◎KnCMinerがCrypto-Currency Con 2013で576GH/sビットコイン採掘マシンを展示

KnCMiner AB

2013/10/7 14:55

◎KnCMinerがCrypto-Currency Con 2013で576GH/sビットコイン採掘マシンを展示

AsiaNet 54524

共同JBN 1157 (2013.10.7)

【ストックホルム2013年10月6日PRN=共同JBN】今週初め、世界初の28nmビットコイン(Bitcoin)採掘マシンでしかも半導体に実装された28nm技術としては世界最速と考えられるマシンを製造したことで高い評価を受けたビットコイン採掘業界屈指のベンチャー企業、スウェーデンのKnCMiner AB(http://www.kncminer.com)は今週末の10月5日、米ジョージア州アトランタで開かれたCrypto-Currency Con 2013で同社を代表するASIC製ビットコイン採掘マシン、Jupiterを初めて一般公開した。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130618/621826-a

また当日、話題の講演者として新婚のオースティン、ベッキー・クレイグ夫妻が出席した。2人は新婚生活の最初の90日間を仮想通貨の草分けのビットコインだけで暮らす様子を長編映画級のドキュメンタリーとして制作中である。この映画はすでにNBC、CNNなど新聞、テレビ各社の報道で称賛され、人気になっている。

新婚夫妻と革命的な28nm ASIC採掘マシンが同じ時に同じ会場で顔を合わせるだけでなく、この映画の主要スポンサーのKnCMinerが夫妻にKnC(http://www.kncminer.com)のJupiterビットコイン採掘マシンを提供することもCrypto-Currency Con 2013での見所となる。夫妻はこの自立的なマイニング・マシンを彼らが生活し、ビットコインのプロモーションを行うためのツールに利用する予定で、その後、世界一周の航海に出発し、いくつかの名所に立ち寄るが、その1つはスウェーデン・ストックホルムにあるKnCMinerの本社になる。

モンスター級の576Gh/sの性能を誇るKnCminer社のJupiterは今まで作られたビットコイン採掘マシンの中で最も強力だが、誰でも購入することができる。ビットコインの採掘ネットワークではマシンがより強力なほどより大きなシェアを得ることができ、ビットコンから大きな利益を得ることができるので、KnCの28nm ASICスーパーコンピューターには大きな関心が集まっている。

一般大衆がこのプラグ・アンド・プレイで動くマシンを入手できる事がこのピア・ツー・ピアで機能する通貨が今後も広く普及し、支持され、最終的には伝統的な通貨に対する分散的で安定した代替通貨になることにつながる。Jupiterは現在最小の半導体縮小技術を利用し、家庭などのソケットから取る電力消費は1w/Gh/sで、現在手に入るビットコイン採掘マシンとしては最もエネルギー効率に優れていると考えられている。

KnCMinerは現在、スウェーデン内における同社製のマシンに向けてホスティング施設を提供しているが、これらの施設もカーボン・フットプリントをゼロにするため再生可能エネルギーだけで動いている。ビットコインは進化した通貨であり、金融サービス分野を代表する暗号通貨メーカーであるKnCMinerは今後、数カ月のうちに新たな暗号通貨製品、サービスを開始する予定である。

▽KnCMinerについて

KnCMiner ABは暗号通貨製品、サービスでエクストリーム・パフォーマンスを実証した業界を代表する専門企業である。以前からの発表通り、KnCは2013年9月末までに採掘製品の販売を始めた。ビットコインが特定用途向けICのASICやPCボードで機能したのは初めてである。これは第3者の独立した検査によって確かめられている。今日、KnCMinerは世界で最も急成長をとげるこの業界のなかでも、最も急成長を遂げている企業である。

▽問い合わせ先

press@kncminer.com, or call Johan Rilegard +46-70-824-8030

Media pictures (logos, products, managers, etc):

https://www.dropbox.com/sh/u5dzwgjl5qyn7g0/2k3BehcwVH

ソース:KnCMiner AB

576GH/s Bitcoin Miner Presented by KnCMiner at Crypto-Currency con 2013, in Atlanta

PR54524

STOCKHOLM, October 6, /PRN=KYODO JBN/ --

Sweden's KnCMiner AB, [http://www.kncminer.com ] the stratospheric Bitcoin

mining start-up that gained huge recognition earlier this week for producing

the world's first 28nm Bitcoin miner, and believed to be the world's fastest

28nm concept to silicon ever made, will be debuting the first public outing of

their flagship Bitcoin ASIC Mining machine;  Jupiter, this weekend, 5th

October, at the Crypto-Currency Con 2013 in Atlanta.

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130618/621826-a

Also in attendance and headlining the speakers on Saturday Afternoon will be

Austin and Becky Craig; the newlyweds creating a feature length documentary as

they attempt to live the first 90 days of their married life solely reliant on

the pioneering virtual currency, Bitcoin. Their film has already gained praise

and momentum within a plethora of press and news stations including NBC, and

CNN.

The additional significance in having both the couple and the revolutionary

28nm Bitcoin ASIC miner in the same place, at the same time, is compounded by

the fact the film's main sponsor; KnCMiner, will in fact be presenting the

lucky couple with their very own KnC [http://www.kncminer.com ] Jupiter Bitcoin

Miner at Crypto-Currency Con 2013. They then intend to utilise the autonomous

mining machine as a means to assist their goal of promoting, and surviving upon

Bitcoin, before setting off on an around the world voyage, where amongst other

places of interest they will drop by the new KnCMiner headquarters, located in

Stockholm, Sweden.

The monster 576Gh/s KnCminer Jupiter device, the most powerful Bitcoin miner

ever made, is a machine available for anyone to purchase. Those with the more

powerful devices, have a greater individual share of the mining network and are

inline for superior rewards of Bitcoins, hence the huge interest in KnC's 28nm

ASIC supercomputers.

The fact that public can acquire and operate the plug and play devices ensures

the peer to peer currency remains widely distributed and supported, and leads

to a stable and decentralised traditional currency alternative.

At 1w/Gh/s at the wall, and utilising the smallest semiconductor die shrink

available, Jupiter is also believed to be amongst the most energy efficient

Bitcoin mining devices available.

KnCMiner now offer hosting facilities for their devices located in Sweden and

these facilities are powered solely on renewable energy, ensuring no carbon

footprint exists. This is currency evolved, and KnCMiner, now the leading

cryptocurrency manufacturer within the Financial services industry has yet

further crypto-currency products, and services to launch over the coming months.

ABOUT KnCMiner

KnCMiner AB is the world's leading specialist of proven extreme performance

crypto-currency products, and services. By the end of September 2013, as

promised, KnC started shipping their mining products. The Bitcoin ASICs and PCB

board worked first time. This was verified by third-party independent

inspection. KnCMiner are to date one of the world's fastest growing companies,

in one of the world's fastest growing industries.

CONTACT INFO: press@kncminer.com, or call Johan Rilegard +46-70-824-8030

Media pictures (logos, products, managers, etc):

https://www.dropbox.com/sh/u5dzwgjl5qyn7g0/2k3BehcwVH

Source: KnCMiner AB

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中