◎ChanTestがcGMP試験対応可能な初の受託臨床試験機関に

ChanTest

2013/1/15 10:25

◎ChanTestがcGMP試験対応可能な初の受託臨床試験機関に

AsiaNet 51800

共同JBN 0023 (2013.1.15)

【米オハイオ州クリーブランド2013年1月15日PRN=共同JBN】ChanTestは15日、Good Manufacturing Practices(cGMP)(注)に適応するバイオアッセイ(Ion ChannelとGPCR)が実施可能になったと発表した。このバイオアッセイには、高ハイスループット性のUssing Chamberアッセイも含まれる。Ussing Chamberアッセイでは、CFTR(嚢胞性線維症膜コンダクタンス制御因子)クロライドイオンチャンネルの短絡回路電流の阻害効果(クロライドイオン透過性)が測定可能。ChanTestは先月の終わりに、このcGMPグレードのバイオアッセイに関する初の監督当局による検査を通過した。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120817/CL58977LOGO

2000年にChanTestは、米食品医薬品局(FDA)医薬品安全性試験実施基準(GLP)に従って、非臨床試験(21CFR Part58)のためのhERGチャンネルに関連する分析評価を開始した。今回のcGMP適応によって、ChanTestは製薬企業やバイオテクノロジー企業に対して、他に類のないサービスを提供できることになった。ChanTestは、分析試験が困難なイオンチャンネルやGPCR、トランスポーターに作用する天然由来物や医薬品の販売に向けたcGMP対応バイオアッセイを提供する。

ChanTestの最高経営責任者(CEO)であるアーサー“バズ”ブラウン医学博士は以下のように述べている。「ChanTestが唯一のcGMP対応試験サービスを医薬関連業界へ提供できることについて大変わくわくしている。ChanTestが製薬企業やバイオテック企業とパートナーシップを締結し、創薬過程の初期から最後まで、安全な薬剤を市場に提供する手助けができる」

ChanTestは、重要なトランスポーターターゲットの評価のため、Ussing Chamberアッセイを用いたスクリーニングサービスを提供する。Ussing Chamberアッセイでは、Voltage Clamp状況下で上皮細胞を投下する電流測定を行うことができる。

(注)Conformance:

United States Pharmacopeia (USP)

USP Chapter 1032; Design and development of biological assays

USP Chapter 1033; Biological assay validation

cGMP Compliance:

21 CFR Part 210 and 21CFR Part 211

▽ChanTestについて-イオンチャンネル界のエキスパート

ChanTestの使命は、イオンチャンネルとGPCR領域における優れた技術を提供することによって、創薬や新薬開発を実現する上で世界中の顧客が抱える需要・問題に応えることである。1998年の創業以来、この受託臨床試験機関(CRO)は世界中の500以上の国際的医薬品・バイオテクノロジー企業のために化合物のテストを行ってきた。また、これら企業と提携して、より優れた、安全な薬品を売り出すまでの過程を加速させるべく努力してきました。チャンテストでは、統合的なイオンチャンネルおよびGPCRスクリーニング試験(GLPと非GLP)や細胞を提供しており、利用可能なイオンチャンネル発現細胞株や前臨床心臓安全性評価サービス(pre-clinical cardiac risk assessment service)のラインアップは、今日市場で利用できる中で最も包括的である。非臨床の心臓安全性の分野でChanTestが大きな影響力を持ち、また質を維持すべく妥協のない努力を続けていることから、過去3年間の独自調査(HTStec)においてChanTestは、イオン・チャンネル・スクリーニングにおける「最も信頼するに値し、最も対費用効果の得られるプロバイダー」とされている。ChanTestの本社は、米国オハイオ州クリーブランドにある。

詳細についてはEmailアドレスのinfo@chantest.comまで連絡を。

▽問い合わせ先

Chris Mathes, Ph.D.

Chief Commercial Officer

ChanTest Corporation

732-586-1073

cmathes@chantest.com

ソース:ChanTest

ChanTest goes beyond GLP to become first ion channel and GPCR CRO with cGMP testing capability

PR51800

CLEVELAND, Jan. 15, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    ChanTest announced today the capability to perform a bioassay in

conformance with current Good Manufacturing Practices (cGMP)*.  The in vitro

assay involves higher throughput Ussing chamber experiments for measuring

inhibition of CFTR (Cystic Fibrosis Transmembrane Conductance Regulator)

chloride ion channel short circuit current, a measure of chloride ion

secretion.  ChanTest passed its first regulatory inspection related to this

cGMP bioassay at the end of last month.  

    (Logo:  http://photos.prnewswire.com/prnh/20120817/CL58977LOGO)

    In 2000, ChanTest began initiating assays related to hERG potassium

channels in accordance with FDA Good Laboratory Practice (GLP) for Nonclinical

Laboratory Studies (21 CFR Part 58).  The new cGMP testing capability allows

ChanTest to offer a unique service to the pharmaceutical and biotech industry.  

ChanTest will offer cGMP bioassays for release of natural products (i.e.,

botanicals) and any drug working via ion channels, GPCRs or transporter targets

for which analytical testing is not possible.

    Arthur "Buzz" Brown, M.D., Ph.D., CEO at ChanTest said, "ChanTest is

extremely excited to bring this unique cGMP testing service to the pharma

community.  This means that we can now partner with pharma and biotech

companies to bring safe medicines to market from the beginning to the very end

of the drug development process."  

    ChanTest offers screening service with the Ussing assay for important

transporters targets.  Ussing experiments involve measuring electrical currents

across epithelial cells under voltage clamp conditions.  

  *Conformance:

  United States Pharmacopeia (USP)

  USP Chapter 1032; Design and development of biological assays

  USP Chapter 1033; Biological assay validation

  cGMP Compliance:

  21 CFR Part 210 and 21CFR Part 211

    About ChanTest - The Ion Channel Expert

    ChanTest's mission is to serve the drug discovery and development needs of

customers worldwide with high-value solutions for ion channel and GPCR biology.

Since its inception in 1998, the CRO has tested compounds for more than 500

global pharmaceutical and biotechnology companies and partners with them to

speed the drug development process for the release of better, safer drugs.

ChanTest offers integrated ion channel and GPCR services (GLP and non-GLP) and

reagents; the company's library of validated ion channel cell lines and

nonclinical cardiac risk assessment service portfolio is the most comprehensive

commercially available today. Because of ChanTest's seminal role in the

nonclinical cardiac safety field, along with the company's uncompromising

commitment to quality, ChanTest has been named the "most trusted and most used

fee-for-service provider" for ion channel screening in an independent survey

for the past several years. ChanTest is based in Cleveland, Ohio. For more

information, e-mail info@chantest.com.

    Chris Mathes, Ph.D.

    Chief Commercial Officer

    ChanTest Corporation

    +1-732-586-1073

    cmathes@chantest.com

    SOURCE: ChanTest

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中