仙台フィル ロシア公演の曲目決定! 音楽を通じて復興に向かう姿を伝える

国際交流基金

2013/1/29 15:37

2013年1月24日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

仙台フィル ロシアで感謝の公演

「音楽の力」による復興活動も複合的に紹介

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、3月27日~30日に、仙台フィルハーモニー管弦楽団のロシア公演を実施します。

このたびのロシア公演は、東日本大震災直後から各地でチャリティコンサートを実施してきた仙台フィルの公演を通して、これまで世界各地から寄せられた温かい支援に対する日本からの感謝の気持ちを表し、「音楽」によって力を得ながら復興に向かう被災地の姿を海外に伝えていこうとするものです。

曲目は震災で亡くなられた方々への追悼の意を表す武満徹作曲「弦楽のためのレクイエム」や、震災直後に同楽団が活動を再開した際に演奏された曲であり、日本人にも馴染みの深いドヴォルザーク作曲「新世界より」、フランス音楽の香り高き傑作ドビュッシー「夜想曲」「海」などから構成。指揮は2006年から仙台フィルの常任指揮者として活躍しているパスカル・ヴェロがつとめ、ソリストの神尾真由子はチャイコフスキー国際コンクールで優勝した時と同じチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で登場します。

また、復興コンサートの映像上映、写真パネル展示、ミニ・コンサートやレクチャーなど復興イベントを実施します。

指揮     │パスカル・ヴェロ(仙台フィルハーモニー管弦楽団 常任指揮者)

ヴァイオリン │神尾真由子(第13回チャイコフスキー国際コンクール ヴァイオリン部門優勝)

管弦楽    │仙台フィルハーモニー管弦楽団

出演者プロフィールはこちら http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1210/10-03.html

■公演日程・会場

2013年3月27日 (水)  フィルハーモニー交響楽団大ホール(サンクトペテルブルク)

2013年3月29日 (金)  労働組合会館(House of Unions)円柱ホール(モスクワ)

2013年3月30日 (土)  モスクワ国立音楽院大ホール(モスクワ)

■ プログラム

プログラムA(3月27日、30日)

 武満徹:弦楽のためのレクイエム

 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35

 ドビュッシー:夜想曲

 ドビュッシー:海―管弦楽のための3つの交響的素描

プログラムB(3月29日)

 エルガー:「エニグマ変奏曲」より“ニムロッド”

 ビゼー:歌劇「カルメン」より

 外山雄三:管弦楽のためのラプソディ

 ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」

詳細はウェブサイトをご覧ください http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1210/10-03.html

主催 : 国際交流基金

共催 : 在ロシア日本国大使館、在サンクトペテルブルク日本国総領事館

制作 : 公益財団法人 仙台フィルハーモニー管弦楽団

制作協力 : 一般財団法人 音楽の力による復興センター・東北

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 独立行政法人国際交流基金
  • 所在地 東京都
  • 業種 各種団体
  • URL http://www.jpf.go.jp/

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース