ビルボードクラシック冨田勲新制作「イーハトーヴ」交響曲制作発表・記者会見

冨田勲の新制作「イーハトーヴ」交響曲の世界初演公演(2012年11月23日・東京オペラシティコンサート)において、大友直人指揮による総勢約300人におよぶ大編成の管弦楽、合唱団とともに、現代アートの最先端にたつヴァーチャルシンガー、初音ミクが出演することが発表された。

2012年8月27日

株式会社阪神コンテンツリンク

冨田勲の新制作「イーハトーヴ」交響曲にヴァーチャルシンガー初音ミクが出演

日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する株式会社阪神コンテンツリンク(本社:大阪市)は、2012年から新ブランドの“ビルボードクラシックス公演”を開催中です。その記念公演として、世界的作曲家として知られる冨田勲氏の新制作作品、「イーハトーヴ」交響曲の世界初演演奏会を開催します。

8月27日午後4時より東京ミッドタウン(東京・赤坂)で開催された、同公演の制作発表記者会見では、冨田勲氏をはじめ、指揮の大友直人氏、そしてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社代表の伊藤博行氏らが列席。大友直人指揮による総勢約300人におよぶ管弦楽、合唱団とともに、現代アートの最先端にたつヴァーチャルシンガー、初音ミクの出演が発表されました。

音楽の無限の可能性を探求し、1974年よりビルボード・クラシカルアルバムチャート連続第1位(「月の光」、「展覧会の絵」、「惑星」)を獲得するなど世界の音楽史の先端を築いた冨田勲氏。その進化の結晶となる「イーハトーヴ」交響曲が、11月23日、東京オペラシティコンサートホールの音楽空間で、時空を超えた宮沢賢治の世界を創出します。 

初音ミクとオーケストラによる初めての競演が実現する公演では、人間や自然を超越した宇宙的な力を音楽化する壮大な交響曲が、東北の大地と人々がいかに強く結ばれているかを全世界に示し、生命の賛歌を高らかに響かせます。

今年80歳を迎えた冨田勲氏と生誕5周年の初音ミクによるのコラボレーションが実現する「イーハトーヴ」交響曲。「世界のTOMITA」の集大成となる新制作交響曲が、伝統と先端アートの出会いを導き、新しい芸術の可能性を示します。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社阪神コンテンツリンク
  • 所在地 大阪府
  • 業種 芸術・エンタテイメント
  • URL https://hcl-c.com/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中