◎アエロメヒコ航空、ボーイング787ドリームライナー初号機をまもなく導入

アエロメヒコ航空

2013/6/14 15:40

◎アエロメヒコ航空、ボーイング787ドリームライナー初号機をまもなく導入

AsiaNet 53382

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

アエロメヒコ航空、ボーイング787ドリームライナー初号機をまもなく導入   

・アエロメヒコ航空は初号機を今年8月前半に受領予定。

・今年10月より、アエロメヒコ航空はメキシコシティ、ニューヨーク、パリ、東京路線導入開始。

・今年後半に続けて2号機及び3号機を受領予定。

メキシコシティ、2013年6月14日/PRニュースワイヤー/- メキシコのグローバルエアラインであるアエロメヒコ航空は、ボーイング787ドリームライナー初号機を8月前半に受領予定である事を発表した。メキシコの航空業界において、この最新鋭の航空機を導入する初の航空会社となる。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO )

このキャリアーは、今年10月、ボーイング787-8ドリームライナーで営業運転を開始する。まずこの航空機は、10月1日にメキシコシティ-モンテレイ、メキシコシティ―ティファナ間の運行を開始する予定であり、続いて今年10月2日から13日の間に、メキシコ―ニューヨークシティ間の航路が開始される。

10月14日、アエロメヒコ航空は、メキシコシティ―日本、東京間の初回フライトを運行し、その後は週3回、この新航空機が同航路を運行することになる。

アエロメヒコ航空は、9月に2号機、3号機目のドリームライナーを受領し、このジェット旅客機により、メキシコシティ―パリ間の毎日の運航を開始する。加えて、ニューヨークへの週毎のフライトを実施する。

これら3機は最初のボーイング787ドリームライナーであり、今後数年にわたり統合する予定の19機のドリームライナーの最初の一部として、アエロメヒコ航空が、自身の航空機群に追加する。ドリームライナーは、乗客が利用可能な構造的、技術的進歩に伴い、これまでのフライト体験を変えることになる。

アエロメヒコ航空のボーイング787ドリームライナーの導入は、同社が航空業界においてリーディングエアラインの一員である事を示すもので、これからもアエロメヒコ航空は乗客やパートナーに世界レベルのサービスを提供し続けるよう努めていく。

▽Grupo Aeromexicoについて

Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V.は、メキシコで民間航空事業やマイレージサービス事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。アエロメヒコ航空は主要ハブ空港とするメキシコシティ国際空港の第2ターミナルから毎日600便以上を、メキシコ国内46都市、米国18都市、中南米11都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ1都市を含む3大陸80都市以上へ運航している。

アエロメヒコ航空が保有する航空機はボーイング777、767、737および最新のエンブラエル145、170、175, 190である。2012年には、ボーイングからB737MAXを90機、B787ドリームライナー10機の計100機を購入するというメキシコ航空史上で最も重要な投資戦略を発表した。ドリームライナー1番機は2013年10月に就航する。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟19航空会社が就航する187カ国、1000都市にサービス網を広げ、乗客は世界525カ所の空港プレミアムラウンジを利用できるなどの特典がある。アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々へはきめ細かい接続網がある。http://www.aeromexico.comhttp://www.skyteam.com

問合せ先:Hector Enrique Aburto Perez, 外部コミュニケーション& P.Rコーディネーター/ ヨーロッパ及びアジア, +52(55)9132-4551, haburto@aeromexico.com.mx

ソース アエロメヒコ航空

The First Boeing 787 Dreamliner Is On Its Way

PR53382

MEXICO CITY, June 13, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

                 The First Boeing 787 Dreamliner is on its Way

-- The carrier is scheduled to take delivery of this new aircraft during the

first half of August.

-- Starting in October this year, Aeromexico will begin serving destinations in

Mexico, New York, Paris and Tokyo.

-- The airline will take delivery of two more Boeing 787 Dreamliners later this

year.

    MEXICO CITY, June 14, 2013 /PRNewswire/ -- Aeromexico, Mexico's global

airline, announced that it will take delivery of its first Boeing 787-8

Dreamliner in the first half of August of this year. This will make Aeromexico

the first Mexican carrier to operate the airline industry's most current and

equipped aircraft to serve all of the airline's customers.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130315/MX77534LOGO )

    The carrier will start to serve its commercial operations with the Boeing

787-8 Dreamliner in October this year. The aircraft is scheduled to first serve

the Mexico City-Monterrey and Mexico City-Tijuana routes on October 1st,

followed by the Mexico-New York City route between October 2nd and 13th this

year.

    On October 14th, Aeromexico will fly its inaugural flight between Mexico

City and Tokyo, Japan, after which it will serve that same route with the new

aircraft three times a week.

    Aeromexico will take delivery of its second and third Dreamliners in

September to start serving the Mexico City-Paris route with daily service with

this jet airliner, plus certain weekly flights to New York.

    These are first three Boeing 787 Dreamliners Aeromexico will add to its

fleet as the first of the 19 Dreamliners it will incorporate over the next few

years. This aircraft will change the experience of flying with its structural

and technological advances made available to passengers.

    Aeromexico's incorporation of the Boeing 787-8 Dreamliner to its fleet

represents the carrier's consolidation as the leading airline in Mexico, and

one of the most modern on the continent, thus reiterating its commitment to

provide world-class products for its customers and partners alike.

    About Grupo Aeromexico

    Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V. is a holding company whose subsidiaries

are engaged in commercial aviation in Mexico and the promotion of passenger

loyalty programs. Aeromexico operates more than 600 daily flights out of its

main hub in Terminal 2 at the Mexico City International Airport. The carrier

serves more than 80 cities on three continents including 46 destinations in

Mexico, 18 in the United States, 11 in Latin America, three in Europe, two in

Asia and one in Canada.

    The Group's current fleet includes Boeing 777, 767 and 737 jet airliners

and the latest Embraer 145, 170, 175 and 190 models. In 2012, the carrier

announced the most significant investment strategy in aviation history in

Mexico to buy 100 Boeing aircraft including MAX 737 jet airliners and ten 787-9

Dreamliners. The carrier will take delivery and begin to operate its first

Dreamliner in October 2013.

    As a founding SkyTeam member, Aeromexico offers passengers 1,000

destinations in 187 countries through the 19 SkyTeam airline partners, by which

passengers receive different benefits and enjoy the comfort of 525 airport

lounges worldwide. Aeromexico also offers passengers code share flights with

Alaska Airlines, Avianca, LAN, TACA and TAM with extensive connectivity in

countries like the United States, Brazil, Canada, Chile, Colombia and Peru.

http://www.aeromexico.com  http://www.skyteam.com

    CONTACT:

    Hector Enrique Aburto Perez

    External Communications & P.R Coordinator

    Europe and Asia

    +52(55)9132-4551

    haburto@aeromexico.com.mx

SOURCE  Aeromexico

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中