトラック、バスの排出でオゾン先駆物質の窒素酸化物(NOx)は99%、粒子状物質は98%それぞれ減少した。

「このような進歩にとって決定的だったのは、超低硫黄ディーゼル(ULSD)燃料の供給力だった。それは硫黄排出を500PMから15PMに97%削減した」

クリーンディーゼル・エンジンテクノロジーの進歩に関する新研究は以下の通り。

*2012年5月24日、米カリフォルニア州大気資源局(CARB):主としてクリーンなディーゼルテクノロジー進歩のおかげで、環境大気中の黒色炭素(BC)を20年間に50%削減した、と国際的な科学者らが報告

*2012年3月、米環境保護局(EPA)の黒色炭素(BC)に関する議会報告:「新型モバイル・ディーゼルエンジンの制御によるところが大きいが、米国は2030年までにBC排出の大幅削減を達成できる」

*2012年4月12日、健康影響研究所(HEI)の研究:「概して、ディーゼル排気暴露による生物学的影響はほとんどみられない」

*2012年4月23日、ノースカロライナ州立大学から:新基準に適合するディーゼルトラックはNOxの排出が98%、PM排出が94%減少した

連絡できる専門家:専門家リストの情報は該当リンクをクリック。

アレン・ショーファー氏はhttp://www.profnetconnect.com/allen.schaeffer

▽問い合わせ先

Steve Hansen

shansen@dieselforum.org

+1-301-668-7230 (o)

+1-202-355-3664 (c)

追加情報は以下参照。

http://www.dieselforum.org/news/importance-of-clean-diesel-technology-to-reduce-greenhouse-gases-highlighted-at-global-climate-and-clean-air-event-in-sweden

ソース:Diesel Technology Forum

Importance of Clean Diesel Technology to Reduce Greenhouse Gases Highlighted At Global Climate and Clean Air Event

PR49591

WASHINGTON, June 6, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

The international importance of reducing greenhouse gas emissions with the use

of clean diesel technology was highlighted by U.S. Secretary of State Hillary

Clinton during a special event hosted by the Climate and Clean Air Coalition in

Stockholm, Sweden on June 3.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120201/MM46474LOGO )

Secretary Clinton stated (http://www.state.gov/secretary/rm/2012/06/191694.htm

), "We cannot solve this crisis without the active cooperation and, indeed, the

leadership of the private sector, particularly oil and gas companies, makers of

diesel trucks, green tech companies that can help turn methane from landfills

into clean energy."

Because more than 90 percent of all global trade and an increasing number of

automobiles are powered by diesel engines, advancements in clean diesel

technology are gaining international attention, said Allen Schaeffer, Executive

Director of the Diesel Technology Forum (http://www.dieselforum.org/index.cfm ).

"The U.S. diesel engine manufacturers are continuing to build on decades of

research and progressive technological improvements (

http://www.dieselforum.org/index.cfm?objectid=9190FC80-B401-11E0-861B000C296BA163

) which have resulted in new diesel engines that are near zero in emissions,"

Schaeffer said.

"Because of the unique combination of power, energy efficiency, reliability and

low-emissions, diesel engines are the undisputed workhorse of the global

economy."

Schaeffer said in the U.S. emissions from heavy-duty diesel trucks and buses (

http://www.dieselforum.org/index.cfm?objectid=3A4CE710-9375-11E0-98E9000C296BA163

) have been reduced by 99 percent for nitrogen oxides (NOx) - an ozone

precursor - and 98 percent for particulate emissions.

"Critical to this progress has been the availability of ultra-low sulfur diesel

(ULSD) fuel which has reduced sulfur emissions by 97 percent - from 500 PM to

15 PM - enabling advanced emissions control devices."

New Research Highlights Improvements in Clean Diesel Technology

    - May 24, 2012 California Air Resource Board: International scientists

      reported a 50 percent reduction of black carbon in ambient air over the

      past 20 years primarily due to advancements in clean diesel technology.

    - March 2012 U.S. Environmental Protection Agency Report to Congress on

      Black Carbon (BC): "[T]he United States will achieve substantial BC

      emissions reductions by 2030, largely due to controls on new mobile

      diesel engines."

    - April 12, 2012 Health Effects Institute (HEI) study: "Overall, these

      results showed few biologic effects related to diesel exhaust exposure."

    - April 23, 2012 from North Carolina State University: Diesel trucks in

      compliance with newer standards showed a 98 percent decrease in NOx and

      94 percent reduction in PM emissions.

Available Topic Expert: For information on the listed expert, click appropriate

link.

Allen Schaeffer - http://www.profnetconnect.com/allen.schaeffer

Contact:

Steve Hansen

shansen@dieselforum.org

+1-301-668-7230 (o)

+1-202-355-3664 (c)

(Additional Information -

http://www.dieselforum.org/news/importance-of-clean-diesel-technology-to-reduce-greenhouse-gases-highlighted-at-global-climate-and-clean-air-event-in-sweden

)

SOURCE: Diesel Technology Forum

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中