◎エアチャイナが5月7日から北京-ジュネーブ直行便を運行

中国国際航空(エアチャイナ)

2013/1/25 13:45

◎エアチャイナが5月7日から北京-ジュネーブ直行便を運行

AsiaNet 51932
共同JBN0083(2013.1.25)

【北京2013年1月24日PRN=共同JBN】中国国際航空(Air China Limited、以後エアチャイナ)はこのほど、北京-ジュネーブ間を結ぶエアバスA330-200機使用の直行便を5月7日から週4便運航を開始すると発表した。これにより、北京-ジュネーブをノンストップで運行する航空会社はエアチャイナだけとなる。さらに北京-ジュネーブ路線は東アジアからジュネーブを結ぶ最初の路線となり、東京、ソウル、香港、バンコク、マニラを往復する旅行者にとって路線の選択肢が増えることにもなる。直行便の運航開始によって、北京とジュネーブとの都市レベルに加え、中国と東南アジアおよびスイスをはじめとする欧州地域の国レベルでの意思伝達と情報交流が促進されることになる。

 (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

ジュネーブ空港のロバート・デロン最高経営責任者(CEO)は「ジュネーブ空港は中国人訪問者が増えることを喜んで歓迎するとともに、中国人客が本当に素晴らしい空港体験を満喫できるようにはからうつもりだ」と語った。

エアチャイナの蔡劍江社長は「新たな北京-ジュネーブ便はエアチャイナが拡大する欧州へのサービス網にとって価値ある追加路線である」と語った。

北京-ジュネーブ便のフライトナンバーはCA861/862となる。週4便は北京を13時30分に出発し、ジュネーブに同じ日の18時25分に到着する。帰路はジュネーブを20時25分に離陸、北京首都国際空港に翌日の12時55分に到着する予定。このフライトスケジュールによって、乗客はジュネーブでの搭乗や乗り継ぎだけでなく、北京で最適な乗り継ぎ便を利用することも容易になる。

▽中国国際航空(Air China)について
エアチャイナは中国唯一のナショナルフラッグ・キャリアーで、中国国家指導者が諸外国を訪問する際の特別運航サービスを提供する。エアチャイナはスターアライアンスのメンバーである。エアチャイナは432機(エアチャイナが過半数の株式を所有する航空会社の保有機も含む)のエアバス、ボーイング機の航空機フリートを保有し、30カ国・地域に280ルートを運航している。エアチャイナはスターアライアンスが誇る強力な路線網のおかげで、193カ国の1356カ所に乗客を運んでいる。エアチャイナはビジネス客に人気が高い。エアチャイナのマイレージプログラムであるフェニックスマイル(PhoenixMiles)のメンバーは2500万人を超えている。詳細についてはエアチャイナ公式ウェブサイトhttp://www.airchina.com/を参照。

ソース:Air China


Air China to Start Beijing-Geneva Nonstop Service and Expand its Presence in Europe

PR51932

BEIJING, Jan. 24, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

Air China Limited (hereinafter referred to as "Air China") recently announced
that starting May 7, 2013 it will offer nonstop four-times weekly Beijing -
Geneva service using the Airbus A330-200. That will make Air China the only
carrier offering nonstop rotations between Beijing and Geneva. And the Beijing
- Geneva route will become East Asia's first direct route to Geneva, offering
an additional flight option to travelers to and from Tokyo, Seoul, Hong Kong,
Bangkok and Manila. It will also facilitate the communication and exchanges
between Beijing and Geneva, between China and Southeast Asian countries and
Switzerland and other European regions.

(Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg)

Mr Robert Deillon, CEO of Geneva Airport, said, "Geneva Airport is delighted to
welcome an increasing number of Chinese visitors and will offer these customers
a really dedicated airport experience."

Air China President Cai Jianjiang said, "The new Beijing-Geneva service is a
worthy addition to Air China's extensive network serving Europe."

The flight numbers of the Beijing - Geneva service will be CA861/862. The
four-times weekly flight leaves Beijing at 13:30 and arrives at 18:25 in Geneva
on the same day. The return flight is expected to take off from Geneva at 20:25
and arrive at the Beijing Capital International Airport at 12:55 the next day.
Such flight schedules are meant to make it easier for passengers to take
flights or make transfers in Geneva as well as to access optimal connections in
Beijing.

About Air China:

China's only national flag carrier, Air China also offers special flights to
state leaders on their official visit to foreign countries. It is a Star
Alliance member carrier. It owns a fleet of 432 passenger aircraft and
freighters of mainly Boeing and Airbus families (including those of the
carriers which Air China has a majority stake in) and operates more than 280
routes serving 30 countries and regions. Banking on the strong route network of
the Star Alliance, Air China can take passengers to 1,356 destinations in 193
countries. Air China appeals very much to business travelers. The membership of
PhoenixMiles, Air China's customer loyalty program, has exceeded 25 million.
For more, head to Air China's official website http://www.airchina.com/.


SOURCE  Air China



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中