◎スティーブ・ジョブズのベッドルームから出てきたアップル1

AuctionTeamBreker

2013/10/18 16:15

◎スティーブ・ジョブズのベッドルームから出てきたアップル1

AsiaNet 54621

共同JBN 1206 (2013.10.15)

【ケルン(ドイツ)2013年10月15日PRN=共同JBN】

*Auction Team Brekerが11月16日、元箱入り完品Apple 1を公開オークションに

*参照:写真はepa European pressphoto agencyを通じ無料でhttp://ots.de/t4PjIからダウンロード可能

ドイツ、ケルンのAuction Team Brekerは2013年5月、「Apple 1 コンピューター」の価格で新記録という世界的ニュースを生み出した。この1976年に製造されたコンピューターは、あらゆる予想を覆して51万6500ユーロ(67万1400米ドル)で落札された。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131015/644379-a

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131015/644379-b

Auction Team Brekerは11月16日、上とは別の「Apple 1コンピューター」を出品するが、今回はオリジナルの白いボール紙の外箱(元箱)が付属している(予想価格:25万-40万ユーロ/30万-50万米ドル)。このコンピューターはユニット番号46で、Appleの最初の発注者Byte Shopに納入された初回ロット50台の1台である。

この「46番」は現在も稼働する極めて数少ないApple 1の1台(YouTube/AuctionTeamBrekerを参照)で、またオリジナルの外箱付きはこれが唯一知られている例である。スティーブ・ジョブズ氏がまだ両親の家に住んでいたころの寝室の珍しい写真には、このオリジナルの外箱に入った最初の出荷分50台の山が写っている。

インターネット接続すらできない1台のコンピューターに、50万ユーロ(67万米ドル)という価格は信じがたいようだが、「Apple 1」現象は着実に盛り上がっている。Appleコンピューターの初期モデルは、長年にわたり個人の間で譲り渡されてきたが、ごく最近公開のオークションに出品されるようになってきた。

誰もが知るAppleというブランド名、そして最新の製品と同じく最も初期の製品に対するユーザーの愛着心、これが記録的価格を生み出す主な要因のひとつになっている。またApple 1はその当時一番進んだコンピューターというわけではなかったが、現在最大の価値をもつ企業の最初の製品であり、Appleの最も代表的な発明であることはほぼ議論の余地がない。

とはいえ、最初の2つの要因と同様に、第3の要因も重要である。それは「ノスタルジー」だ。収集家は物品を選ぶ時、自分の若い時代を思い起こす。とりわけ変化の激しいコンピューターの場合はそうだ。「Apple 1」は、手に入れられるホームコンピューターのひとつとして紛れもなく歴史的に重要なだけでなく、アメリカンドリームの具体的なシンボルでもある。2人の若い大学生がアイデアを持ち寄り、そして35年後には世界で最も成功した企業になったのだ。

文化的なアイコンに価値を付けるのは易しいことではない。しかし前回の「Apple 1」の世界記録をつくった価格は、現代の代表的な収集品となったものと比較してみることができる。例をあげれば、289万米ドル/223万ユーロで落札された「Auction Comics Magazine」(1938年)、30万2500米ドル/26万8000ユーロの世界一高価格の「バービー人形」(1999年)、218万4000米ドル/168万ユーロの最も高い「ライカカメラ」(1955年)などである。そう見てくると、いまも稼働し、スティーブ・ウォズニアック氏のサインがあり、オリジナルのソフトウエア、オリジナルの外箱がそろった「Apple 1コンピューター」の現在の価値はどれほどになるだろう? 世界の「アップルファン」は、それを知るため11月16日、http://Breker.comにログインしてみる必要がある。

詳細は(http://www.breker.com/Read%20More)を参照。    

▽問い合わせ先:

Uwe H. Breker

+49-2236-38-43-420

Auction@Breker.com

ソース:AuctionTeamBreker

Straight from Steve Jobs' Bedroom: The Most Complete Original Hand-Built "Apple 1 Computer" Worldwide! ...and Other Icons in AuctionTeamBreker's Speci

PR54621

Straight from Steve Jobs' Bedroom: The Most Complete Original Hand-Built "Apple 1 Computer" Worldwide! ...and Other Icons in AuctionTeamBreker's Specialty Auction (Nov. 16, 2013)

COLOGNE, Germany, Oct. 15 /PRN=KYODO JBN/ --

   Cross reference: Picture is available via epa european pressphoto agency and

can be downloaded free of charge at: http://ots.de/t4PjI

   In May 2013 AuctionTeamBreker of Cologne, Germany, made world news by

breaking the record price for an "Apple 1 Computer". The 1976 original unit

surpassed all expectations when it sold for 516.500 Euro (671,400 US$).

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131015/644379-a )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131015/644379-b )

   On the 16th November AuctionTeamBreker will be offering another "Apple 1

Computer", but this time with its original white cardboard box (Estimate:

250.000 - 400.000 Euro/300,000 - 500,000 US$). The unit, numbered "46", comes

from the first batch of 50 computers by Apple's first client, the Byte Shop.

   "No. 46" is one of very few "Apple 1s" still in working order (please see

YouTube/AuctionTeamBreker), as well as the only known example in its original

box! A scarce photograph of the bedroom in Jobs' parental house shows a stack

of identical boxes of the first order of 50 units.

   Although 500.000 Euro/670,000 US$ for a computer that does not even have the

internet may seem staggering, the "Apple 1" phenomenon has had a steady

build-up. Early model "Apple Computers" have been changing hands privately for

many years but have only lately started to appear at public auctions.

   Apple's instant brand recognition and customer loyalty for its newest, as

well as its oldest, products is one of the main factors behind record prices.

Although "Apple 1" was not outstandingly advanced for its time, it was the

first product of today's most valuable company. It is arguably their most

iconic invention.

   There is, however, a third factor as important as the first two: nostalgia.

Collectors tend to identify with the items they remember as youngsters,

especially in an ever-changing field like computing. Not only does the "Apple

1" carry an unmistakable historical importance as one of the first affordable

home computers, it is a tangible symbol of the 'American Dream'; two young

students had an idea... and 35 years later it became the most successful

company in the world.

   Valuing a cultural icon is not an easy task. The latest world record price,

however, can be viewed in the context of other iconic modern-day collectables

such as the first issue of the "Action Comics Magazine", from 1938, which sold

for US$ 2,890,000/2.230.000 Euro, the world's most expensive "Barbie Doll",

1999 for US$ 302,500/268.000 Euro or the costliest "Leica Camera", 1955 for

2,184,000 US$/1.680.000 Euro. - So what is the current value of a working,

Wozniak-signed "Apple I Computer" with its original software and original box?

"Apple" fans across the world will be tuning in to http://www.Breker.com on 16

November to find out. .. [Read more http://www.breker.com/Read%20More/ ]..    

   CONTACT: Uwe H. Breker

            +49-2236-38-43-420

            Auction@Breker.com

    SOURCE: AuctionTeamBreker

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中