「ダンス教材DVD ver.2 」配布のお知らせ

カンコー学生服

2013/7/17 09:00

2013年7月17日

尾崎商事株式会社

秋の体育祭、文化祭準備に向け、学校のダンス授業を応援!

「ダンス教材DVD ver.2 」配布のお知らせ

この度「カンコー学生服」の尾崎商事株式会社(本社:岡山市北区駅元町 社長:尾崎 茂)はダンス授業支援活動の一環で無償提供しております、カンコーオリジナル「ダンス教材DVD」の第2弾を制作いたしました。

私たちは「カンコードリームプロジェクト」として、「夢」をテーマにした講演やスポーツイベント、作品募集など、子どもたちの「夢をえがく、はぐくむ、かなえる。」活動を展開しております。

昨年度、学習指導要領の改訂により中学校で必修化されたダンス授業支援として、公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会(以下NSSA)の監修により、オリジナルダンスを制作いたしました。

おかげさまで予想をはるかに上回る方からのお引き立てを賜り、半年間で全国の小中高校を中心に2,314枚のDVDを配布させていただきました。

生徒さん、先生が対象の研修会や、YouTube上でのコンテストの盛り上がりを見ても、初年度の取り組みとして大成功だったと考えています。

そこで今年も、引き続き「ダンス教材DVD」を全国の小中高校向けに無料で配布致します。

今年、配布する「ダンス教則DVD」につきましては、昨年、ジャズナンバーである「聖者の行進」をベースに、当社にてダンスのしやすい曲調にアレンジしたオリジナルダンス曲「ハッピーくるくるツナガルダンス♪ 」を新たにHipHop調にアレンジ。「Happy cool cool , joined dance 」として英語の歌詞もつけ、小中学生のみならず、高校生の皆さんにも幅広く活用いただける楽曲を授業で活用できる音源CDへ収録しました。

学校行事においては、秋の運動会や文化祭をお披露目の場としてダンス授業が活発化します。その準備を学校の先生方が夏休みに行われることもあり、その一助として活用いただけるよう配布してゆきたいと考えております。

また、今年は、公益社団法人 日本ストリートダンススタジオ協会<以下NSSA>(本部:大阪市中央区 代表理事:吉田健一)が主催する文部科学省および一般社団法人全国高等学校PTA連合会後援「踊育(だんいく)教育プロジェクト」教員向けリズムダンス研修会スペシャルパートナーとして協賛。その一環として、NSSAとユニバーサル ミュージック合同会社(本社:東京都港区 CEO兼社長:小池一彦)が制作する「“踊育”教材CD」にも協賛し、上記当社のオリジナルダンス曲を同CDにも収録し、教員向けリズムダンス研修会を通じて支援してまいります。

私たちはこれからも学生服・体操服を通し、業界No.1のリーディングカンパニーとして、

時代に合ったユニフォーム文化のあり方を提唱し、夢や思い出、そして仲間の大切さを伝えてまいります。

・ダンス教材DVD ver.2 概要

  制作:尾崎商事株式会社

  監修:公益社団法人 日本ストリートダンススタジオ協会(NSSA)

  配布方法:尾崎商事株式会社営業担当を通じ全国の学校へ配布

  内容:教則DVD(指導案内付き)

      オリジナル音源CD

      (高校生向けHIP HOP ver 「Happy cool cool , joined dance 」を追加)

      振り付け解説シート

●DVDの中身を少しご覧いただけます!

   カンコーくるくるダンス 踊り方お手本(15秒)

   http://www.youtube.com/watch?v=G_0lzYHMH0U&list=PLZ7la_E3P8hcHAyQ7sawfqkaCja9Yk2ZQ

●学校支援の活動について、紹介しております!

   カンコーダンスウェブ

   http://ozaki.jp/school/study/dance_web.html

■本件に関するお問い合わせ先

 尾崎商事株式会社(8月1日より「菅公学生服株式会社」に社名変更致します)

 お客様相談室

 電話番号:フリーコール 0120-712983

 受付時間: 9:00~17:30 / 土・日・祝日・弊社休業日除く

 通話料無料、携帯電話・PHSからもご利用いただけます

 メールアドレス:info@ozaki.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース