◎4人オランダ人が歯車使わない革新的変速機を発明

Parts Services Holland Ltd

2013/9/5 11:47

◎4人オランダ人が歯車使わない革新的変速機を発明

AsiaNet 54142
共同JBN 1005 (2013.9.5)

◎4人オランダ人が歯車使わない革新的変速機を発明

【ベスト(オランダ)2013年9月4日PRN=共同JBN】
 *制御回転システムは自動車・バイク産業を変えることができる。

4人のオランダ人が歯車を一切使わない変速機(トランスミッション)を発明、開発して、特許を取得した。彼らの革新的な制御回転システム(CRS)は従来のトランスミッションと比較して、単純な設計であり、メンテナンスが不要で潤滑油を必要とせず、ギア間の摩擦がないので燃料消費を節減する。

 (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130905/638108

オランダ・アイントホーフェン地方出身の発明家たちは、この新しい変速機が世界的規模で自動車産業を変革すると予測している。同システムは歯車を使う代わりに、強力なベルトで駆動する2つのディスクを使用する。デジタル操作の油圧ポンプと、いわゆるスライドユニットの助けを借りて、ディスクの直径が増減することで加速と減速が起こり、デファレンシャルギアとなる。

新しい変速機は自動車に適応するだけでなく、水車、船舶、モーターバイク、あるいはあらゆる種類の機械装置にも適している。4人の設計者は「このイノベーションはグリーンエコノミーに完全に適合する。それはこれまで以上に組み立てが簡単で、コンパクトかつ安価である。それはエネルギー消費を節約し、より一層ギアの能力を生み出し、あらゆる種類のアプリケーションに利用できる。この技術は19世紀にさかのぼるこれまでの伝統的な変速機と比較すると完全に別なものである。だからわれわれはそれを革命的と呼ぶことができる」と語った。彼らはそのシステムが既存の無段変速機(CVT)と比べることはできないと語っている。彼らはそのアイデアをさらに発展させるため、Parts Services Holland Ltd.社を創設した。

システムは当初自転車向けに開発された。4人はサイクリストのアンディ・シュレク選手がツール・ド・フランス自転車競技の決定的瞬間でギアシフトの際にチェーンを失ったことを目撃してアイデアを得た。「そこでわれわれは考えた。歯車に終止符と打つべきだと・・・」。自転車向けのシステムはデュアルスライドギアと呼ばれる。2つのディスクは通常のギアに使われるすべての歯車と取って代わる。

彼らはバイク試作車を開発した後、このシステムを自動車に応用した。自動車産業向けの試作車は30 ×22 × 18センチメートルの大きさだった。それは電気自動車に使われると最も有効である。なぜならば、電気駆動エンジンは一定の回転数(rpm)で走行することができるからだ。個々のトランスミッションにそれぞれのホイールを接続することによって、大きなエネルギーが節減できる。

さらに詳しい情報はhttp://www.partsservicesholland.comを参照。

ソース:Parts Services Holland Ltd


Dutch Invent Gearbox Without Gear

PR54142

BEST, The Netherlands, Sept. 5/PRN=KYODO JBN/ --

    
    - Controlled Rotation System can change automotive and bike industry

    Four Dutchmen invented, developed and patented a gearbox without any gear
wheels. Compared to traditional transmissions their revolutionary Controlled
Rotation System (CRS) has a simple design, is maintenance free, doesn't require
lubricants and saves fuel because it lacks friction between the gears.
Therefore it's a sustainable technology.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130905/638108 )

    The inventors from the Eindhoven region expect the new transmission to
change the automotive industry on a worldwide scale. The system has no gear
wheels, but uses two discs which are powered by a strong belt. With the help of
a digital operated hydraulic oil pump and so called slide units the diameter of
the discs is increased and decreased, causing acceleration and deceleration,
thus providing a different gear.

    The new transmission can be applied in cars, but also in windmills, ships,
motorbikes or all kinds of machines. "This innovation fits perfectly in a green
economy. It's easier, more compact and cheaper to assemble than traditional
transmissions. It saves energy, offers more gear possibilities and can be used
in all kinds of applications. The technique is completely different compared to
the traditional gearbox which dates from the 19th century. That's why you can
call it revolutionary," the designers say. They state that their system can't
be compared with existing CVT systems. To further develop their ideas and
techniques they have founded Parts Services Holland Ltd.

    Originally the system was developed for bicycles. The four got the idea
when they saw how cyclist Andy Schleck lost his bicycle chain during the
crucial moment of the Tour de France while he was shifting gear. "Then we
thought: we should put an end to gear wheels." For bicycles the system is
called Dual Slide Gear. The two discs replace all the gear wheels normally used
for the gears.

    After developing a prototype for bikes they modified the system for cars.
The first prototype for the automotive industry measures 30 x 22 x 18
centimetres. It's most effective when used in electric cars because the
electric engine can run in a constant rpm. By linking each wheel to a separate
transmission a lot of energy can be saved.

    More information: http://www.partsservicesholland.com

    SOURCE: Parts Services Holland Ltd


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中