◎米国際貿易裁判所がUKCG社の小口径グラファイト電極にダンピング裁定

Barnes, Richardson & Colburn

2013/9/9 12:35

◎米国際貿易裁判所がUKCG社の小口径グラファイト電極にダンピング裁定

AsiaNet 54180

共同JBN 1021 (2013.9.9)

【ワシントン2013年9月7日PRN=共同JBN】米連邦国際貿易裁判所(U.S. Court of International Trade)は8月30日、U.K. Carbon & Graphite, Ltd.(UKCG)が中国製ロッドを使って英国で製造された小口径グラファイト電極が、米ダンピング防止法の対象とすれば中国製品であるとの(米商務省)見解を支持した。これは同電極が英国で製造されたとする英国での判断に反している。この訴訟は直径16インチ以上の電極を含んではいない。訴えは英国(およびEU)の法律と、同法が米国でどのように解釈されるかの間の紛争に起因する。UKCGはロッドがこの訴訟対象から除外されており、米商務省はUKCGが実際のコストを使うことを拒否して「代わりとなる」コストを使用していることを含めて、英国で付加される価格計算にさまざまな誤りを犯したと主張した。

米連邦国際貿易裁判所は遺憾ではあるが、商務省が決定に関して幅広い裁量権を持ち、裁判所は同機関決定の詳細に立ち入ることはできないとの判断を示した。その結果として、小口径グラファイト電極は、米国およびその他諸国でマーキングされる生産国を対象とすれば英国製品(もしくは英国、米国に由来する決定の侵害)であると断言されなくてはならないが、同時に米国におけるダンピング訴訟を対象にすれば中国製とも断定されるべきものである。

訴訟の結果はUKCGは何らの追加課税あるいは課徴金を支払う結果にはならないが、UKCGはそのような製品を米国に輸入するようなことがあれば、米国のダンピング法違反命令を受けうる特定の製品との申告をしなければならい結果となる。UKCGはこの法律上の紛争が異なる形で解決されるべきだったと考えているが、米国政府がその他製品(直径16インチ以上の製品がすべてと非中国製ロッドで製造される製品すべてを含めて)はダンピング法違反命令の対象外であることを明言していることから、ビジネスモデルによるUKCGの成功に影響を及ぼすことはない。UKCGは従って、これまでと同様のサービスと質を持ってこれまで通りに顧客へのサービス提供を続けることになる。

▽問い合わせ先

Jeffrey S. Neeley

Barnes, Richardson & Colburn in Washington, D.C.

+1-202-772-5585

jneeley@barnesrichardson.com

ソース:Barnes, Richardson & Colburn

UKCG Says U.S. Court of International Trade Finding In Antidumping Circumvention Case Conflicts With EU Rulings On Product Origin

PR54180

WASHINGTON, Sept. 7, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    On August 30, 2013, the U.S. Court of International Trade held that small

diameter graphite electrodes manufactured by U.K. Carbon & Graphite, Ltd.

("UKCG") in the UK from Chinese rod are products of China for purposes of US

antidumping law. This is contrary to rulings by UK authorities, which found

them to be of UK origin. This case did not involve electrodes over 16 inches in

diameter. The appeal was due to a conflict between the law in the UK (and the

EU) and how the law is being interpreted in the United States. UKCG had argued

that rods had been excluded from the case, and that the U.S Commerce Department

had made various errors in calculating the value added in the U.K., including

refusing to use actual costs of UKCG but rather using "surrogate" costs.

    Unfortunately, the U.S. Court of International Trade ruled that the

Commerce Department has broad discretion to make its decision and that the

Court would not go into the details of the agency decision. As a result, the

small diameter graphite electrodes must be declared to be products of the UK

for the purpose of country of origin marking in the United States and in other

countries (or be in violation of UK and US origin rulings), but also must be

declared as Chinese for the purpose of the U.S. dumping case.

    The case will not result in UKCG having to pay any additional duties or

penalties but will result in UKCG having to declare certain products as subject

to the U.S. dumping order if it were to import such products into the U.S.

While UKCG believes that this conflict in laws should have been resolved

differently, UKCG's success with its business model will not be affected

because the United States government has made clear that other products

(including any over 16 inches in diameter and any produced from non-Chinese

rods) are not subject to the dumping order. Thus, UKCG will continue to serve

its customers as it has in the past with the same reliable service and quality.

    CONTACT: Jeffrey S. Neeley

             Barnes, Richardson & Colburn in Washington, D.C.

             +1-202-772-5585

             jneeley@barnesrichardson.com  

     SOURCE: Barnes, Richardson & Colburn

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中