◎利害を効果的に主張したいなら、プロセスコンペテンスが必要

EUTOPインターナショナル有限会社

2013/7/2 09:30

AsiaNet 53579

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

プレスリリース

リスボン条約がEUロビー活動にパラダイムシフトをもたらす。

利害を効果的に主張したいなら、プロセスコンペテンスが必要

ブリュッセル/ベルリン/ミュンヘン 2013年6月24日リスボン条約により財界と政界の間での効果的コミュニケーションは、その枠組み条件を大きく変えました。EUとその加盟国において、欧州の決断構造は、国際的大企業にとってさえ先の見えないものになりつつあります。その場合、それらの企業にとって実務上不足しているのは、コンテンツに関するコンペテンス、つまり自社案件についての十分な論拠ではありません。求められるようになっていくのは、プロセスに関するコンペテンス、つまり公式・非公式の決定方法や、それに影響力を行使する有効な手段に関する包括的な知識です。

これについてEUTOPインターナショナル有限会社(EUTOP International GmbH)社長、クレメンス・ヨース博士(Dr. Klemens Joos)は次のように発言しています。「利害代表のパラダイムシフトを要求しているのが、リスボン条約です。コンテンツと論拠は必要です。しかし、それが必要十分条件となるのは、適切な場所、適切な時期、適切な相手に対してのコミュニケーションが成立した場合に限られます。そしてそれこそが、手続きの複雑化、ヨーロッパとその構成国において多数の決定レベルが存在することでますます困難になりつつある事柄です。したがって効果的な政治的コミュニケーションを実践しようとするなら、プロセスコンペテンスは、コンテンツに関するコンペテンス以上に重要です。プロセスコンペテンスなくして、政治的に利害を主張しようと思っても成果は期待できません」と。

このことは実務上、リスボン条約がもたらした、欧州の決定プロセスにおける広範な変更の例に見られます。例えば、理事会における決定では、これまで全会一致原則が支配的でした。それに対してリスボン条約では、多くの分野で多数決原則が新たに導入されています。これまで企業は、理事会に所属する自国の代表に自社案件を納得してもらっても、それだけでは自分の利害に反する決定を掌握することはできませんでした。しかしリスボン以後は、多数決原理が適用され、拒否権発動未満の一つ、ないし少数の加盟国の投票は、意味を失います。

同様の影響は、共同決定手続きが正規の立法手続き、したがってEUの正規の法律制定手段へと格上げされたことによってもたらされます。それに関連して、企業にとって重要な、事実上すべてのEU立法措置に欧州議会を強制的に関与させることにより、純粋に一国的な利害代表は、事実上、葬り去られることになっています。このことは、加盟国レベルとは異なり、議会での作業が執行府に合わせて調整されないということでより強化されます。つまり案件ごとに、新たな会派・構成国横断連合が作られるのです。そこには固定した与党(多数会派)も野党(少数会派)もないのです。

クレメンス・ヨース博士は、欧州的プロセスという問題と利害の代表におけるプロセスコンペテンスの重要性を1980年代に認識し、1990年にEUTOPインターナショナル有限会社の創設をもって実践へと移しました。博士は、1997年に刊行された学位論文(『欧州連合の諸機関におけるドイツ企業の利害代表』(ミュンヘン・ルートヴィヒ-マキシミリアン総合大学経営学部))により、EUTOPサービスモデルの学術的基盤を設置しました。この時期は、EU加盟国はまだ15ヶ国で、理事会では全会一致原則がとられており、共同決定手続きが利用されていたのは、少数の法律に過ぎませんでした。2010年に出版された著書『新ヨーロッパにおけるロビー活動 - リスボン条約後の効果的利害代表』では、ヨースは、この点に関して、リスボン条約による広範な改正を考慮して議論を深めています。

ヨースが作ったプロセスコンペテンスに関するテーゼは、しだいに他の著述家にも採用されるようになってきており、最近ではダニエル・グーギャン(Daniel Gueguen)が、その著書『ヨーロッパ・ロビー活動再構成』において「技術的コンペテンス」(適切なコンテンツと論拠についての知識)と「プロセスに関するコンペテンス」(決定および手続きについての知識)との間の違いを認識し、両方のコンペテンスを、利害代表戦略の成否にとって同等の重要性を持つものとして区分しています(手続きの例を根拠として)。

ヨースと、EUTOPのサービスについての着想は、20年以上にわたり、その企業のサクセスストーリーの中で経験的に確認されています。

広報:

ブルーノ・ザイフェルト(Bruno Seifert)

Tel 06133 5090880

Fax 06133 5099098

携帯電話 0171 33 22 434

Treaty of Lisbon Leads to a Paradigmatic Change in EU Lobbying

PR53579

BRUSSELS, BERLIN and MUNICH, July 1, 2013/ PRN=KYODO JBN /--

    - Successful Representation of interests Requires Procedural Competence

    As a result of the Treaty of Lisbon the basic conditions for successful

communication between politics and business have changed decisively - the

structures of European decision-making in the EU and its Member States have now

become increasingly impenetrable even for large international companies. In

practice, the companies do not lack content-related competence, i.e. good

arguments for their own concerns, rather there is an increasing need for

procedural competence, i.e. extensive knowledge of the formal and informal

decision-making process and effective opportunities to participate in it.

    Dr. Klemens Joos, CEO of EUTOP International GmbH, comments as follows on

this subject: "In particular, the Treaty of Lisbon requires a paradigmatic

change for the representation of interests - content and arguments are

necessary, but they must also be communicated to the right recipients at the

right time and place, which is becoming increasingly difficult due to the

increasing complexity of the process and the plethora of European and Member

State decision-making levels. Procedural  competence is therefore at least as

important for effective political communication as contentual competence.

Without procedural  competence there can be no success in political

representation of interests."

    In practice, this can be seen in the example of the far-reaching changes in

the European decision-making process resulting from the Treaty of Lisbon. For

example, up to now for decisions of the European Council the principle of

unanimity has prevailed. The Lisbon Treaty has now introduced the principle of

majority in many areas. Up to now, if a company managed to convince the

representatives of its own Member State in the Council of its cause, no

decisions against its own interests could be made. After the Treaty of Lisbon

this is no longer the case - when the majority principle applies the votes of

one or only a few Member States can achieve little unless they achieve a

blocking minority.

    Upgrading the co-decision process as an ordinary legislative procedure and

therefore a regular legislative instrument of the EU has had similar

consequences - as a result of the related mandatory involvement of the European

Parliament in virtually all legislative measures of the EU which are relevant

for companies, purely national representation of interests is de facto

condemned to failure. This is exacerbated by the fact that the work of the

parliament is not oriented towards the executive, unlike at the Member State

level. For each matter new coalitions have to be forged across different

factions and different  Member States. There are no government and opposition

factions.

    The principle of a European procedural approach and the importance of

procedural  competence in the representation of interests was recognised by Dr.

Klemens Joos at the end of the 1980s and put into practice by him in 1990 with

the formation of EUTOP International GmbH. With his doctorate published in 1997

("Representing  the Interests of German companies with  the Institutions of the

European Union", Faculty of Business Administration at the Ludwig Maximilian

University of Munich) he laid down the scientific basis for the EUTOP service

model- yet at that time  when the EU had only 15 Member States and the

principle of still largely applied in the European Council, the co-decision

procedure only being applied in a small number of legislative acts. In his book

"Lobbying in the New Europe - Successful Representation of Interests After the

Treaty of Lisbon", published in 2010, Dr. Joos further deepened on this

approach, taking into account the far-reaching reforms brought about by the

Treaty of Lisbon.

    The theory developed by Joos on procedural competence is increasingly also

being adopted by other authors, for example Daniel Gueguen, who in his recent

book "Reshaping European Lobbying" differentiates between "technical

components" (knowledge of the key content and arguments) and "procedural

components" (knowledge of the decision-making processes and procedures) and

attributes equal importance both components for the success of an interest

representation strategy (backed up with procedural examples).

    Joos' ideas and therefore EUTOP's service approach are empirically

confirmed  by the company's success story, which now spans a period of more

than twenty years.

    Press contact:    

    Bruno Seifert

    Tel: +49-6133-5090880

    Fax: +49-6133-5099098

    Mob: +49-171-33-22-434

    SOURCE: EUTOP International GmbH

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中