◎一正蒲鉾が常州ハイテク区にキノコ類の有機栽培企業を設立

常州国家ハイテク産業開発区

2013/7/29 15:57

◎一正蒲鉾が常州ハイテク区にキノコ類の有機栽培企業を設立

AsiaNet 53816

共同JBN 0882 (2013.7.29)

【常州(中国)2013年7月27日PRN=共同JBN】日本企業、一正蒲鉾株式会社はこのほど、中国江蘇省常州市の常州国家ハイテク産業開発区(CND)内に農業ベンチャー企業、一正農業科技(常州)を設立した。同地方初の外国企業が投資した農業プロジェクトとして、高級レストランやクラブ向けキノコ類の無土壌有機栽培の工場生産に特化している。

一正蒲鉾は本社が新潟市にある日本の上場企業で、海産物加工とキノコ類の栽培に携わっている。同社は6つの工場と栽培技術センター1カ所を持ち、ブランドの「一正」は日本市場での創業家の屋号である。一正蒲鉾の2012年売上高は300億円を超えている。

3600万米ドルを投じたこのベンチャー企業は、年間2000トンの生産量を目標にしたキノコ類の無土壌有機栽培工場生産に集中する。現在の中国経済を背景に、一正蒲鉾が中国市場に十分な信頼を置いていることをうかがわせる。

CNDは優れた投資環境の結果として、多数の外国投資を引きつけている。現在までに同産業開発区は、累積114億米ドル以上の合意済み、登録済み外国資本の誘致に成功している。これらの大手多国籍企業には、米国のTerex、Gates、Ashland、フランスの サンゴバン、 Vallourec & Mannemann Tubes、ドイツの ランクセス 、スイスのメトラー・トレド、オランダのアクゾノーベル、日本のコマツ、デンソー、日本スチール、ブリヂストン、韓国のヒュンダイが含まれている。

▽問い合わせ先

Wang Zhongliang

Publicity Department of Changzhou National Hi-Tech District (Xinbei District),

Jiangsu province

213022

Tel:  +86-519-8512-7305

Fax: +86-519-8511-5905

Email: w_zongliang@sohu.com

ソース:Changzhou National Hi-Tech District

New Japan-invested Venture Specializing in Soilless Culture Organic Fungus and Mushrooms Established in Changzhou National Hi-Tech District

PR53816

CHANGZHOU, China, July 27, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

The Japanese firm Ichimasa Kamaboko recently established an agricultural

venture in Changzhou National Hi-Tech District (CND), Jiangsu province, China.

The venture, Ichimasa Agrotechnology (Changzhou), is local first

foreign-invested agricultural project and will specialize in industrial

production of soilless culture organic fungus and mushrooms to service high-end

restaurants and clubs.

Ichimasa Kamaboko, a Niigata, Japan-based publicly traded company, is mainly

engaged in the processing of aquatic products and cultivation of organic fungus

and mushrooms. The firm has six factories and one cultivation technology center

in Japan and its brand "Ichimasa" is a household name in its home market.

Ichimasa Kamaboko's sales exceeded 30 billion yen in 2012.  

The US$36 million venture will focus on industrial production of soilless

culture organic fungus and mushrooms with an annual production capacity of 2

thousand tons. Given the current economic climate, this venture demonstrates

Ichimasa Kamaboko's strong confidence in the Chinese market.

CND has attracted substantial foreign investment as a result of its superior

investment environment. To date the district has attracted a cumulative total

of more than US$11.4 billion of agreed and registered foreign capital, having

successfully brought in a roster of leading multinational companies including

Terex, Gates and Ashland from the United States, Saint-Gobain and Vallourec &

Mannemann Tubes from France, Lanxess from Germany, Mettler Toledo from

Switzerland, Akzo Nobel from the Netherlands, KOMATSU, Denso, Nippon Steel and

Bridgestone from Japan, and Hyundai from South Korea.

Wang Zhongliang

Publicity Department of Changzhou National Hi-Tech District (Xinbei District),

Jiangsu province

213022

Tel:  +86-519-8512-7305

Fax: +86-519-8511-5905

Email: w_zongliang@sohu.com

SOURCE  Changzhou National Hi-Tech District

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中