◎中国向けのスマートシティー・ソリューションを提供 Smart China社

Smart China (Holdings) Limited

2013/10/17 14:37

◎中国向けのスマートシティー・ソリューションを提供 Smart China社

AsiaNet 54666

共同JBN 1026 (2013.10.17)

【アムステルダム2013年10月17日PRN=共同JBN】今年のヨーロピアン・ユーティリティー・ウィーク(European Utility Week、EUW)は「同じ目的のための協力(Pulling together in one direction)」をテーマに10月15日から17日までアムステルダムRAIコンベンションセンターで開催され、スマート・グリッド、再生可能エネルギー、情報通信技術、スマートシティーなど都市レベルのユーティリティー開発について議論するため世界のビジネスプレーヤーが集まった。中国におけるスマートシティー事業者であるSmart China社のテレンス・ヤップ最高経営責任者(CEO)は中国の最近のスマートシティー開発についてヨーロピアン・ユーティリティー・ウィークのカンファレンスで報告を行っている。

ヤップ氏は「スマートシティーの実践」と題した分科会の聴衆に向け、中国は2番目の都市化革命を行っており、それは大きなビジネスチャンスをもたらすものだと述べた。

ヤップ氏は「第12回5カ年計画の着手および中国住宅都市農村建設部(MHURD)のスマートシティーのパイロットプラン発令によって全国的な戦略計画レベルでスマートシティー開発の重要性が強調されている。現在、汚染、廃棄物、密集、安全など環境に関する懸念が高まっており、政府はスマートシティー・プロジェクトを展開することで都市の持続可能性を促進したいと考えている。2回目の都市化は量から質の重視にシフトし、さらに革新的な技術ソリューションに重点が置かれたものになる」と述べた。

中国は都市化のスピード、規模、複雑さなどの面で世界と違うことを理解することが正しいソリューションを適切な時に提供する点で重要である。

ヤップ氏は「都市が将来でも機能するためには全体的な都市計画のアプローチが絶対に必要である」と述べた。

ヤップ氏によれば、Smart China社は地方政府に対してワンストップ・ショッピング・サービスを提供することを狙いにしている。その中には都市基本計画および複数の技術システムの統合が含まれる。都市基本計画には地域ゾーニングや技術システムのレイアウト・デザインだけでなく産業振興デザインも含むことになり、同社によればそれこそが地方政府の都市化対策のキーソリューションになる。それはまた都市住民が長期間にわたってその都市に住み、働き、楽しむことを確かなものにする都市の粘性を確保することになる。技術システム間の統合は従前のデザインに重ねて行われるが、安全、エネルギー、輸送、自動化という4大技術スキームを含む。

ヤップ氏によれば、同グループは現在中国で2つのスマートシティー・プロジェクトを開始しようとしている。同氏は「Smart China社は包括的なソリューションを提供するために国内、海外のパートナーを巻き込み、コラボレートしたいと考えている。当社が今回参加したのはそのためであり、近代都市の明るい未来のための『同じ目的のための協力』のためである」と語った。

▽Smart China (Holdings) Limitedについて

Smart China(Holdings)Limitedは中国のスマートシティー事業会社で、スマートな低炭素都市を実現するためのトータルソリューションおよび一貫サービスを提供しており、その中には都市基本計画、技術システム・インテグレーション、プロジェクト管理、運用サービスが含まれる。

ソース:Smart China (Holdings) Limited

Smart Cities in Practice from Chinese Perspective: Smart China Introduced Chinese Localization Solution for Smart Cities

PR54666

AMSTERDAM, Oct. 17, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

   Under the theme of "Pulling together in one direction", this year's European

Utility Week (EUW) which runs from Oct 15 to 17 at the Amsterdam RAI continued

to attract business players from all over the world to discuss city-wide

utility developments such as smart grids, renewable energy, ICT and smart

cities. Mr. Terence Yap, CEO of Smart China, a smart city operator in China,

brought to the EUW conference the latest development of smart cities in China.

   Under the programme "Smart Cities in Practice", Mr. Yap from Smart China,

told the audience that China is undergoing a second urbanization revolution

which provides tremendous market opportunities.

   "The coming out of the 12th Five Year Plan and the MHURD's issuance of pilot

smart cities has highlighted the importance of smart city deployment on a

national strategic level," Mr. Yap said. "With the growing concerns relating to

the environment including pollution, waste, congestion and security, the

government is now hoping to promote urban sustainability through the deployment

of smart city projects. The second urbanization is going to shift from quantity

focused to quality focused, with better emphasis on innovative technological

solutions."

   Understanding that China differs from the rest of the world in terms of

urbanization pace, scale and complexity is the key in delivering right

solutions at the right time.

   "A holistic city planning approach is vital to ensure that the city is

future proof," Mr. Yap said.

   According to Mr. Yap, Smart China aims to offer the local government

one-stop shop service in smart city development. This includes urban master

planning and technology systems integration. The urban master planning will

involve not only space zoning and technology system layout designs, but also

industrial development designs, which the company believes to be the key

solution to the government's urbanization challenge. It will also conclude city

stickiness, which aims to ensure that the city residents will want to live,

work and play in the city for the long term. The technology systems

integration, implemented based on the previous designs, will include the four

major technology schemes, including security, energy, transport and automation.

   According to Mr. Yap, the group is now in the process of launching two smart

city projects in China. "To ensure that we provide a comprehensive solution,

Smart China seeks to engage and collaborate with partners, both domestically

and internationally. Which is why that we are here, pulling together in one

direction, for a brighter future for modern cities."  

   About Smart China (Holdings) Limited

   Smart China (Holdings) Limited is a smart city operator in China, offering

total solutions and fully-managed services for smart low-carbon cities,

including urban master planning, technology system integration, project

management, and operational services.

   SOURCE: Smart China (Holdings) Limited

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中