クラウド型翻訳管理システム「WorldJumper」を運営する八楽 VC等から1億800万円の資金調達を実施

八楽

2013/5/24 13:00

クラウド型翻訳管理システム「WorldJumper」を開発・運営する八楽株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂西 優)は5月24日、ニッセイ・キャピタル株式会社ならびに日本ベンチャーキャピタル株式会社など3社と個人投資家を割当先とする第三者割当増資を実施し、1億800万円を調達しました。

2013年5月24日

八楽株式会社

クラウド型翻訳管理システム「WorldJumper」を運営する八楽

ニッセイ・キャピタル、NVCC等から1億800万円の資金調達を実施

 クラウド型翻訳管理システム「WorldJumper(以下、ワールドジャンパー)」を開発・運営する八楽株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂西 優)は5月24日、ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 英二)ならびに日本ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥原 主一)など3社と個人投資家を割当先とする第三者割当増資を実施し、1億800万円を調達しました。

 この度の資金調達により、更なる経営基盤の強化を図り、ワールドジャンパープラットフォームのオープン化を予定しております。

【ワールドジャンパーとは】

「ワールドジャンパー」は、「翻訳メモリ」+「機械翻訳」+「人間翻訳」を組み合わせ、ウェブサイトの翻訳を、高い品質で早く安く提供するサービスです。

プロ翻訳者が修正したテキストを自動蓄積・再利用することで、使えば使うほど安くなる仕組みを実現し、通常の企業サイトの場合、翻訳コストは平均で従来の半分程度、導入は最速1日からとなります。

URL: http://www.worldjumper.com

「WorldJumper for EC」(ECサイトの商品情報等の翻訳を前提としたサービス)、「WorldJumper for Portal」(ポータルサイト等クオリティ・スピードともに品質の高さを求められる翻訳を前提としたサービス)など、ウェブサイトの役割に応じたサービスラインナップも展開しています。

【八楽株式会社について】

多言語コミュニケーションツールの開発・運用。独自のウェブ翻訳サービスとして「WorldJumper」を展開しています。

代表取締役 坂西 優(さかにし すぐる)は早稲田大学卒業後、渡米し、2005年ニューヨークにて起業。アメリカ企業向けにクラウド型で日本マーケット進出する支援事業を開始しました。

2008年に帰国後、アメリカでの経験から再び起業意欲を得て、「異文化コミュニケーショ ンを世界中の人と楽しむ」をビジョンとする八楽株式会社を設立しました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中