◎TOEIC試験が急成長

Educational Testing Service

2013/5/7 16:30

◎TOEIC試験が急成長

AsiaNet 52924

共同JBN 0518 (2013.5.7)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2013年5月7日PRN=共同JBN】TOEIC(登録商標)(http://www.ets.org/toeic)プログラムは昨年、約700万回の英語能力検定試験を実施し、従業員用英語能力検定試験のグローバルスタンダードの地歩を固めた。Educational Testing Service(ETS)(http://www.ets.org/)が行うTOEIC 試験は現在150カ国のほぼ1万4000機関が利用している。

英語を話す人々は世界で20億人おり、英語は地域的、文化的、言語的に相異なるバックグラウンドを持つ人々が互いにコミュニケーションを図る際のますます重要な国際語になっている。そのため、世界で働く従業員がどれだけの英語能力を有しているのかを測定する需要が拡大しており、ETSのTOEIC試験はこの需要に対応している。特にTOEICの評価は雇用主が従業員を採用する際に英語能力において最良の候補者を選ぶのに役立っている。

昨年の試験回数は100万近く増加、スコアを利用した機関・団体は約4000増え、TOEICのスコアを利用している機関がある国は30カ国増加した。

ETSグローバル・ディビジョンのデービッド・ハント副社長兼最高業務責任者(COO)は「これはTOEICが従業員向け英語能力のグローバルスタンダードとして認知されていることをあらためて示すものだ」と語っている。

TOEICが高評価なのは、スコアの利用者がいつどこで実施されたテストを受けたかに関係なくスコアを比較することができる利便性があるからである。つまりテストを実施する国が増え、利用者が増えれば増えるほど、スコアの持ち運びができる範囲が広くなる、というわけである。

ハント氏が説明するところによると、TOEICテストは標準化されているので、受験者はどんなバックグラウンドがあっても、どこで試験を受けようともスコアの利用者は公平に比較される。特に、スコアを利用する機関はTOEICのスコアを使ってより多様で能力の高い従業員を獲得でき、人員配置や昇進・昇格について、どの国や地域の出身地に関わらず、情報に基づいた決定を下すことができるようになる。それに加えて、TOEICがより幅広く認知されることによって、受験者は自分のスコアを示して世界中の諸機関でキャリアを積む可能性を広げることができるようになる。

TOEIC試験は従業員個人の英語能力を評価する国際標準であり、採用候補者が実践環境の中でどれだけ英語能力を発揮できるかを測るものである。TOEICスコアを採用時に利用する諸機関はより強力な従業員を確保することを目指しているが、就職活動をしている人々は労働市場における競争に際してTOEICで差を付けようと考えている。さらに、TOEICは受験者の言語能力の4種の側面全体を評価し、受験者の強い部分や弱い部分を指摘するので、採用や人員配置、訓練に関する決定に的確な情報を与えることが可能である。

より詳しい情報は次のサイトを参照。http://www.ets.org/toeic

▽TOEICテストについて

30年以上にわたってTOEIC テストは職場における英語コミュニケーション能力を測るグローバルスタンダードである。TOEICテストの評価分野はTOEICリスニング・リーディング・テスト、TOEIC スピーキング・ライティング・テスト、TOEIC Bridge(商標)テストを含み、150カ国、約1万4000の企業、団体、政府機関が利用している。2012年には世界各地でほぼ700万回のテストを実施、職場における最大で最も幅広い英語検定試験であるとの基盤を固めた。TOEICテストと他のTOEICサービスの詳細に付いては次のサイトを参照。www.ets.org/toeic

▽ETSについて

ETSにおいて、われわれは世界中の人々のための教育において、厳格な調査に基づいた評価を創造しながら、質と公平さを推進している。ETSは個人、教育機関、グローバル団体や政府機関に、教員資格、英語教育、小・中学校、後期中等学校教育、教育調査、分析、政治研究などのカスタマイズされたソリューションを提供している。1947年に非営利団体として発足。ETSは年間5000万回以上のテストを世界180カ国以上の9000会場で開発、実施、採点している。その中にはTOEFL(登録商標)、TOEIC(登録商標)テスト、GRE(登録商標)テスト、およびThe Praxis Series(商標)アセスメントが含まれている。www.ets.org

ソース:Educational Testing Service

▽問い合わせ先

Jason Baran,

+1-609-683-2428,

mediacontacts@ets.org

TOEIC(R) Program Seeing Exceptional Growth

PR52924

PRINCETON, N.J., May 7, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

  TOEIC tests are used more than any other English assessment to measure the

                        workforce's proficiency

The TOEIC(R) (http://www.ets.org/toeic ) Program last year administered

approximately seven million tests setting the global standard for workforce

English-language assessment. Educational Testing Service's (ETS)

(http://www.ets.org/ ) TOEIC tests are today used by nearly 14,000

organizations in 150 countries.

With almost two billion English-language speakers around the world English has

become an increasingly important international language used by people from

different geographic, cultural and linguistic backgrounds to communicate with

each other. As such, the need for assessing English-language proficiency for

the global workforce continues to grow and ETS's TOEIC tests meet this demand.

Specifically, TOEIC assessments help employers identify job candidates with the

best English skills.

Test administrations increased last year by nearly one million, the number of

score users increased by approximately 4,000, and countries in which

institutions accept TOEIC scores increased by 30.

"This is further indication of TOEIC being the most accepted global standard of

English proficiency in the workforce," said David Hunt, ETS Vice President and

COO of ETS's Global division.

TOEIC's popularity further benefits score users and test takers because scores

can be compared regardless of where or when the test is administered; meaning

more users in more countries strengthens the portability of TOEIC scores.

Hunt explained that because the TOEIC testing process is standardized, test

takers of any background and location can be compared fairly by score users.

Specifically, organizations can build a more diverse and qualified workforce by

using TOEIC test scores to make informed decisions around placing, developing

and promoting employees from and within any country or region. In addition,

TOEIC's growing acceptance means that test takers can use their test scores for

career advancement at a wider range of organizations around the world.

The TOEIC tests are the international standard for assessing an individual's

English-language proficiency level for the workforce, measuring how well a

potential employee can apply their English-language skills in a practical

working environment. While organizations use TOEIC scores to build a stronger

workforce, job seekers trust TOEIC scores to differentiate themselves in a

competitive job market. Furthermore, TOEIC assessments measure all four

language skills and provide descriptions of test takers' strengths and

weaknesses that can be used to inform critical hiring, placement, and training

decisions.

For more information about the TOEIC program, please visit

http://www.ets.org/toeic.

About the TOEIC Tests

For more than 30 years the TOEIC test has been the global standard for

measuring workplace English-language communication skills. The TOEIC assessment

family, including the TOEIC Listening and Reading test, the TOEIC Speaking and

Writing tests and the TOEIC Bridge(TM) test are used by nearly 14,000

businesses, organizations, and government agencies in 150 countries. In 2012,

almost seven million TOEIC tests were administered worldwide, solidifying the

TOEIC Program as the largest and most widely used English-language assessment

for the workplace. For more information on the TOEIC tests and other services

provided by the TOEIC Program visit www.ets.org/toeic.

About ETS  

At ETS, we advance quality and equity in education for people worldwide by

creating assessments based on rigorous research. ETS serves individuals,

educational institutions and government agencies by providing customized

solutions for teacher certification, English language learning, and elementary,

secondary and post-secondary education, as well as conducting education

research, analysis and policy studies. Founded as a nonprofit in 1947, ETS

develops, administers and scores more than 50 million tests annually ―

including the TOEFL(R) and TOEIC(R) tests, the GRE(R) tests and The Praxis

Series(TM) assessments ― in more than 180 countries, at over 9,000 locations

worldwide. www.ets.org             

SOURCE:  Educational Testing Service

CONTACT: Jason Baran, +1-609-683-2428, mediacontacts@ets.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中