研究開発型の製薬業界、ミレニアム開発目標と新しい開発目標設定に向け、公共・民間部門の連携を要請

International Federation of Pharmaceutical Manufacturers & Associations

2013/9/24 18:00

AsiaNet 54351

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

研究開発型の製薬業界、ミレニアム開発目標(MDG)更なる目標達成と新しい開発目標設定に向け、公共・民間部門の連携を要請

・MDG発表以来、公共・民間部門、市民社会の様々なステークホルダーからなる組織的な活動から多くの成功例が生まれている。

・製薬企業は、医療システムの強化と人々の健康増進のために低・中所得国において220以上ものパートナーシップに従事している。

・これまでの研究開発型の製薬業界が行ってきた健康増進に対する貢献により、2015年以降の開発計画においても、当業界はそのパートナーとしてユニークな役割を担えると証明されている。

2013年9月24日、ニューヨーク - 今週、国連ミレニアム開発目標(MDG)の達成状況の評価と、2015年以降の世界の発展のための新たな計画立案を行うため各国首脳がニューヨークに集まります。その会議の場で研究開発型製薬業界のリーダーたちは、すべてのステークホルダーを関与させる継続的な対話と建設的なコミットメントを呼びかけます。

様々な病気の予防や治療、医療システムのインフラの向上、トレーニング、医薬品研究開発、医薬品・ワクチンの寄付などを行う220以上の国際パートナーシップを通して、当業界は、保健分野のMDG推進に重要な役割を果たしています。本日IFPMAが発表した新しい出版物では、市民社会、民間企業、そして政府と連携し、革新的なパートナーシップと責任所在を明確にする枠組みを作ることで、より公正で包括的かつ持続可能な開発を推進できることを示しています。

IFPMA理事長のEduardo Pisaniは、「国連では『責任あるビジネスと市民社会の関与』を呼びかけ、『かつてないほどの努力の蓄積の必要性』を認識しています。この行動を求める声に、研究開発型の製薬業界は力強く共鳴しており、今後更に拡大する医療アクセスと、未対応の医療ニーズに対応することは、まさに我々の日常業務の中核をなしているといえます 」と述べています。

世界は現在の保健分野MDGにおける未達成の課題を注視する一方、今後15年間では、 糖尿病、がん、呼吸・心臓疾患などが世界の医療システムにとって、ますます大きな課題となりつつあります。これらの「非伝染性」疾患を原因とする死亡率の80%は低・中所得国で発生しており、これらの疾患予防・治療するためのコスト効率の高い方法を発見することが緊急の課題となっています。

Eduardo Pisaniは、「地球規模の保健目標に対する民間企業の影響を最大限に発揮するには、次の開発目標設定において、プロアクティブに、部門を問わず関与していくことが我々には必要です」と述べています。「元来のMDGには、民間企業がどのように貢献できるかについての明確な計画がありませんでした。製薬企業の重要性は高まっており、どの企業も独自の貢献が必須であることを認識しています。しかし最も解決が困難な医療の課題に対処するには、システム全体での変化を起こすことが必要であり、政府、市民社会、業界、どのセクターも、これを単独では推進できません。

関連資料:

OpEd: Meeting global development goals requires more cross-sector partnerships(http://www.ifpma.org/、Eduardo Pisani, IFPMA Director General and Aron Cramer, CEO, Business for Social Responsibility (BSR)

IFPMA 出版物: Sustainable Health and Multi-stakeholder Action - Lessons Learned from the MDGs) (http://www.ifpma.org/resources/publications.html

PR54351

Research-based Pharmaceutical Industry Calls for Public-Private Sector Engagement to Accelerate Progress Towards the Millennium Development Goals (MDGs) and in Planning New Development Agenda

NEW YORK, Sept. 24, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

   - Since the MDGs' launch, many notable health successes resulted from

     coordinated actions by many contributors from public and private sectors

     and civil society.

   - Pharmaceutical companies lead over 220 partnerships to strengthen health

     systems and improve peoples' health in low- and middle-income countries.

   - Research-based pharmaceutical industry's contributions to improving

     health demonstrate its unique role as partner in post-2015 development

     agenda.

   As governments gather in New York this week to review the world's efforts

for the achievement of the United Nations Millennium Development Goals (MDGs)

and chart the new pathway for global development beyond 2015, leaders of the

research-based pharmaceutical industry call for continued dialogue and

constructive engagement involving all stakeholders.

   With more than 220 global partnerships addressing a wide range of diseases

and focusing on prevention, improvements in health system infrastructures,

training, pharmaceutical R&D, and medicine and vaccine donations, the industry

plays an important role in advancing progress toward the health-related MDGs. A

new publication launched today by IFPMA shows that transformative partnerships

and accountability frameworks between civil society, the private sector, and

governments can promote more equitable, inclusive and sustainable development.

   Eduardo Pisani, IFPMA Director General, says, "The United Nations calls for

the 'engagement of responsible business and civil society' and recognizes the

'need to pool efforts as never before.'[1] This call for action resonates

strongly with the research-based pharmaceutical industry - where expanding

access to healthcare and meeting unmet medical needs are at the very core of

our daily operations."

   While the world should not lose sight of the unfinished business in the

current health-related MDGs, emerging issues such as diabetes, cancer,

respiratory and cardiovascular diseases, will increasingly challenge health

systems worldwide in the next fifteen years. Eighty (80) percent of deaths due

to these 'non-communicable' diseases occur in low- and middle-income countries

and will inevitably increase pressure to find cost-effective interventions to

prevent or treat diseases.

   "To maximize the impact of private sector action on global health goals, we

need proactive, cross-sector engagement in framing the next set of development

goals," says Eduardo Pisani. "The original MDGs were conceived without a clear

map as to how the private sector could contribute. Pharmaceutical companies

came to the fore anyway-recognizing the criticality of their unique

contributions. But we know that there is no sector-not government, not civil

society, not industry-that can alone drive the system-wide change that is

required to address the most intractable health challenges."

   Related materials:

   OpEd: Meeting global development goals requires more cross-sector

partnerships, [http://www.ifpma.org/ ] by Eduardo Pisani, IFPMA Director General

and Aron Cramer, CEO, Business for Social Responsibility (BSR)

  1. United Nations, A life of dignity for all: accelerating progress towards

the Millennium Development Goals and advancing the United Nations development

agenda beyond 2015, Report of the Secretary-General.

   IFPMA publication: Sustainable Health and Multi-stakeholder Action - Lessons

Learned from the MDGs) [http://www.ifpma.org/resources/publications.html ]

   SOURCE: International Federation of Pharmaceutical Manufacturers &

           Associations

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中