◎Wi-SUN AllianceがECHONETコンソーシアムと協力 宅内エネルギー管理

Wi-SUN Alliance

2013/7/9 10:25

◎Wi-SUN AllianceがECHONETコンソーシアムと協力 宅内エネルギー管理

AsiaNet 53637

共同JBN0803 (2013.7.9)

【東京、サンノゼ(米カリフォルニア州)2013年7月8日PRN=共同JBN】Wi-SUN Allianceの会員社がECHONET Lite向けのIPv6ベースのネットワーク・ソリューションを実演-。スマートユーティリティーネットワーク機器の普及、規格コンプライアンス、相互運用性のテストを推進する世界的組織のWi-SUN Allianceは8日、同機器のマルチベンダー、マルチレイヤー相互運用性を促進する重要なマイルストーンを発表した。Wi-SUNの会員社は「ワイアレスジャパン2013」展示会で、「ECHONET Lite(IEEE802.15.4/4e/4g@920MHz-band Wireless)向けのホームネットワーク通信インターフェース」であるJJ-300.10を使用して、相互運用可能な規格に準拠した単独製品の実演を行った。Wi-SUN Alliance ECHONET Working Group(WG)は、Wi-SUN AllianceとECHONETコンソーシアムのTest and Certifcation WGでのコラボレーションを通じて、ECHONET Liteに基づく宅内エネルギー管理システム(HEMS)のWi-SUN相互運用可能な技術プロフィル、テスト、認証プログラム一式を定義する作業に取り掛かっている。会員社は、Wi-SUN Alliance Working Groupが定義したECHONET Lite向けのWi-SUN仕様を実装した。

エネルギー管理で使用するためのシームレスで相互運用可能な無線通信を開発する企業の世界的なエコシステムであるWi-SUN(商標)Allianceと、ホームネットワーク向けの基本的なソフトウエアおよびハードウエアの開発を促進する組織であるECHONET(商標)コンソーシアムは8日、ECHONET規格に基づく製品、中でもWi-SUN Interoperable Certification Programを使用するECHONET Liteアプリケーション向けの認証プログラム開発で協力する了解覚書(MoU)を発表した。

ECHONET規格は世界的に適用される国際通信規格で、さまざまなメーカーによって製造された家庭用電化製品を接続し、新築および既存家屋に設置された送信メディアを容易に利用して多様なサービスを提供する。インターネット・プロトコル(IP)ベースのECHONET Lite規格は、日本の経済産業省が日本スマートハウス標準として承認した。ECHONET Liteは、ホームエネルギー管理システムと接続する電化製品および電子装置のアプリケーション・レベルの通信を定義するとともに、適合するあらゆる通信標準規格の利用を可能にする。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「Wi-SUN AllianceはECHONETコンソーシアムと協力し、スマートホームのエネルギー管理システムのコントロールを、信頼でき、かつスケーラブルでセキュアなものにする通信技術を提供できることをうれしく思う。Wi-SUN AllianceとECHONETコンソーシアムの双方は日本で認証プログラムを確立するだけでなく、世界中にこの国際標準規格を普及させることにコミットする。さらに、Wi-SUNとECHONETの共同提案は、日本の情報通信技術委員会(TTC)が日本標準の宅内エネルギー管理アプリケーション・プロトコルであるECHONET Lite向けの標準通信インターフェースとして採用した。(標準規格番号はJJ-300.10、モードAとC)。プロフィル(モードA)は、さまざまなIPベースの技術上での動作に最適である。今回のコラボレーションによって、Wi-SUNのテスト・認証プログラムを通じて、相互運用可能なECHONET Liteプロトコル・ベース製品の実現を一元化し、加速するための通信技術フォーラムが設立される。このコラボレーションは、スマートグリッドのテスト・認証プログラムのためのSmart Grid Interoperability Panel(SGIP)が推奨するプロセスとベストプラクティスを活用することを目指している。

MoUの結果として、この合意に基づく最初のTTC規格JJ-300.10「Home Network Communication Interface for ECHONET Lite(IEEE802.15.4/4e/4g@920MHz-band Wireless)」が公開された。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「Wi-SUN Allianceは無線スマートユーティリティー・ネットワーク基準の制定活動を始めた組織であり、広範な関係者コミュニティーが携わった長年の労苦が市場での成功に結実することにコミットする。Wi-SUN Allianceは、消費者が使い勝手がよく、通信技術から独立したスマートな製品を入手できることを保証するために、スマートエネルギー製品認証における豊富な経験と専門的知識を今回の新規の独自認証・テストのコンソーシアムに貢献できることをうれしく思う」と語った。

Wi-SUN Allianceボード共同議長でECHONET WGチェアである原田博司氏は「Wi-SUN Allianceは無線スマートユーティリティー・ネットワーク技術を認証、普及させることを担っており、世界中でスマートグリッドの採用を加速することを支援しているその他の有力な産業組織と協力できることを大変うれしく思う。われわれはECHONET Liteが屋内、屋外でのスマートグリッド・サービスを統合するうえで重要なコンポーネントであると確信しており、業界の導入促進を支援するため、われわれの専門的知識を傾注することにコミットする」と語った。

相互運用性のためのECHONETとWi-SUNのコラボレーションには、相互運用可能なスマートグリッドの開発に関心がある通信技術事業者団体の参加を歓迎する。

Wi-SUNの会員社は拡大を続けており、今年になって13の新組織がWi-SUN Allianceに加盟した。

▽Wi-SUN:シームレスな接続の推進

Wi-SUN Allianceはオープンで世界的な規格であるIEEE 802.15.4gに基づき、信頼でき費用対効果のある低電力消費の無線スマートユーティリティー製品を実現するため協力する企業団体である。Wi-SUN Allianceの会員社は、世界のソリューションプロバイダー、OEM各社で構成されている。あらゆる企業が会員になることができる。詳細な情報はhttp://www.wi-sun.orgを参照。

Wi-SUNはWi-SUN Allianceの登録商標である。IEEE 802.15.4はIEEEの商標である。その他の商標はそれぞれ所有者の財産である。

詳細はウェブサイトhttp://www.Wi-SUN.orgを参照。

▽問い合わせ先

Bhupender Virk, MWG Chair: 80-1137-5574, bvirk@wi-sun.org

ソース:Wi-SUN Alliance

Wi-SUN Alliance Promotes Interoperable Home Energy Management Profile Implementations in collaboration with ECHONET Consortium.

PR53637

TOKYO and SAN JOSE, Calif., July 8, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    Members show live demonstrations of IPv6-based network solutions for

ECHONET Lite The Wi-SUN Alliance, a global organization leading the promotion,

standards compliance, and interoperability testing of Smart Utility Network

devices, today announced a major milestone in furthering multi-vendor,

multi-layer interoperability for such devices. At the Wireless Japan 2013

exhibition Wi-SUN member companies demonstrated interoperable independent,

standards-based products using JJ-300.10, "Home Network Communication Interface

for ECHONET Lite (IEEE802.15.4/4e/4g@920MHz-band Wireless)". The Wi-SUN

Alliance ECHONET Working Group (WG) is defining a complete Wi-SUN interoperable

technical profile and test and certification program for home energy management

systems (HEMS) based on ECHONET Lite through collaboration with the Test and

Certification WG in Wi-SUN Alliance and ECHONET consortium. The member

companies implemented the Wi-SUN specification for ECHONET Lite as defined by

the Wi-SUN Alliance Working Group.

    The Wi-SUN(TM) Alliance, a global ecosystem of companies creating seamless q

interoperable wireless communication solutions for use in energy management,

and the ECHONET(TM) Consortium, an organization promoting the development of

basic software and hardware for home networks, today announced a Memorandum of

Understanding (MoU) agreement to collaborate on the development of a

certification program for products based on ECHONET standards, in particular,

the certification of ECHONET Lite applications using the Wi-SUN Interoperable

Certification Program.

    The ECHONET standards are globally applicable, international communication

standards for linking home appliances made by different manufacturers and

providing various services using easily installed transmission media in both

new and existing homes. The Internet Protocol (IP) based ECHONET Lite standard

was endorsed as the Japanese Smart House Standard by the Ministry of Economy,

Trade and Industry (METI). ECHONET Lite defines application level

communications for electric appliances and electronic equipment to connect to a

home energy management system while allowing the use of any appropriate

communication standard.

    "The Wi-SUN Alliance is pleased to collaborate with ECHONET Consortium by

providing a communication technology that is reliable, scalable and secure for

controlling energy management systems in a smart home," said Chairman Phil

Beecher of the Wi-SUN Alliance. "Both the Wi-SUN Alliance and ECHONET

Consortium are not only committed to establishing certification programs in

Japan but also to promoting these international standards around the world."

Moreover, the Wi-SUN and ECHONET joint proposal was selected by the TTC

(Telecommunication Technology Committee) of Japan as a standard communication

interface for Japanese Standard Home Energy Management Application Protocol,

ECHONET Lite. (The standard number is JJ300.10, mode A and C). The profile

(mode A) is suitable for operation on a variety of IP-based technologies. This

collaboration establishes a communications technology-agnostic forum to unify

and accelerate the realization of interoperable ECHONET-Lite protocol based

products through the Wi-SUN test and certification program. The collaboration

intends to utilize the processes and best practices recommended by the Smart

Grid Interoperability Panel (SGIP) for smart grid testing and certification

programs.

    As a result of the MoU, the first TTC standard based on this agreement -

JJ-300.10, "Home Network Communication Interface for ECHONET Lite

(IEEE802.15.4/4e/4g@920MHz-band Wireless)" was published.

    "As the organization that initiated the Wireless Smart Utility Network

standards activity, the Wi-SUN Alliance is committed to ensuring that the years

of work invested by a broad stakeholder community, translate into success in

the marketplace," said Phil Beecher, chairman of the Wi-SUN Alliance. "The

Wi-SUN Alliance is pleased to contribute its considerable experience and

expertise in Smart Energy product certification to this new independent

certification and testing consortium to ensure that consumers get smart

products that are easy to use, independent of communications technology."

    "Wi-SUN Alliance, which is responsible for certifying and promoting

wireless smart utility networks technology, is excited to be working with other

leading industry organizations to help accelerate the adoption of the Smart

Grid throughout the world," said Hiroshi Harada, Wi-SUN Alliance board co-chair

and chair of the ECHONET WG. "We believe ECHONET-Lite is an important component

in the integration of Smart Grid services inside and outside the home and we

are committed to using our expertise to help drive industry adoption."

    The collaboration between ECHONET and Wi-SUN for Interoperability invites

participation from other trade associations in communications technology that

have an interest in developing an interoperable smart grid.

    Wi-SUN membership continues to grow; since the beginning of this year 13

new organizations have joined Wi-SUN Alliance.

    About the Wi-SUN Alliance

    Wi-SUN: Seamless Connectivity

    The Wi-SUN Alliance is an association of companies working together to

enable reliable, cost-effective, low-power, wireless Smart Utility products

based on an open global standard IEEE 802.15.4g. The Wi-SUN Alliance membership

comprises solution providers and original equipment manufacturers worldwide.

Membership is open to all corporations. Additional information can be found at

http://www.wi-sun.org

    Wi-SUN is a registered trademark of the Wi-SUN Alliance. IEEE 802.15.4 is a

trademark of the IEEE. Other trademarks are property of their respective

owners.

    For more information, visit http://www.Wi-SUN.org

    Contact: Bhupender Virk, MWG Chair: +81-80-1137-5574, bvirk@wi-sun.org

    SOURCE: Wi-SUN Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中