◎2013年イン・コスメティックス・アジアは韓国を応援

イン・コスメティックス・アジア

2013/8/29 14:35

AsiaNet 54074

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

2013年イン・コスメティックス・アジアは韓国を応援

2013年10月29‐31日、タイ、バンコク、BITEC

韓国は化粧品イノベーションのアジア拠点であると同時に、世界の化粧品業界のモデルになりつつもあります。BBクリームやCCクリームが国際市場を刺激したことからも言えるように、韓国は優れた化粧品提供国と位置づけられるでしょう。事実、韓国の化粧品・トイレタリー市場は2012年に9.1%もの成長を遂げています。

http://photos.prnewswire.com/prnh/20130828/637387

今年のイン・コスメティックス・アジアは、韓国のサクセス・ストーリーをピックアップします。新たに設けたカントリーフォーカスにおいて、韓国の技術革新やトレンドを追いながら、新製品のデザインや急速な需要増加の背景を探り、世界の化粧品業界へとつなぎます。

特別展示エリアでは、業界コアとしての韓国に焦点を合わせ、ナチュラル原料や機能性原料、ハイテク原料などを展示していきます。そこでは完成製品も展示され、韓国市場の活気ある一面がうかがえることになるでしょう。

展示会フロアは韓国の最新技術を見つける機会であふれる見込みです。韓国からの出展社数は、現時点で前年同期比90%増と、過去最高が見込まれています。多くの韓国出展社を集めたIBITAパビリオンは、韓国サプライヤーから更なる情報を得る場所にもなるでしょう。

マーケティング・トレンド・シアターでは、幾つかのプレゼンテーションを通じて韓国化粧品業界を考察し、より高性能な製品開発や消費者の最大関心事について探っていきます。

インフォメーション&インスピレーションの創業者でイン・コスメティックス・アジアのコンサルタントでもあるフローレンス・ベルナルダン氏は、二つの講演で韓国の化粧品業界を扱います。『いま韓国で何が起こっているのか?』では、韓国がどのようにアジアで力をつけてきたのか、さらに同国がいかにトレンドに対して迅速かつクリエイティブに対応してきたかなどについて考察します。また、『韓国発、次は何か?』では、向こう数年のビューティー・アジェンダとなりうる新たなトレンドについて考察します。ここでは、ナチュラル原料や光沢、テレビメディアの力、男性化粧品などを取り上げます。

さらに、NCRのR&Dセンターを率いるチャン・セオ・パーク氏は『韓国における現在のR&Dと薬草のトレンド』について講演します。この講演では、韓国がいかに中国や日本、香港などの輸出市場を活用し、販売拡大につなげているかについて考察します。また、韓国の伝統的な植物成分と知恵を配合した「Hanbang(ハンバン)」化粧品にも注目し、2009-11年に年複利成長率15.7%を達成した背景を明らかにしていきます。

イン・コスメティックス・アジアの韓国フォーカスについて更なる情報は以下をご覧ください。

www.in-cosmeticsasia.com/korea

イン・コスメティックス・アジアへの入場ご登録はこちらをご覧ください。

www.in-cosmeticsasia.com

Contact: Ivan Rahal, Marketing Manager, Reed Exhibitions, Gateway House, 28 The Quadrant, Richmond, Surrey , TW9 1DN, UK, Email: ivan.rahal@reedexpo.co.uk | Tel: +44(0)208-910-7847

in-cosmetics Asia 2013 Champions South Korea

PR54074

BANGKOK, Aug. 29, 2013/PRN=KYODO JBN/ --

- 29-31 October 2013, BITEC, Bangkok, Thailand

    South Korea is a hub for cosmetic innovation in Asia and is fast becoming a

role model for the global cosmetics industry. Products such as BB and CC

creams, which have spurred innovation worldwide, put South Korea clearly on the

map for cosmetic excellence, and in 2012 its cosmetics and toiletries market

grew by an impressive 9.1 per cent.

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130828/637387 )

     The South Korean success story will take centre stage at this year's

in-cosmetics Asia where it forms the new country focus designed to uncover the

technological breakthroughs and trends driving new product design and fuelling

rapidly growing demand in South Korea and beyond.

    A special feature display immediately highlights South Korea's central

status within the industry and will include a focus on natural, functional and

high-tech ingredients. Also housing finished products, it will offer visitors

an insight into the vibrant South Korean market.  

    The show floor will be brimming with opportunities to discover the latest

innovations coming out of South Korea with more exhibitors from the country

expected than ever before - there is already a 90 per cent increase in South

Korean exhibitors compared to this time last year. The Korea - IBITA pavilion,

where many exhibitors from the region will be housed, also facilitates visitors

interested in learning more from Korean suppliers.

    In the Marketing Trends Theatre, a series of presentations will further

probe the South Korean cosmetics industry to help manufacturers identify how

they can develop products that perform well and address consumers' biggest

concerns.

    Florence Bernardin, Founder, Information & Inspiration and Consultant to

in-cosmetics Asia, puts South Korea into focus during two sessions. In "What's

Happening In Korea?" visitors can expect to gain a deeper understanding on how

Korea has become Asia's dominant force and its ability to react quickly and

creatively to trends. Meanwhile "What's Next From Korea?" digs deeper into

emerging trends that will set the beauty agenda in years to come - this session

explores natural ingredients, glowing beauty, the power of TV and men's

grooming among other things.

    In addition to this, Chang Seo Park, Head of R&D Centre at NCR, presents

"Current R&D and Herbal Medicine Trends in Korea". This informative session

takes a closer look at how Korea is leveraging its export markets - such as

China, Japan and Hong Kong - to increase sales. He will focus in particular on

'Hanbang' cosmetics, which are based on Korean traditional medicinal herbal

recipes and wisdom, and have recorded 15.7 per cent CAGR growth between

2009-2011.

    To find out more about the Korea Focus at in-cosmetics Asia visit

    http://www.in-cosmeticsasia.com/korea

    To register to visit in-cosmetics Asia, go to

http://www.in-cosmeticsasia.com

    Contact:

    Ivan Rahal, Marketing Manager, Reed Exhibitions, Gateway House, 28 The

Quadrant, Richmond, Surrey , TW9 1DN, UK,

    Email: ivan.rahal@reedexpo.co.uk

    Tel: +44(0)208-910-7847

    SOURCE: in-cosmetics Asia

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中