◎北京-NY路線を11便に増便 エアチャイナ

中国国際航空(エアチャイナ)

2013/4/3 14:05

◎北京-NY路線を11便に増便 エアチャイナ

AsiaNet 52616

共同JBN 0364 (2013.4.3)

【北京2013年4月3日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は3月31日から北京-ニューヨーク路線の運航を週7便から11便に増便し、この路線をボーイングB777-300ERで運行する。

胴体に生き生きとした笑顔が描かれたエアチャイナの「スマイリング・チャイナ(Smiling China)」航空機は3月31日午前10時40分、ニューヨークのケネディ国際航空に着陸した。エアチャイナのB777-300ERフリートの航空機であるB-2035は、北京-ニューヨーク間の運航がアップグレードされる新たな取り組みへの前触れである。

 (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

 (Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/04/02/20130402142224198596.html

式典には初飛行の乗客に加え、孫国祥・駐ニューヨーク中国総領事、エアチャイナ北米のゼネラルマネジャーのチー・ジーハン氏、シュエ・ヤーピン駐ニューヨーク中国国家観光局長、JFK国際空港およびニューヨーク・ニュージャージー港湾局のジェフ・パース氏が出席した。

中国と米国を結ぶ最も重要なビジネス路線であるエアチャイナの北京-ニューヨーク路線は3月31日から週7便から週11便に増便された。新しく加わったフライトはCA989/990。同路線で使用されてきた航空機は、ビジネス旅行客に人気があるB777-300ERにアップグレードされた。

中国は2012年、国外観光客の往来が世界で2番目に多い国となったが、米国は中国人旅行客にとって最も人気のある訪問地だった。北京が新たに導入した政策では、米国を含む45カ国の旅行者はビザなしで乗り継ぎ便を待つ間の72時間北京に滞在することができる。エアチャイナは徹底した市場調査とビジネス旅行客の要望を十分に理解したうえで、北京-ニューヨーク路線に月曜日、水曜日、金曜日、日曜日の週4便を新たに追加した。

効率に優れ信頼されるB777-300ERは、エアチャイナが優先的に採用する長距離航空機である。エアチャイナの社史で最高の客室インテリアを誇り、リラックスでき、ストレスがない旅行体験が満喫できる。ファーストおよびビジネス・クラスはライフラット・シートを備え、個人用の電源コンセント、オーディオ・ビデオ・オンディマンド(AVOD)は乗客のエンターテインメントのためにすべてのクラスで利用できる。

エアチャイナは現在、北京とニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、バンクーバーを結ぶ路線を含め北米に4路線を運行している。同社は北米での足掛かりを強化するため、7月11日から北京-ヒューストン間の直行便をスタートする予定である。この路線は北京と米国南部を結ぶ最初のサービスとなる。

ソース:Air China

'Smiling China' Kick-starts Service Upgrade

PR52616

BEIJING, Apr. 3, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    Starting March 31, Air China increased its Beijing-New York service from 7

to 11 times weekly, operating the route with the B777-300ER

    Air China's "Smiling China" aircraft, which sports the livery of smiling

faces, touched down at New York's Kennedy International Airport at 10:40 on

March 31, 2013. The B-2035, one of the aircraft in Air China's B777-300ER

fleet, is the prelude to a new endeavor to upgrade Beijing-New York operations.

    (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg)

    (Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/04/02/20130402142224198596.html)

    The ceremony was attended by the Consul General of the Peoples' Republic of

China in New York, Mr. Sun Guoxiang, General Manager of Air China North

America, Mr. Chi Zhihang, Director of China's National Tourist Office in New

York, Mr. Xue Yaping, and Deputy General Manager of JFK International Airport,

the Port Authority of New York and New Jersey, Mr. Jeff Pearse, as well as the

inaugural flight's passengers.

    Air China's Beijing-New York route - the most important and busiest between

China and the United States - increased from seven to 11 times a week starting

March 31. The newly added flights are CA989/990. The airliner used on the route

was upgraded to B777-300ER, a type popular with business travelers.

    In 2012, China was the world's second largest source market for outbound

tourist traffic, and the United States was the most popular destination for

Chinese travelers. Beijing's new policy also allows travelers from 45

countries, including the United States, to stay in Beijing for 72 hours during

flight transfers without a visa. After in-depth market research and based on

its deep understanding of business travelers' needs, Air China added an

additional four weekly Beijing-New York on Monday, Wednesday, Friday and Sunday.

    Efficient and reliable, the B777-300ER is Air China's preferred long-haul

airliner. It features the best cabin interior in Air China's history,

encouraging a relaxing, stress-free travel experience. First and Business

Classes feature lie-flat seats, and personal power outlets and AVOD are

available in all classes of service for passengers' entertainment.

    Currently, Air China operates four routes to North America including

Beijing to New York, Los Angeles, San Francisco and Vancouver. To further

cement its North American foothold, Air China also plans to start direct

Beijing-Houston flights on July 11, 2013, the first service ever to link

Beijing with the southern region of the United States.

    SOURCE: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中