◎Corvil社が取引モニターに高性能Enterprise Monitoring System発表

Corvil

2013/3/11 10:40

◎Corvil社が取引モニターに高性能Enterprise Monitoring System発表

AsiaNet 52346

共同JBN 0254(2013.3.11)

【ニューヨーク、ロンドン2013年3月11日PRN=共同JBN】ハイパフォーマンス金融業界へのモニタリングシステム・プロバイダーであるCorvil社は11日、新しいCorvil Enterprise Monitoring Systemが一般利用できるようになったと発表した。新しいソリューションは、その旗艦製品CorvilNetプラットフォームの基礎になるもので、高速データ捕捉、分散型取引アプリケーション・ネットワーク・モニタリング、リアルタイムのビジネス分析という同様に強力な組み合わせを提供する。新しい企業向けアプリケーション取引モニタリングは現在、広範囲の企業IT活動をサポートすることも含まれる。

 (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120605/537402

企業IT部門はデータ転送速度の伸び、アプリケーションのスピード増、ビジネス戦略と成長目標支援に対する高まる需要などますます多くの問題に直面している。これに応じてIT組織は強く求められている電子取引世界の中で、ビジネスパフォーマンスと経済性を転換するために使われてきた技術の最新のものを採用している。

Corvilのドナル・オサリバン副社長(製品管理担当)は「企業アプリケーション環境は、電子取引世界の中でより高速のネットワーク、より多くのデータ、より低いレイテンシーに対応するものをますます求め始めている。そしてITパフォーマンスとビジネス成功結果との間の結びつきは、まさに強くなっている。われわれが2013年に、これをITシステム統合への期待を抱き合わせるならば、Corvilが金融市場に提供することでこれほど成功していることを実証したタイプの統合モニタリングシステムに対して、強い需要があっても極めて当然なことである」と語った。

▽Enterprise Monitoring Systemの主要な利点

 *可視性:Corvilは企業ITが低レイテンシー・アプリケーションとハイパフォーマンス・ネットワークをモニターし、一つのプラットフォームでアプリケーション、取引、ネットワークパフォーマンス間全体の可視性をもたらす方法を変えた。

 *高速データ:Corvilは「ワイヤー上にある」すべてのITデータを補足し、さまざまな段階でデータの変換、構造化、分析を利用して、これをビジネスパフォーマンスにつながる貴重な分析に変える。例えば新しい高性能WANあるいはデータセンターなどに。

 *企業:Corvilのリアルタイムで深い分析能力と知見は、ITシステムおよび企業向けサービスを成功裏に提供するため必要な専門知識を持ったITを供給する。

ガートナー社の2013年CIO Agendaによると、最高情報責任者(CIO)はトップのビジネス戦略として企業の成長をランク付けしている。企業ITは今やビジネス成果を支援し、成長を実現する問題に挑戦されている。

オサリバン副社長は「企業は2013年に成長を遂げなくてはならない。ITとビジネスのしっかりした調整を実現することは挑戦的問題ではあるが、世界の企業にとって成長をもたらすカギとなる。Corvilの新しいEnterprise Monitoring Solutionは、そのような成長を実現するため新しいアプリケーション、テクノロジー、データを活用することを期待しながら、ITと企業間のより大きなコラボレーションと理解を育てる形に設計されている」と付け加えた。

この新しいソリューションはすでに、データセンターやWAN環境の中で、いくつかの企業クライアントが展開するなど大きな反応が出ている。Enterprise Monitoring System は即日入手できる。詳しい情報はCorvilに直接問い合わせるか、http://www.corvil.comを参照。

▽Corvilについて

Corvilはハイパフォーマンス金融業界向けITモニタリングシステム・プロバイダーである。同社は2000年に創設され、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、東京、ダブリンで営業している。顧客は、取引アプリケーションおよびネットワークのパフォーマンスを管理し、リアルタイムのビジネス分析と洞察のためネットワーク上で流れるデータを補足するためCorvilを利用する。

Corvilの詳しい情報はhttp://www.corvil.comを参照。

▽報道関係者の問い合わせは以下まで。

Collette Bird

E-mail: collette.bird@corvil.com

T: +353-1-859-1000

ソース:Corvil

Corvil Extends Solution for High Performance Enterprise Monitoring

PR52346

NEW YORK and LONDON, Mar. 11/PRN=KYODO JBN/ --

     Corvil Offers Single Monitoring Platform for All Enterprise IT Activities

    Corvil, a provider of monitoring systems for the high-performance financial

industry, today announced the general availability of its new Corvil Enterprise

Monitoring System. The new solution is based on its flagship CorvilNet platform

and delivers the same powerful combination of high speed data capture,

distributed transaction-application-network monitoring, and real-time business

analysis. New enterprise application transaction monitoring and an

enterprise-reporting module are now included to support a broad range

enterprise IT activities.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120605/537402 )

    Enterprise IT departments are facing increasing challenges, with data rates

growing, application speed increasing, and ever growing demands to support

business strategy and growth targets. In response, IT organisations are

adopting the latest technologies that have been used in the intensely demanding

world of electronic trading to transform the performance and economics of the

business.

    Donal O'Sullivan, VP of Product Management at Corvil says, "The enterprise

application environment is starting to look increasingly like what we deal with

in the world of electronic trading - faster networks, more data, lower latency.

And the link between IT performance and successful business outcomes is just as

strong. If you couple this with the desire in 2013 to consolidate IT systems,

it's quite natural that there is a strong demand for the type of integrated

monitoring system that Corvil provides and has proven so successful in

financial markets."

    Key Benefits of the Enterprise Monitoring System:

    Visibility: Corvil has transformed how enterprise IT can monitor and

deliver low latency applications and high performance networks, with integrated

visibility between applications, transactions, and network performance, on one

platform.

    High Velocity Data: Corvil captures all IT data "on the wire" and uses

various stages of data transformation, structuring and analysis to turn this

into valuable analytics that fuel business performance; for example in the

rollout of a new high performance WAN, or data center.

    Expertise: Corvil's real-time, deep analysis capabilities and insight

provide IT with the expertise necessary to successfully deliver IT systems and

services to the business.

    In Gartner's 2013 CIO Agenda, CIOs ranked enterprise growth as their top

business strategy. Enterprise IT is now being challenged to help the business

perform and achieve growth.

    "In 2013 businesses must grow. Achieving a strong alignment of IT and

business is a challenge but key to delivering growth for global enterprises.

Corvil's new Enterprise Monitoring Solution is architected in a manner that

fosters greater collaboration and understanding between IT and the business as

they look to leverage new applications, technologies and data to achieve this",

added O'Sullivan.

    The new solution has already seen a strong response with several enterprise

client deployments in data center and WAN environments. The Enterprise

Monitoring System is available immediately. For further information contact

Corvil or log onto http://www.corvil.com

    About Corvil

    Corvil is a provider of IT monitoring systems for the high performance

financial industry. The company was founded in 2000 and operates from New York,

London, Singapore, Tokyo and Dublin. Customers use Corvil to manage the

performance of their applications and networks and to capture the data flowing

on their networks for real-time business analysis and insight. For more

information on Corvil please visit http://www.corvil.com.

    PRESS CONTACT

    Collette Bird

    E-mail: collette.bird@corvil.com

    T: +353-1-859-1000

Source: Corvil

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中