◎ソウルで由緒ある仏教経典に関する国際フォーラム開催へ 

2013 Tripitaka Koreana Festival Organizing Committee

2013/8/30 16:15

◎ソウルで由緒ある仏教経典に関する国際フォーラム開催へ 

AsiaNet 54089

共同JBN 0986 (2013.8.30)

【ソウル2013年8月30日PRN=共同JBN】世界最古の仏教経典籍の一つである高麗(こうらい)八万大蔵経(Tripitaka Koreana)の歴史的価値について討議し、認識を広める国際会議が次週、ソウルで開催される。組織委員会が8月29日、発表した。

(写真:http://www.prnasia.com/sa/2013/08/29/20130829150547596089/html

組織委によると、「フォーラムは9月3日に開催され、同月から始まる『大蔵経世界文化祝典』の前触れ行事となる。ソウル中心部に所在するプラザ・ホテルで米国、日本、韓国の学者、専門家が一堂に会し、750年前から伝わる仏教経典籍の教義と構成について探求する」。

会議は「2013年大蔵経世界文化祝典」の3週間前に開催されるが、同祝典は9月27日から11月10日まで、歴史的な経典籍の制作を祝ってソウルの南東354キロの慶尚南道陝川郡で挙行される。

高麗八万大蔵経は13世紀に制作された8万本以上の版木に彫られた仏教の経典籍である。これまでに発見された仏教典の最も包括的な集合と考えられており、版木が収納されている海印寺はユネスコの世界文化遺産になっている。

会議での講演者には米カリフォルニア大学バークリー校のルイス・ランカスター教授(東アジア研究)、同大学のロバート・バスウェル教授(中国、朝鮮仏教研究)らが名を連ね、組織委によると、両教授のプレゼンテーションに続いてパネルディスカッションが行われる。

組織委は「写真展と体験・参加イベントが祝典の関連行事として行われる」と述べた。

「大蔵経世界文化祝典」はこの仏教典の編さん1000年記念を祝って2011年に初めて開催された。組織委によると、45日の期間中に約220万人の観光客が訪れた。

組織委は「今年のフェスティバルでは展覧会や体験・参加イベントの催しを拡充する」と語った。5つの展覧会会場はそれぞれ異なるテーマで構成され、大蔵経にまつわる歴史的、文化的、さらには娯楽的なプログラムを提供すると説明している。

慶尚南道の洪準杓知事は「『大蔵経世界文化祝典』は伝統文化のコンテンツと21世紀の文化アイコン資産として関心を集めている。私たちはこのフェスティバルを人類の調和的な出会いと英知と和合による連帯を推進するという目的で準備し、組織していくつもりだ」と語った。

▽メディア問い合わせ先

Paeng Sunhwa

+82-55-211-6274

psh0401@korea.kr

ソース:2013 Tripitaka Koreana Festival Organizing Committee

Int'l Forum on Ancient Buddhist Texts Due in Seoul

AsiaNet 54089

SEOUL, South Korea, Aug. 30, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

An international conference will be held next week in Seoul to discuss and

promote the historic value of the Tripitaka Koreana, one of the world's oldest

Buddhist scriptures, organizers said Thursday.

(Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/08/29/20130829150547596089.html )

"The forum, scheduled for Tuesday and organized as a preliminary event for a

global Tripitaka festival kicking off next month, will bring together scholars

and experts from the United States, Japan and South Korea at Plaza Hotel in

central Seoul to explore the messages and structures of the 750-year-old

Buddhist canon," said the organizers.

It comes three weeks ahead of the 2013 Tripitaka Koreana Festival, which will

be held in Hapcheon, South Gyeongsang Province, 354 kilometers southeast of

Seoul, from Sept. 27 through Nov. 10 to celebrate the creation of the historic

scriptures.

The Tripitaka Koreana is a collection of Buddhist teachings and laws carved on

more than 80,000 wooden printing blocks, created in the 13th century. It is

considered as the most comprehensive set of Buddhist scriptures found to date,

and the Haein Temple, where the texts are kept, is a UNESCO World Heritage site.

Speakers at the conference include Lewis Lancaster, an East Asian Studies

professor at UC Berkeley, and Robert Buswell, a Korean and Chinese Buddhist

Studies professor at UCLA, whose presentations will be followed by a panel

discussion, according to the organizers.

"A photo exhibition and an interactive session will also take place on the

sidelines of the festival," they said.

The Tripitaka Koreana Festival was first held in 2011 to celebrate the

millennial anniversary of the canon's creation. Around 2.2 million tourists

visited the event during the 45-day run, according to the organizers.

"This year's festival will offer a wider range of exhibitions and interactive

sessions, the organizers said. Five exhibition halls, each with a different

theme, will feature historic, cultural and entertainment programs on various

topics related to the Tripitaka," added the organizers.

"The Tripitaka Koreana Festival garnered attention as traditional cultural

content and an iconic asset in the 21st century," South Gyeongsang Province

Governor Hong Joon-pyo said. "We plan to prepare and organize the festival with

an aim to promote a harmonious encounter and solidarity of mankind through

wisdom and harmony."

Media Contact

Paeng Sunhwa

Tel: +82-55-211-6274

Email: psh0401@korea.kr

SOURCE  2013 Tripitaka Koreana Festival Organizing Committee

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中