◎Unisense FertiliTechが体外受精の着床結果向上に大規模データ公表へ

Unisense FertiliTech A/S

2013/7/4 14:05

◎Unisense FertiliTechが体外受精の着床結果向上に大規模データ公表へ

AsiaNet 53622

共同JBN 0795 (2013.7.4)

【オーフス(デンマーク)2013年7月4日PRN=共同JBN】体外受精(IVF)に対するタイムラプス(微速度)・テクノロジーの世界リーダーであるデンマークのUnisense FertiliTech社は4日、ロンドンで7月7日から10日まで開かれる欧州生殖医学会(ESHRE)で、着床能力に関連する胚(胎児)発生状況の変化について大規模な分析結果を公表する、と発表した。これらの結果はUnisense FertiliTechの展示場で行われる。

  Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130704/626274

タイムラプス・システムEmbryoScope(商標)を利用する多くのクリニックは、Unisense FertiliTechのデータベースに胚発生と臨床治療成果に関する情報を提供している。このデータベースはその種の最大規模であり、着床と妊娠の成功に関連する胚発生と臨床治療成果に関する詳細な情報を含んでいる。

1万2000個体の移植胚を持つ40のクリニックとの契約に基づき、既知の着床結果による8000個体の胚の詳細な分析が実施された。分析は明白な変化を明らかにし、それはday 2、day 3、day 5の着床についてより優れた胚の選択支援に使われた。さらに、RBMonline誌(Campbell et al, Reprod.Biomed. Online 2013 May; 26(5):477-85)にCARE Fertilityグループから最近報告された染色体の異数性のリスク・アルゴリズムの強度が、大量のデータセットに対してテストされ、そのような結果が確認された。

FertiliTechのデータ分析専門家であるビョルン・モルト・ペテルセン、メッテ・レッジスメッド氏は「この分析は胚発生能力に関連する説得力ある傾向を示しているようだが、同時にクリニックの間の異なる培養条件と医療行為の影響も明らかにしている。これは質の高い良好な胚に対する実際の基準は、利用に先立って個別に評価されるべきであることを意味している」とコメントした。

体外受精(IVO)ラボラトリーで胚の選択を改善する革新的テクノロジーを開発して10年を迎えるUnisense FertiliTechは、タイムラプス・システムのEmbryoScope(商標)を開発、製造した。同システムは2009年に欧州で臨床使用を認められた。このテクノロジーは世界の275余りのクリニックで日常の臨床行為に利用され、約6万の治療サイクルで使われてきた。1万を超える新生児がEmbryoScope(商標)システムを使って誕生している。

Unisense FertiliTecはクリニックがタイムラプス・テクノロジーを全面的に活用してもらうため、体外受精(IVF)の成果を高めるため胚分析ソフトウエアの開発を続けている。最高科学責任者(CSO)のニールス・ビルゲル・ラムシン氏は「われわれは非常に早くから、クリニックが自前の評価モデルを作成することができるソフトウエアツールが必要だと認識していた。そのためにわれわれは、顧客が最善の決定をすることに役立つツールを提供する最前線に立っている」と述べた。

▽Unisense FertiliTech A/Sについて

Unisense FertiliTech A/Sは2003年に創設され、介助生殖におけるヒトの胚評価を向上する技術を開発している。Unisense FertiliTechはタイムラプス・テクノロジーのEmbryoScope(商標)を開発、製造し、胚発生と選択すべき発展的な改良点を包括的に文書化して体外受精(IVF)療法、柔軟な作業ルーティンに供している。同システムはクラスII医療用具としてFDA 510(k)およびCEマークを認可されている。

同社のミッションは最新のテクノロジー、資格認定、デジタル文書化の開発を通じて、子供を育てたいという不妊のカップルの夢を実現するのを支援することである。"The Vision to Conceive"

http://www.fertilitech.com

ソース:Unisense FertiliTech A/S

Unisense FertiliTech to Present Large Scale Time-lapse Data Analysis to Improve IVF Treatment

PR53622

AARHUS, Denmark, July 4, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    Unisense FertiliTech, world leader in time-lapse technology for IVF

announce they will present a large scale analysis of embryo development

variables which are linked to implantation potential at the European Society of

Human Reproduction and Endocrinology (ESHRE) in London July 7th until 10th.  

These results will be presented at the Unisense FertiliTech exhibit.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130704/626274 )

    Many clinics using the EmbryoScope(TM) time-lapse system provide

information about embryo development and clinical treatment outcome to Unisense

FertiliTech´s database. This database is the largest of its kind and contains

detailed information on embryo development characteristics in relation to

implantation and successful pregnancy.  

    Based on an agreement with 40 clinics comprising 12,000 transferred

embryos, a detailed analysis of 8,000 embryos with known implantation outcome

was performed.  The analysis revealed clear variables, which could be used to

help select better embryos for day 2, 3 or 5 transfer. Furthermore, the

strength of the aneuploidy risk algorithm, recently reported by the CARE

Fertility group in the journal RBMonline (Campbell et al, Reprod.Biomed. Online

2013 May; 26(5):477-85.) was tested against a large dataset and it confirmed

the findings.  

    Bjorn Molt Petersen and Mette Laegdsmand, data analysis experts at

FertiliTech, state "Although this analysis appears to show convincing trends

that are linked to embryo development potential, the analysis also reveals the

impact of different culture conditions and practices between clinics. This

means that the actual criteria for good embryo quality needs to be individually

validated prior to use".  

    Unisense FertiliTech who celebrates 10 years in developing innovative

technologies to improve embryo selection in the IVF laboratory has developed

and manufactures the EmbryoScope(TM) time-lapse system.  The system was cleared

for clinical use in Europe in 2009 and is the only time-lapse system which is

FDA cleared for clinical use in the USA.  The technology is used in routine

clinical practice by more than 275 clinics worldwide and has been used in

approximately 60,000 treatment cycles. It is estimated that more than 10,000

babies have been born using the EmbryoScope(TM) system.  

    In order to allow clinics to utilize the full potential of time-lapse

technology, Unisense FertiliTech continues to develop embryo analysis software

to improve outcomes in IVF.   Chief Scientific Officer Niels Birger Ramsing

states "very early on, we recognized the need for software tools which will

allow clinics to customize their own evaluation models in their clinics, that

is why we are at the forefront of delivering such tools to help our customers

make the best decisions".

    About Unisense FertiliTech A/S:

    Unisense FertiliTech A/S was founded in 2003 to develop technology to

improve human embryo assessment in assisted reproduction. Unisense FertiliTech

has developed, and manufactures the EmbryoScope(TM) time- lapse system,

facilitating improved IVF treatment, flexible work routines and effective

communication through comprehensive documentation of embryo development and

evolving improvements in selection. The System is FDA 510(k) cleared and CE

marked as a Class II medical device.

    Our Mission is to help infertile couples achieve their dream of parenthood

through development of novel technology, quantification and digitized

documentation. "The Vision to Conceive"

    Unisense FertiliTech A/S

    http://www.fertilitech.com

    SOURCE: Unisense FertiliTech A/S

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中