◎決定的な措置を取れば年間150万人のがん死予防可能  UICCとIARC発表

国際対がん連合 / 国際がん研究機関

2013/2/4 15:30

◎決定的な措置を取れば年間150万人のがん死予防可能  UICCとIARC発表

AsiaNet 52020

共同JBN 0118 (2013.2.4)

【ジュネーブ(スイス)2013年2月4日】国際対がん連合(Union for International Cancer Control、UICC)と国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)は4日、非感染性疾患(NCD)による早すぎる死を2025年までに25%減らすという世界保健機関(WHO)の「25年、25%」目標を達成するために決定的な措置を取れば、がんのために失われる年間150万人の命を救うことができると発表した。(ⅰ)

現在、世界で760万人が毎年がんのために死亡しており、このうち400万人は年齢的に早すぎる死(30歳から69歳)である。このため、この病気についての理解を高めるための緊急行動を起こし、がんに対処する実際的な戦略を作成しなければ、2025年までにがんによる早すぎる死は年間600万人という危機的な数になると予測されている。

IARCのクリストファー・ワイルド理事は「世界で年間推定150万人の命が予防できるのにがんによって失われていることはWHOの『25年、25%』を実行するわれわれの努力を刺激するのに役立つに違いない。いまや、政策の前進推進を助け、包括的な国家対がん計画の実行を力づける世界的なコミットが必要である。これに成功するためにわれわれは不十分なリソースでがんのまん延と取り組んでいる低中所得国をサポートする集団責任を負っている」と語っている。

毎年150万人の人命喪失は、2025年までに起こる推定600万人の早すぎるがん死の25%にあたり、600万人という数字自体は現在の人数、年齢による人口予測に基づいている。(1)

世界対がんデー(World Cancer Day)にあたりUICCとそのメンバーは、一般国民と政府がともに1つの声でがんに関する有害な神話と誤解を追い払うために声を上げるよう呼び掛ける。「がん-あなたは知っていましたか」というテーマでUICC World Cancer Day Appを通じてがんの「4大神話」とこれに対応する「真実」に光を当てるよう個人とコミュニティーを励ます。このAppをhttps://apps.facebook.com/world_cancer_dayでダウンロードして、がんの受け入れがたい負担を減らすことに参加を。

1)神話:がんは健康問題にすぎない

真実:がんは単なる健康問題ではない。広い範囲に及ぶ社会、経済、開発、人権面の意味を持つ。

2)神話:がんは金持ち、高齢者、先進国の病気である。

真実:がんは世界的な疫病であり、すべての年齢、社会経済グループがかかり、途上国が不釣り合いな重荷を負っている。

3)神話:がんは死の判決である。

真実:かつては死の判決と考えられていた多くのがんがいまでは治癒可能であり、ほかの多くのひとびとにとってがんは効果的に治療できる。

4)神話:がんは私の運命である。

正しい戦略によればがんの最低30%は現在の知識に基づいて予防できる。

UICCのケアリー・アダムス最高経営責任者(CEO)は「この世界対がんデーでUICCとそのメンバー、パートナーは個人から政府まですべての人に対しがんについての有害な神話に反対する立場を取るよう呼び掛ける。生命に関わるこの病気を真に理解することによって、各国政府は早すぎる死を減らし、WHOの『25年、25%』目標に到達するための適切な戦略を作成することができる。本日IARCとUICCが発表した数字はこの目標を達成することの基本的な人間的価値を明らかにしている。毎年がんによる死から救われる150万人という数はフィラデルフィア、オークランド、バルセロナ、マプトの総人口に等しい」と述べている。

対がん運動に参加し、行動するための詳しい情報はvisit: worldcancerday.orgへ。

▽世界対がんデー(World Cancer Day)について

世界対がんデーは毎年2月4日に、UICCとそのメンバー、パートナーの単独イニシアチブの下で行われ、世界的ながんのまん延と戦うために世界全体が団結できる。

Twitterはhttp://twitter.com/UICC、#WorldCancerDay、ないしはFacebookはhttp://www.facebook.com/worldcancerdayで最新イベントをフォローできる。

▽UICCについて

UICCは世界的にがんの予防、管理に専心している有力な国際的非政府組織(NGO)である。http://www.uicc.org

(1)これは全体の死亡数の25%減少が主要なNCD(がん、心臓疾患、慢性肺疾患、糖尿病)で同等に広がることを想定していることも強調しなければならない。例えば、心臓血管疾患でがんより多くの進歩がありうるので、これは「25年、25%」目標の達成に実際には必要ない。

(i.)GLOBOCAN - online resource. IARC. 2013.

ソース:Union for International Cancer Control (UICC) & International Agency for Research on Cancer (IARC)

1.5 Million Premature Cancer Deaths Could be Prevented per Year if Targets Set to Reduce NCDs are Met by 2025

PR52020

GENEVA, Switzerland, Feb. 4 /PRN=KYODO JBN/ --

         On World Cancer Day, UICC and International Agency for Research on

             Cancer (IARC) reveal real-life impact of achieving goal

    The Union for International Cancer Control (UICC) and the International

Agency for Research on Cancer (IARC) today announced that 1.5 million lives

which would be lost to cancer, could be saved per year if decisive measures are

taken to achieve the World Health Organization's (WHO) '25 by 25' target; to

reduce premature deaths due to non-communicable diseases (NCDs) by 25% by

2025.[i]

    Currently, 7.6 million people die from cancer worldwide every year, out of

which, 4 million people die prematurely (aged 30 to 69 years).[i] So unless

urgent action is taken to raise awareness about the disease and to develop

practical strategies to address cancer, by 2025, this is projected to increase

to an alarming 6 million premature cancer deaths per year.

    "The estimate of 1.5 million lives lost per year to cancer that could be

prevented must serve to galvanise our efforts in implementing the World Health

Organization's (WHO) '25 by 25' target," said Dr Christopher Wild, Director of

IARC. "There is now a need for a global commitment to help drive advancements

in policy and encourage implementation of comprehensive National Cancer Control

Plans. If we are to succeed in this, we have a collective responsibility to

support low- and middle-income countries who are tackling a cancer epidemic

with insufficient resources."

    The 1.5 million lives lost per year represent 25% of the estimated 6

million premature cancer deaths that will occur by 2025, and the 6 million

figure is itself based on population projections of current numbers and

aging.[1]

    On World Cancer Day, UICC and its members are urging the public and

governments alike to speak out with one voice to dispel damaging myths and

misconceptions on cancer. Under the theme "Cancer - Did you know?" individuals

and communities are encouraged to shed light on four key cancer 'myths' and the

corresponding 'truth' via the UICC World Cancer Day App. Download the App and

play your part in reducing the unacceptable burden of cancer

https://apps.facebook.com/world_cancer_day

    1) Myth: Cancer is just a health issue

       - Truth: Cancer is not just a health issue. It has wide reaching

         social, economic, development and human rights implications  

    2) Myth: Cancer is a disease of the wealthy, elderly and developed

       countries

       - Truth: Cancer is a global epidemic, affecting all ages and

         socio-economic groups, with developing countries bearing a

         disproportionate burden

    3) Myth: Cancer is a Death sentence

       - Truth: many cancers that were once considered a death sentence can

         now be cured and for many more people their cancer can now be treated

         effectively

    4) Myth: Cancer is my fate

       - With the right strategies, at least 30% of cancer cases can be

         prevented based on current knowledge

    Cary Adams, CEO UICC said, "This World Cancer Day UICC, its members and

partners urge everyone from individuals to governments to take a stand against

damaging myths on cancer. By truly understanding this deadly disease,

governments can develop appropriate strategies to reduce premature deaths and

reach the WHO '25 by 25' goal. The figures today announced by IARC and UICC

reveal the fundamental human value of achieving this target. 1.5 million people

saved from an early death due to cancer is equal to the entire populations of

Philadelphia, Auckland, Barcelona or Maputo each and every year."

    For more information on how you can get involved and take action against

cancer, visit: worldcancerday.org.

    About World Cancer Day

    World Cancer Day takes place every year on 4 February and is the single

initiative under which the UICC, its members, partners and the entire world can

unite together in the fight against the global cancer epidemic.

    Follow events on twitter - http://twitter.com/UICC, #WorldCancerDay, or

Facebook - http://www.facebook.com/worldcancerday

    About UICC

    UICC is the leading international non-governmental organisation dedicated

to the prevention and control of cancer worldwide. http://www.uicc.org

       1. It should also be stressed that this assumes the 25% reduction in

overall mortality is spread in an even proportion across the main NCDs (cancer,

cardiovascular disease, chronic lung diseases and diabetes). This is actually

not necessary for the '25 by 25' target to be met, as there could be more

progress on cardiovascular disease than on cancer, for example.

    i. GLOBOCAN - online resource. IARC. 2013.

     SOURCE: Union for International Cancer Control (UICC) & International

             Agency for Research on Cancer (IARC)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中