◎サンパワー社、高効率ソーラーパネル69MWを清水建設に供給

サンパワー社

2013/9/30 11:35

AsiaNet 54437

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

<報道資料>

2013年9月30日

サンパワー社、ユーラスエナジーの大規模太陽光発電所向けに

高効率ソーラーパネル69MWを清水建設に供給

国内最大の太陽光発電施設にクリーン・エネルギーを供給

※本プレスリリースは、9月30日に米国・サンノゼおよび日本・東京で発表されたプレスリリースの抄訳です。

太陽光技術およびエネルギー・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるサンパワー社(NASDAQ:SPWR)は本日、69MWの高効率「E20/327ソーラーパネル」を清水建設に供給することを発表しました。清水建設は、このソーラーパネルを使用し、青森県・六ヶ所村にユーラスエナジーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する予定です。今回の合意により、サンパワー社は国内最大の太陽光発電施設にクリーン・エネルギーを供給します。

日本を代表する総合建設会社である清水建設は、ユーラスエナジーグループの子会社であるユーラス六ヶ所太陽光が展開するメガソーラー・プロジェクトで設計・調達・建設(EPC)を担当します。発電所は、2015年下期に本稼働を開始する予定です。

ユーラス六ヶ所太陽光の代表取締役である高畠哲氏は、次のように述べています。「サンパワー社のモジュールは確かな効率性と信頼性を備え、さらに業界最高の保証体制が整っており、地域に貢献できるメガソーラーとなることを期待しています。」

サンパワー社の「E20/327ソーラーパネル」には、サンパワー社のMaxeon (R)バックコンタクト方式太陽電池が組み込まれています。この太陽電池は、銅の厚膜をベースとしており、温度変化に起因する亀裂、腐食、圧力に対して極めて高い耐久性を備えています。変換効率20.1%の「E20/327ソーラーパネル」は、同じ面積でより多くの電力を生み出し、少ないパネル数でシステム出力を最大化します。

サンパワー社のソーラーパネルは、出力と製品の両方を対象とする25年間の複合保証の対象製品です。出力の劣化率は業界で最も小さく、25年の保証期間終了時に87%という比類のない出力レベルを実現します。

サンパワー社の社長であるハワード・ウェンガーは、次のように述べています。

「ユーラスが日本で進める2つのメガソーラー・プロジェクトにおいて、サンパワー社が選ばれたことをうれしく思います。日本市場では、住宅用、産業用、メガソーラーのすべての分野において、サンパワー社の高効率太陽光発電関連製品の採用が続いています。

また、サンパワー社は27.4MWの「E20/327ソーラーパネル」を大林組に供給します。大林組はこのソーラーパネルを使用し、ユーラスエナジーグループの子会社が運営するメガソーラーを北海道・豊頃町に建設する予定です。大林組はEPCを担当し、2015年には本稼働を開始する見込みです。

サンパワー社の太陽光発電関連製品は、日本国内では「Maxeon Solar(マキシオン・ソーラー)」というコーポレート・ブランドで提供されます。本リリースに記載されているメガソーラーの最大出力は、特記事項がない限り、直流(DC)ベースのメガワット数の概算値です。

【サンパワー社について】

サンパワー社(ナスダック:SPWR)は、今日の市場において最高効率と信頼性を誇るソーラーパネルの設計、製造、販売を行っています。四半世紀にわたる経験と確かな実績によって、住宅部門、企業部門、政府部門、公益事業部門の顧客から支持を得ており、ソーラーシステムの製品寿命全体にわたり投資利益率を最大化します。アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本社を置き、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アフリカ、アジアにオフィスを構えています。詳細は当社ウェブサイトwww.sunpowercorp.com をご覧ください。

【将来予想に関する記述についての注意事項】

本プレスリリースには、1995年の米国民事証券訴訟改革法に定義される「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」とは、過去の事実について述べない記述のことであり、予測に基づいている可能性があります。本プレスリリース中の「将来予想に関する記述」は、「でしょう」「今後」や「期待」といった単語や表現で示されており、(a)日本市場の反応や、(b)当社の事業拡大といった点に関する記述が「将来予想に関する記述」に該当します。このような「将来予想に関する記述」は、いずれも本プレスリリースの発表時点で当社が入手していた情報に基づくもので、当社が統制できる範囲を超えるさまざまなリスクや不確定要素が含まれています。そのため、実際の結果は「将来予想に関する記述」において予測されていた結果とは大きく異なる場合があります。このようなリスクや不確定要素としては、(i)太陽光発電の使用を推進する法規制改正の影響、ならびに政府によるインセンティブやその他関連する経済的インセンティブの継続状況、(ii)ソーラー産業の季節性やソーラー産業の成長傾向を含めた一般的な景気や経済状況、(iii)当社の2012年12月30日締めの年次報告書(Form 10-K)や2013年6月30日締めの四半期報告書(Form 10-Q)など、当社が米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類に記載されているその他のリスクがあります。このような「将来予想に関する記述」は、本プレスリリース発表日以降の当社の見解を示すものでありません。また、新たな情報や将来の出来事などを踏まえた「将来予想に関する記述」の更新や修正について、当社は一切の義務を負いません。

SUNPOWERおよびMAXEONはサンパワー社の登録商標であり、米国などの国々で登録済みです。その他すべての商標は、各所有者の財産です。

<本件に関するお問い合わせ先>

Helen Kendrick,

SunPower Corp.,

TEL:+1-408-240-5585,

Email: hkendrick@sunpowercorp.com

Sachiko Masuda, Burson-Marsteller Tokyo

TEL: +81-3-3264-6687,

Email: Sachiko.masuda@bm.com

    SunPowerJP.PR@bm.com

SunPower Corporation to Supply Shimizu with 69 Megawatts of its High Efficiency Solar Panels for Eurus Energy Power Plant

PR54437

SAN JOSE, Calif. and TOKYO, Sept. 30, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Company Provides Clean Energy to Japan's Largest Solar Installation

   SunPower Corporation (NASDAQ: SPWR), a leading solar technology and energy

solutions provider, today announced it will supply 69-megawatts (MW) of its

high efficiency E20/327 solar panels to Shimizu Corporation for installation at

the Eurus Energy mega solar power plant project in the village of Rokkasho,

Aomori, Japan. With this agreement, SunPower is providing clean energy to

Japan's largest solar installation.

   Shimizu, a leading architectural, engineering and general contracting firm

in Japan, will act as the engineering, procurement and construction (EPC)

provider for the project which is owned by Eurus Rokkasho Solar Park

Corporation, a subsidiary of Eurus Energy Group. It is scheduled for commercial

operation in the second half of 2015.

   "The proven efficiency and reliability of the modules from SunPower

Corporation, coupled with the industry's best warranty, will enable us to build

a power plant that will benefit the community of Rokkasho," said Eurus Rokkasho

Solar Park Corporation President Satoshi Takahata.

   Integrated into the E20/327 solar panels by SunPower Corporation are its

Maxeon(R) all-back contact solar cells. These cells are built on a solid copper

foundation, making them extremely resistant to cracking, corrosion and stresses

from temperature variation. With an efficiency of 20.1 percent, the E20/327

panels deliver more power in the same amount of space and maximize system

output with fewer panels installed.

   The company's solar panels are backed by the company's straightforward

25-year combined product and power warranty. It offers the industry's lowest

power degradation with more warranted energy, resulting in an unprecedented 87

percent power level at the end of 25 years.

   "We are pleased that Eurus chose SunPower Corporation for two mega solar

power plant projects in Japan," said Howard Wenger, SunPower president,

regions. "The Japanese market continues to respond well to our high efficiency

solar products for all customer segments -- residential, commercial and

utility-scale."

   SunPower Corporation will also supply 27.4 MW of its E20/327 solar panels to

Obayashi Corporation for installation at the mega solar power plant project in

Toyokoro, Hokkaido, Japan, which is also owned by a subsidiary of Eurus Energy

Group. Obayashi will act as EPC and the project is scheduled for commercial

operation in 2015.

   Solar products by SunPower Corporation are branded under the Maxeon Solar

name in Japan. The capacity of mega solar power plants in this release is

described in approximate megawatts on a direct current (dc) basis unless

otherwise noted.

   About SunPower Corporation

   SunPower Corporation (NASDAQ: SPWR) designs, manufactures and delivers the

highest efficiency, highest reliability solar panels and systems available

today. Residential, business, government and utility customers rely on the

company's quarter century of experience and guaranteed performance to provide

maximum return on investment throughout the life of the solar system.

Headquartered in San Jose, Calif., SunPower has offices in North America,

Europe, Australia, Africa and Asia. For more information, visit:

www.sunpowercorp.com.

   Forward-Looking Statements

   This press release contains forward-looking statements within the meaning of

the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking

statements are statements that do not represent historical facts and may be

based on underlying assumptions. The company uses words and phrases such as

"will," "continues," and similar expressions to identify forward-looking

statements in this press release, including forward-looking statements

regarding: (a) Japanese market response; and (b) growing our business in Japan.

Such forward-looking statements are based on information available to the

company as of the date of this release and involve a number of risks and

uncertainties, some beyond the company's control, that could cause actual

results to differ materially from those anticipated by these forward-looking

statements, including risks and uncertainties such as: (i) the impact of

regulatory changes and the continuation of governmental and related economic

incentives promoting the use of solar power; (ii) general business and economic

conditions, including seasonality of the solar industry and growth trends in

the solar industry; and (iii) other risks described in the company's Annual

Report on Form 10-K for the year ended December 30, 2012, the company's

Quarterly Report on Form 10-Q for the quarter ended June 30, 2013, and other

filings with the Securities and Exchange Commission. These forward-looking

statements should not be relied upon as representing the company's views as of

any subsequent date, and the company is under no obligation to, and expressly

disclaims any responsibility to, update or alter its forward-looking

statements, whether as a result of new information, future events or otherwise.

   SUNPOWER and MAXEON are registered trademarks of SunPower Corporation in the

U.S. and other countries. All other trademarks are the property of their

respective owners.

    SOURCE: SunPower Corp.

   CONTACT: Helen Kendrick

            SunPower Corp.

            hkendrick@sunpowercorp.com

            +1-408-240-5585; or

            Sachiko Masuda

            Burson-Marsteller Tokyo

            Sachiko.masuda@bm.com

            +81-3-3264-6687

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中