◎ブラジルの遺伝子組み換え作物の作付け14%増加  Celeres社調査

Celeres

2012/12/19 10:15

◎ブラジルの遺伝子組み換え作物の作付け14%増加  Celeres社調査

AsiaNet 51682

共同JBN1611(2012.12.19)

【サンパウロ2012年12月19日PRN=共同JBN】ブラジルにおける遺伝子組み換え技術を使った大豆、トウモロコシ、綿花の種子の作付面積は2012/13収穫年には3710万ヘクタールにおよぶと予想され、これは前年の遺伝子組み換え種子からの収穫面積に比べて460万ヘクタール、14%の増加になることが分かった。このデータはコンサルティング会社Celeresが発表した「ブラジル農業におけるバイオテクノロジーの採用に関する第2回調査(2nd Survey of the adoption of agricultural biotechnology in Brazil'] issued by the consulting firm Celeres)」による。

大豆が昨年同様首位を占め、合計2440万ヘクタール(全体面積の65.7%)になり、続いて夏・冬トウモロコシが1220万ヘクタール(32.9%)、綿花が55万ヘクタール(1.5%)になった。

中でも冬トウモロコシの採用率は87.8%と全体で690万ヘクタールにおよび、2012/13収穫年には遺伝子合体種とともに作付けされることになっており、これは2011/12収穫年に比べると120万ヘクタールの増加になる。夏トウモロコシの予想される採用率は64.8%で全体として530万ヘクタールに達し、これは2011/12収穫年に比べて30万5000ヘクタールの増加になる。2種類を合計するとのトウモロコシを作付けした面積全体の76.1%(1220万ヘクタール)にバイオテクノロジーが使われている。5年前には採用は全体でわずか120万ヘクタールだったことを考えると、農業におけるバイオテクノロジーが引き続き伸びていることを示している。

エンジニア、農学者でCeleresのマネージング・ディレクター、アンデルソン・ガルバウン氏は「ブラジルの生産者は生産性向上を促進する技術にどんどん投資している。トウモロコシ栽培に関して言えば、ブラジルの生産性指数を押し上げる重要なツールがもたらされたことになる。それに加えて、この技術は管理を容易にし、農作業に関する心配を軽減してくれるなど、間接的なメリットもあり、ブラジルの農業生産者が遺伝子組み換えの技術を採用するのに必須になっている」と述べた。

大豆に関しては、Celeresは収穫の88.8%がバイオテクノロジー技術を利用することになると予想している。これは前年の収穫に比べると300万ヘクタールの増加になる。一方、綿花においては、バイオテクノロジーの採用は対象面積の50.1%、合計54万6700ヘクタールと予想されている。今後、遺伝子組み換え綿花が作付けされる面積は9万3600ヘクタール増加すると予想されているが、これは主に除草剤耐性技術による。Celeresリポートのデータによれば、最も多く使われた技術は除草剤耐性技術であり、合計2570万ヘクタールで、2011/12収穫期の採用に比べると360万ヘクタールの増加になる。次に多く使われたのは虫害抵抗性技術で、580万ヘクタールと前年に比べて45万ヘクタールの増加。3番目の技術はこれら2技術の組み合わせで、合計550万ヘクタールになり、前年に比べて52万7000ヘクタールの増加と予想されている。しかし、大豆遺伝子の組み合わせ技術に対する中国の承認が遅れており、ブラジルの成長を阻害する恐れがある。

地域別の分析では、ブラジル農業におけるバイオテクノロジー技術の普及は主な穀物生産地間で顕著な特徴を見せている。普及率が最も高いのはマトグロソで、遺伝子組み換え作物の作付けは990万ヘクタールにのぼり、ついで680万ヘクタールのパラナ、540万ヘクタールのリオグランデドスルになっている。

リポート全文はウェブサイト(http://celeres.com.br/wordpress/wp-content/uploads/2012/12/RelBiotecBrasil_1202_ingl.pdf )を参照。

▽Celeresについて

Celeresは2002年に設立され、ミナスジェイラス州ウベルランディアに本社を置き、ブラジルのアグリビジネスに特化したコンサルティング会社として高い定評を持つ。同社の活動分野は市場情報、投資コンサルティング、戦略コンサルティング、地方計画におよび、同社所属のコンサルタントは地方における傾向が全国市場にどのような影響をもたらすかについて分析を求める企業、団体、メディアなどの情報源になっている。詳しい情報はウェブサイト(http://www.celeres.com.br)を参照。

▽問い合わせ先

Rafaela Prieto

Barcelona Solucoes Corporativas

+55-(11)-3019-3092

rafaela@barcelonasolucoes.com.br

ソース:Celeres

Area with transgenics grows 14% in Brazil and reaches 37.1 million hectares, according to Celeres

PR51682

SAO PAULO, Dec. 19, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

  - Among the highlights is the growth in the area planted with GM corn, which

     in five years went from 1.5 million to 12.2 million hectares, according to

                Celeres' 2012/13 harvest survey

The area in Brazil planted with genetically modified seeds - soy, corn and

cotton - is expected to reach 37.1 million hectares in the 2012/13 crop year,

which amounts to an increase of 4.6 million hectares, that is, 14% in relation

to the previous harvest. The data are from the 2o Acompanhamento da adocao de

biotecnologia agricola no Brasil ['2nd Survey of the adoption of agricultural

biotechnology in Brazil'] issued by the consulting firm Celeres.

Soy remained in first place, with a total of 24.4 million hectares (65.7% of

the total area), followed by summer and winter corn, with 12.2 million hectares

(32.9%), and cotton, with 0.55 million hectares (1.5%).

Winter corn had an adoption rate of 87.8%, or 6.9 million hectares, to be

planted with transgenic hybrids for the 2012/13 harvest, a growth of 1.2

million hectares in relation to the 2011/12 crop.  For the summer harvest, the

expectation is that the rate of adoption will reach 5.3 million hectares, or

64.8%, representing an increase of 305,000 hectares compared to the 2011/12

crop. Adding up the two harvests, 76.1% (12.2 million hectares) of the total

area planted with corn used biotechnology. Five years ago, the total adoption

was only 1.2 million hectares, which demonstrates the continuing growth of

technology in agriculture.

"Brazilian growers are investing more and more in technologies that favor

productivity gains.  For corn cultivation, a major tool has been presented to

help boost Brazil's productivity indicators. In addition, technologies that

offer indirect benefits, such as greater ease of management and peace of mind

in crop handling, have been essential to enable Brazil's rural growers to adopt

genetically modified technology," explains Anderson Galvao, engineer agronomist

and managing director of Celeres.  

For soy, Celeres is projecting that 88.8% of the current estimated crop for

this harvest will make use of biotechnological events. Compared to the previous

harvest, projected growth is of 3 million hectares.  The cotton crop, on the

other hand, is expected to occupy 50.1% of the total area projected for this

campaign, totaling 546,700 hectares. Expectations are that the area sown with

transgenic cotton will increase by 93,600 hectares, chiefly due to the greater

adoption of herbicide tolerant technology.

According to data from the Celeres report, the most heavily used technology is

herbicide tolerant, with 25.7 million hectares and a growth of 3.6 million

hectares in relation to adoption for 2011/12.  Next is insect resistant

technology, with 5.8 million hectares and a growth of 450,000 hectares in

relation to the previous year. Combined gene technologies come in third, adding

up to 5.5 million hectares, with an estimated growth of 527,000 hectares in

relation to the previous year. However, the delay in the approval of combined

gene soy technology in China may eclipse its potential for growth in Brazil.

In the analysis by region, the salient feature is the dissemination of

agricultural biotechnology in Brazil's key grain producing regions. Mato Grosso

comes in first, with 9.9 million hectares sown with transgenic crops, followed

by Parana, with 6.8 million hectares, and Rio Grande do Sul, with 5.4 million

hectares.

The entire report is available here:

http://celeres.com.br/wordpress/wp-content/uploads/2012/12/RelBiotecBrasil_1202_ingl.pdf

About Celeres

Founded in 2002, with headquarters in Uberlandia, Minas Gerais, Celeres is one

of the most respected consulting firms specializing in agribusiness in Brazil.  

Working with market intelligence, investment counseling, strategic consulting

and rural planning, its consultants serve as frequent sources for companies,

institutions and the media, always seeking to interpret how trends in the

countryside manifest themselves in the national market.  Visit  

http://www.celeres.com.br.

Contact:

Rafaela Prieto

Barcelona Solucoes Corporativas

+55-(11)-3019-3092

rafaela@barcelonasolucoes.com.br

SOURCE: Celeres

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中