◎ジグビー・アライアンスがIPv6ベース無線メッシュネットワーク向けのZigBee IPを公開

ジグビー・アライアンス

2013/3/28 10:50

◎ジグビー・アライアンスがIPv6ベース無線メッシュネットワーク向けのZigBee IPを公開

AsiaNet 52519

共同JBN 0323 (2013.3.28)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2013年3月28日PRN=共同JBN】低電力消費、低コストの機器にエンドツーエンドのIPv6制御をもたらす新たな仕様。

エネルギー管理、商用、家庭用アプリケーション向け無線ソリューション規格を策定するグローバルな標準化団体であるジグビー・アライアンス(ZigBee、登録商標)は27日、ZigBee IPの3番目の仕様が完成し、一般公開すると発表した。ZigBee IPは、初のIPv6ベースの完全な無線メッシュネットワーク・ソリューションであり、低電力消費で低コストの機器を制御できるシームレスなインターネット接続を提供する。他の規格にはないZigBee IPの能力に関する無料のウェビナーが、業界の専門家を招いて4月3日に開催され、一般公開される。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20091005/SF86596LOGO

ZigBee IPの仕様はIEEE 802.15.4規格を拡充し、ネットワークおよびセキュリティー・レイヤーとアプリケーション・フレームワークを付加した。ZigBee IPはエンドツーエンドIPv6ネットワーキングを備えたスケーラブルなアーキテクチャーを提供し、中間ゲートウェイを設置しなくてもインターネット・オブ・シングス(Internet of Things)の基盤を構築できる。ZigBee IPは、6LoWPAN、IPv6、PANA、RPL、TCP、TLS、UDPなどの標準的なインターネット・プロトコルに基づく費用効率とエネルギー効率に優れた無線メッシュネットワークを提供する。ZigBee IPはまた、TLS1.2プロトコルを使用する実証済みのエンドツーエンド・セキュリティー、AES-128-CCMアルゴリズムに基づくリンク・レイヤー・フレーム・セキュリティーに加え、標準X.509 v3認証とECC-256暗号スイートを使用する公開鍵インフラストラクチャーのサポート機能なども備えている。

テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments)のワイヤレス・コネクティビティー・ソリューションのマーケティングマネジャーで、ジグビー・アライアンスの常務理事を努めるマーク・グレージャー氏は「ZigBee IPはIPベースの制御拡大に大きな進展をもたらす。さまざまなスマートグリッドIPv6ベースのプロトコルに接続する低電力で低コストの無線メッシュ・デバイスを活用することで、インターネット・オブ・シングスを一層拡大できる」と語った。

ZigBee IPは、自立性と自己回復力を兼ね備えたメッシュネットワーキングであるZigBeeの伝統を引き継ぎ、世界中で利用できる2.4GHzの周波数と、一部の国で利用可能な868/915/920 MHzの周波数のどちらでも堅ろうな通信を実現する。機能および利点の一覧は、ウェブサイトwww.ZigBee.org/IPを参照。

ジグビー・アライアンスのトービン・リチャードソン会長兼最高経営責任者は「ZigBee IPは、製品メーカーが自社製品にメッシュネットワーキング機能を付加できる新たなオプションを提供する。ZigBee IPは、スマートグリッド向けのSmart Energy Profile 2(SEP 2)要件を満たすように専用設計されているため、Smart Energy Profile 2が年内に完成した際にはZigBee IPに基づくZigBee認定製品が相次いで登場することを期待している」と語った。

Exegin、シリコン・ラボラトリーズ(Silicon Labs)、テキサス・インスツルメンツは、ZigBee IP仕様を使用する将来のZigBee認証製品すべてをテストするゴールデン・ユニットを提供した。このテスト・プロセスはZigBee IP仕様に準拠することを認定するもので、メーカーは着実な通信が保証される。Grid2HomeおよびSensinodeは、ZigBee準拠プラットフォームのステータスを獲得した。テスト・サービスはNTS、TRaC、テュフ・ラインランド(TUV Rheinland)の提供による。

▽無料ウェビナー

ジグビー・アライアンスは2013年4月3日、無料の一般公開ウェビナーを開催する。「Introducing the new ZigBee IP specification for Direct Internet Connections(インターネットの直接接続を実現する新しいZigBee IP仕様の紹介)」をテーマに、米太平洋時間午前8時から始まり、業界から講演者が参加する。スペースが限られているため、ウェブサイト(https://www4.gotomeeting.com/register/417041311)から事前登録のこと。

▽優れたコントロールを実現するZigBeeの無線通信管理技術

ZigBeeは環境に優しいグローバルな無線規格を提供しており、それによって最も広範囲の製品がインテリジェントに結ばれ、利用者による優れたコントロールを実現している。ジグビー・アライアンスはオープンな非営利団体であり、約400社の加盟企業が革新的で信頼性が高く、使いやすいZigBee規格の開発に携わっている。ジグビー・アライアンスは、消費者、商用、産業の各分野に対する最先端の無線ネットワークによるセンシングおよびコントロール規格であるZigBeeが世界中で採用されるように努めている。詳しい情報はウェブサイト(www.ZigBee.org)を参照。

ソース:ZigBee Alliance

▽問い合わせ先

Kevin Schader

(ジグビー・アライアンス)

kschader@inventures.com

+1-925-275-6672

Traci Renner

(GolinHarris、ジグビー・アライアンス担当)

trenner@golinharris.com

+1-714-918-8226

ZigBee IP: The First Open Standard for IPv6-Based Wireless Mesh Networks

PR52519

SAN RAMON, Calif., Mar. 28, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

        New specification brings end-to-end IPv6 control to low-power,

                             low-cost devices

    The ZigBee(R) Alliance, a global ecosystem of companies creating wireless

solutions for use in energy management, commercial and consumer applications,

today announced the completion and public availability of its third

specification, ZigBee IP. ZigBee IP is the first open standard for an

IPv6-based full wireless mesh networking solution and provides seamless

Internet connections to control low-power, low-cost devices. A free public

webinar hosted by industry experts will discuss the unique capabilities of

ZigBee IP on April 3.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20091005/SF86596LOGO)

    ZigBee IP specification enriches the IEEE 802.15.4 standard by adding

network and security layers and an application framework. ZigBee IP offers a

scalable architecture with end-to-end IPv6 networking, laying the foundation

for an Internet of Things without the need for intermediate gateways. It offers

cost-effective and energy-efficient wireless mesh network based on standard

Internet protocols, such as 6LoWPAN, IPv6, PANA, RPL, TCP, TLS and UDP. It also

features proven, end-to-end security using TLS1.2 protocol, link layer frame

security based on AES-128-CCM algorithm and support for public key

infrastructure using standard X.509 v3 certificates and ECC-256 cipher suite.

    "ZigBee IP offers a significant step forward in the expansion of IP-based

control," said Mark Grazier, marketing manager and ZigBee board member,

Wireless Connectivity Solutions, Texas Instruments Incorporated (TI). "Having

low-power, low-cost wireless mesh devices that connect to a variety of Smart

Grid IPv6-based protocols will further expand the Internet of Things."

    ZigBee IP continues the ZigBee tradition of self-organizing and

self-healing mesh networking to enable robust communications over the globally

available 2.4 GHz frequency as well as over the 868/915/920 MHz frequencies in

select countries.  For a complete list of features and benefits, visit

www.ZigBee.org/IP.

    "ZigBee IP provides another option for product manufacturers to add mesh

networking to their products," said Tobin Richardson, chairman and CEO of the

ZigBee Alliance. "We expect to see a wave of ZigBee Certified products based on

ZigBee IP when Smart Energy Profile 2 is completed later this year since ZigBee

IP was designed specifically to meet SEP2 requirements for the Smart Grid."

    Exegin, Silicon Labs and Texas Instruments provided Golden Units against

which all future ZigBee Certified products using the ZigBee IP specification

will be tested. This testing process ensures compliance with the specification

so that manufacturers can be assured of consistent communications. Grid2Home

and Sensinode achieved ZigBee Compliant platform status. Testing services were

provided by NTS, TRaC and TUV Rheinland.

    Free Webinar

    The Alliance will host a free public webinar on April 3, 2013.  

"Introducing the new ZigBee IP specification for Direct Internet Connections"

will be held at 8:00 am Pacific Time and feature speakers from the industry.

Space is limited and advance registration is available at:

https://www4.gotomeeting.com/register/417041311.

    ZigBee: Control your world

    ZigBee offers green and global wireless standards connecting the widest

range of devices to work together intelligently and help you control your

world. The ZigBee Alliance is an open, non- profit association of approximately

400 members driving development of innovative, reliable and easy-to-use ZigBee

standards. The Alliance promotes worldwide adoption of ZigBee as the leading

wirelessly networked, sensing and control standard for use in consumer,

commercial and industrial areas. For more information, visit: www.ZigBee.org.

     SOURCE: ZigBee Alliance

    CONTACT: Kevin Schader

             ZigBee Alliance

             kschader@inventures.com

             +1-925-275-6672; or

             Traci Renner

             GolinHarris for ZigBee Alliance

             trenner@golinharris.com

             +1-714-918-8226

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中